ペットのトリミング【シャンプー】2


トリミングと言ったらシャンプーですよね。
そこでシャンプーの方法とポイントを挙げてみます。
大切なペットの為、シャンプーの知識もしっかり塗り付けましょう。
【準備】
・肛門腺を絞る為にお尻を濡らします。
肛門絞りは臭い作業それでシャンプーをする前に行いましょう。
絞り終わったらしっかりと洗い流しましょう。
・シャンプー液を使用する場合、使用するシャンプーの説明書をよく読み、適切な量で薄めます。
犬がどれだけ汚れているかで調整してくださいね。
また薄めないタイプのシャンプーを使う時折ボトルを少し温めておきましょう。
白々しいまま直接犬にかけない様にしてくださいね。
【シャンプー】
・トータルを濡らして地肌までしっかりと濡らしましょう。
この時お湯はお尻から心臓へと、心臓から遠い方からかけて行くのがポイントです。
シャワーヘッドを身体にくっつけて差し上げると良いですよ。
・目やにが固まっている時は、水で少しずつ湿らせてふやかしてからとる様にください。
さほど無理には取らないでくださいね。
・背中、手、足、お尻の順で身体を洗っていきます。
口、鼻、耳にお湯やシャンプーが入らない様に注意しましょう。
汚れをキレイに洗い流す為にも、上から下へ洗って出向く様にしてくださいね。
また毛だけじゃなくて地肌から洗い流してください。
これは人間も同じですよね。
・出来れば2度洗いにした方が、仕上がりに差が出てきますよ。
・シャンプーが身体に残らない様に、シャワーでしっかりとすすぎをください。
・リンスをかけて、落とすとシャンプーの終了です。
この時リンスは用い過ぎない様にください。
ペットのトリミングは自分でも出来ますので、しっかりと手順を覚えて愛情を持ち歩いて行ってあげてくださいね。

犬のトリミングを選ぼう


犬のトリミングに対してどうして考えているでしょうか。
ペットをようやく養うという場合はどういう風にしたら良いのか分からないですよね。
なのでペットのトリミングについてどういう選び方をすれば良いのかちょい挙げてみたいと思います。
【サービス内容】
トリミングと言うのはシャンプーやカットだけをできる所じゃありません。
爪、耳等全体的にケアを通して受け取る事です。
トリミングを通しているお店では、シャンプーとカットという様にコースが分かれていますが、シャンプーコースの場合はカットを除いた全てのケア(耳、爪、肛門絞り等も含まれます)、カットはシャンプーコースにカットが含まれている全体的なケアになります。
お店によってはこれの他に、爪だけとか耳だけとかブラッシングだけとか、各部でお願い出来る所も有りますので、臨機応変に出来るかどうかを選択ポイントとして下さい。
【料金】
料金もお店を選ぶポイントになりますよね。
通常は小型犬→大型犬という感じで料金が高くなっていきます。
シャンプーコースの場合3000円から、カットコースの場合5000円からが同様となっています。
その他オプションを附けるとプラスして料金が割り増しになります。
またカウンセリング、便宜、立地条件等々が嬉しいお店になるとその分料金が割高になっている可能性が有ります。
料金が安いからと選ぶのではなく、トータル的にサービス内容、犬へのアプローチの仕方等を見て判断する様にくださいね。

トリミングの歴史


近年ペットブームですよね。
次いで犬を養う人が増えてきていてトリミングをする人も増えてきています。
そこでトリミングはどう始まったか歴史を書いてみたいと思います。
昔は猟をするたまに犬の毛を動きやすくする為に刈るという習慣が有ったそうです。
それがトリミングの始まりだと言われています。
トリミングでよく知られている犬はプードルという犬種ですよね。
プードルはとても可愛くて甘い感じがしますが、元は狩猟犬として存在して、飼い主が猟で撃ち落とした水鳥を回収するという役割を通じていました。
水鳥という位ですからたたきつける先は水の中ですよね。
その時には泳ぐところプードルのあのフワリの毛は邪魔だから安い方が泳ぎ易いだろうという様に考えられたそうです。
手足や顔っていう泳ぎに邪魔になる部分はカットしてしまい、心臓の様に要は毛を残して続けるという意味合いであのプードルカットが出来あがったそうです。
狩猟をやらずにペットとして養う様になった今では、その犬の個性を表す様な感じでぬいぐるみの様なカットとか色々なカットをする様になったのです。
そこから始まったのがトリミングなのです。
今現在ではペットとして犬も飼われる様になりましたよね。
その為に機能性を重視するより見た目を重視する様なトリミングが主流になってきたのです。
それが今のトリミングで、お店ではカットだけじゃなくてシャンプー、爪や耳、鼻のお手入れ、肛門絞り等トータルケアをする様な感じの意味合いになったのです。