子供手当てと増税は結びついている


子供手当ては、中学生以下のお子さんがあるご家庭全部が取れるお金だが、それ以外のご家庭は貰うことが出来ません。
しかしながら税金は、全てのご家庭が支払うものです。
そうして、子供手当てという政策と、増税という政策は、一見別のものにも見えますが、「税金」という言葉をキーワードとして繋がっていると探ることが出来ます。
子供を育て上げるためのお金は吊り上げるけど、別の部分の税金はもっと繰り返すよ・・・というわけですね。
ですので、政治というのは、本来はトータルして考えなくてはならないものなのです。
目先のお金のバラマキだけに、心を奪われていては、他の部分から更に取られて仕舞うことや、子供手当てで大きくなった子供たちが成人したころに、如何なるツケが周って生じるのか、そういう未来も見通せなくなってしまうのです。
事実、民主党は、現在、増税の方向へ行っています。
増税することがデフレ対策になると言っているのですね。
子供手当てを支給されているご家庭は、例え増税されたとしても、「子供手当てで相当貰っているんだから、仕方がないわね・・・」という感じで、増税にあまり強くは反対しないのではないですか。
そのあたり、上層部からコントロールされているということに気がつきませんでしょうか。
悲惨なのは、子供手当ても支給されていないご家庭です。
つらい家計のかたも多い中、収入がザクザク税金で携帯していかれてしまいます。
ひとつの政策は、くれぐれもそれ単独で成り立っているわけではないということ、今後の参考にして望むと思います。

子供手当ての不正受給

以前、子供手当てのウイークポイントの中けれどもお話いたしましたが、海外において、何十人、何百人と養子縁組しているので、子供手当てが欲しいといった申請がいまやいくつも寄せられているそうです。
これらの養子縁組が、実際不正であるのか、それとも事実であるのか、判断が非常に酷いものとなっています。
海外では、ありとあらゆる証明書類も簡単に偽造適うからです。
ただし、それにしましても、500人もの養子縁組は真実味がありませんよね。
正確には、554人分の申請をしたそうですが・・・年間ですと、8642万4000円にもなるそうです。
このかたは、実際のところ、必要な証明書類は全て揃えていたとのこと。
今後、このようなケースや、不正受給に遭遇するのを控えるため、「母国で50人の孤児と養子縁組を行った外人は、支給要件を満たさない。
」ということで、ホームページに例を掲載したそうです。
これで、かなりの不正は防げるのではないかと思いますが、50人以上ということは、49人なら良いのか・・・ということになりますよね。
結局は常識の範囲内で・・・ということなのでしょうが、49人の申請が実にあったならば、どうしてなさるのでしょう。
これらの不正受給が心配なのは、外人に限ったことではなく、日本人それでも可能な事だからです。
子供手当てが目当てで養子縁組を通じておきながら、結局は、きちんと面倒を見ないという親が増えたからには一大ことになってしまいます。
きちんとした線引きが必要なのではないでしょうか。

給食費はきちんと払いましょう


近年、経済的に困っているわけでもないのに、給食費を払わないご家庭が増加していることはご存じでしょうか。
ニュースなどで搾り取りられることが多いので、ご存じのかたも多いと思います。
払わない理由としては、義務教育だから支払う方がおかしいというものや、マズイ給食にお金を支払う不要、子供の携帯代がかかり超えるから、など、わずか驚くような回答が多々あったそうです。
このようなかたがたは、子供手当てが支給されるようになったら、給食費を正しく払って頂けるのでしょうか。
児童手当は以前からありましたが、でも払っていなかったということは、月額2万6000円支給されるようになっても払わないつもりなのでしょうか。
払わないままのかたが多いと、子供手当ての一部が現もの支給に変わる可能性は高くなると思います。
事実、子供手当てからの天引きを検討するようなことを、鳩山首相もおっしゃっています。
経済的に苦しくて給食費を払っていらっしゃらないご家庭は、正しく市町村教育委員会へ申請されていらっしゃいますか。
結構払うのが大変というご家庭は、本当に免除が受けられますので、とにかく手続きを通して下さい。
これから、支給される子供手当てがあれば、初めてなりそうだというのであれば、頑張って支払いください。
経済的に支払える能力が充分にありながらも払わないというのが、どのような考えからなのか、本当のところはわかりませんが、子供手当ては、子供のために支給されるのですから、できるだけ、それで払うようにお願いしたいと思います。