本当にトイレトレーニングを通じてみよう


本当にトイレトレーニングを行う場合だが、日常生活をしている上で決まったタイミングでトイレにいざなう様に心がける事、それ以外は自発的に子供からおしっこがしたいと言ってくるか待ってみるという事をとことん繰り返していくというやり方が一般的だと思います。
如何なるタイミングでトイレに誘ったら良いかと言うと、「朝起きたらすっといざなう」「幼稚園等どこかに立ち寄る前にいざなう」「どっかから帰ってきたらいざなう」「寝る前にいざなう」というのが基本的タイミングとみて良いと思います。
これを毎日繰り返していると自分から「おしっこシーする」とか言って来るかもしれません。
やはり毎日決まったタイミングでトイレにいざなう事でトイレに行くという事を習慣付けられる様になるのです。
最初はトイレに行くのを嫌がったりするかもしれませんし、行ってもトイレでおしっこをしないで、トイレから出たらしてしまうという失敗もするかもしれません。
そう言う場合はご褒美をあげてみるのもいいでしょう。
ものをあげるというのではなく、たとえばトイレをめぐっておしっこが出来たら「頭をなでて与える」「スキなキャラクターのシールを貼って差し上げる」というのでも結構良いと思いますよ。
子供はそのご褒美を目当てにトイレに行ったらおしっこをきちんとする様になるかもしれません。
どんなにトイレでおしっこは良い事なんだという事を教えて言えるかなのです。
上記のタイミング以外の時は、子供に任せてみましょう。
おしっこを明かすのも仕方が有りません。
その内モジモジとして生じる様になるかもしれません。
そのタイミングで「おしっこ?」と聞いてみましょう。
そうして「はい!」と言ったら閉めたものです。
トイレに連れていっておしっこをさせてあげましょう。
こんな繰り返しがトイレトレーニングなのです。

トイレトレーニングのよくあるトラブル【自分からトイレと言えない】


よく見て取れるトラブルとしてトイレトレーニングを通している最中に起こり得る事は、自分からトイレに行くと言えないというトラブルです。
お母さんが「トイレは?」と聞くと「出向く」と言えるのに、自分からはトイレに行きたくても「行きたい」と言えない子がいるそうなのです。
トイレトレーニングに欠かせない事は、「おしっこが出そう」という間隔と「トイレに行きたい」「おしっこがしたい」という報告が出来る事だと思います。
この報告が出来ない子供が結構多い様なのです。
こう言った場合は、おしっこがしたい時折おしっこがしたいというんだよという事を教えてあげなければいけません。
自分からトイレに行きたいと言える様に克服させる為にはいくつかポイントが有ります。
先ずはお子さんがもじもじしている等トイレに行きたいんだなと感じたら、お母さんがトイレに誘ってあげましょう。
おしっこやウンチがしたいという感覚はあるので、次はトイレに行くんだよという事をここで教えて与えるのです。
次は「教えてね」とお子さんに伝えてあげましょう。
おしっこがしたいのにトイレに行くと言えない場合、そのまま漏らして仕舞うケースも多々あります。
そんなふうになった場合、怒るのではなく「次は『おしっこ~』って教えてね」とお母さんに報ずるという事を教えてあげましょう。
無論、これも出来たり出来なかったりでジリジリするかもしれませんが、やっぱり根気と慣れですのでしばし続けていく様にすると、いつの間にか教えてくれるようになっていると思いますよ。

トイレトレーニングのよく在るトラブル【後戻り】


どうにかトイレトレーニングが出来る様になったっていうのに、気付いたらまた出来なくなっていた。
「なんで?」としてしまいますよね。
トイレトレーニングのトラブルとしてよく在るのは、この様なトイレの後戻りという状態になって仕舞う事の様です。
なぜ後戻りをしてしまうのか、幾らか原因を探ってみましょう。
後戻りをしてしまう原因としては、トイレトレーニングをした時期にも関係が有るようです。
たとえば夏にトイレトレーニングを通していた場合、冬になるとおしっこの間隔が短くなってしまいますよね。
お子さんがその間隔についていけず、失敗する事になってしまうという所に後戻りの原因があるそうです。
再び、先ずおしっこを失敗してしまった場合にお母さんに怒られたとします。
そうするとそれがストレスになってしまうのか、トイレに行きたいとか言えなくなってしまって後戻りをする原因になって仕舞う事が在るそうです。
再び、お母さんが妊娠したり出産したりして、お子さんの面倒をいつもみたいに出来なくなってしまった場合、お子さんはまったく甘えたい時期ですので、構ってもらいたくて後戻りをしてしまう事もあるそうです。
こんな後戻りを克服する為のポイントとしては、「前は出来たのに、何故また出来なくなるのよ!」等とお子さんを怒らない事、後戻りは仕方が無い状況ですとして、ゆったりした気持ちでもっとトイレトレーニングを通して引き上げる事が大切なのです。
そうしてまた出来るようになったら正しく褒めて譲る事、これも大切になりますので、実践して見て下さいね。

トイレトレーニングのよく見て取れるトラブル【『出ない』って弁ずる】


よくあるトイレトレーニングトラブルに、何度聞いても「出ない」って言い張って漏らしてしまうという事が多いというトラブルが有ります。
これは反抗期の子供によく有る事だと思います。
そういう時期に反抗期?というかもしれませんが、この位の時期の子供って何に対しても「嫌!」っていう事が見て取れるのです。
ですから「これ取る?」と聞くと「食べない!」、「おしっこ見つかる?」と聞くと「出ない!」って言ってしまう。
無論おしっこ出たいんだろうなっていう感じが有ったとしてもです。
ですから結局おもらししてしまって、お母さんはイライラして仕舞うし、お子さんも泣いてしまうという様になってしまう。
それではこの「嫌!」っていう事を言わせない様にする為のポイントがありますので、ご紹介してみましょう。
それは子供の「反抗期」を上手に利用するというやり方です。
何に対しても「嫌!」という時期ですから「おしっこは?」って聞いたって「出ない!」っていうにきまっています。
それなら次いで「なら、お母さんが先におしっこしちゃお~」って言ってトイレにかけていってください。
お子さんはそれを見て自分が先にトイレに行くんだという気持ちを起こして、走ってお母さんを追い越してトイレに行く様になるかもしれませんよ。
子供の反抗期の気持ち、子供の何でも自分が先という気持ちを上手に利用して、トイレトレーニングトラブルを上手にくぐり抜けていきましょう。

トイレトレーニングのよく見て取れるトラブル【トイレに行きたがらない】


トイレに行く事を嫌がるという行為はトイレトレーニングの時期にはよくある事だと思います。
なぜ嫌になるのかと言うと、トイレトレーニング中に起こった何かが原因の事が多い様です。
たとえば「トイレが臭い」「トイレが寒い」「トイレの明かりが物悲しい」と言ったトイレの様子に関する事、トイレトレーニングを通している最中に有りがちですが、お母さんがついついイライラしてしまってお子さんを怒って仕舞う事が主な理由として言える様です。
お子さんは感受性豊かな時期にいます。
何か不愉快事が見て取れるとやっぱりそれを拒否する様になってしまう。
トイレを嫌がる様になると続けてトイレトレーニングをするのが難しくなってきますので、ここでこのトラブルを克服する為のポイントを挙げてみたいと思います。
先ずはトイレをお子様のお部屋の様に、お子様のスキなもので飾ってあげましょう。
たとえばアンパンマンがスキならアンパンマンのポスターを貼っておくのも良いと思います。
それほどするだけで「トイレが嫌」から、「トイレは大スキなものが在る場所」と認識して言ってくれるようになるかもしれません。
トイレに行き易い雰囲気を作ってあげましょう。
次はなんとなくトイレトレーニングをお休みして見るって言うのはどうでしょうか。
無理強いすると余計に嫌がってしまいます。
幾らかお休みしてまた再開すると、トイレを嫌がる事なく、嫌だったのを忘れたかの様にスムーズにトイレトレーニングがすすむ事も多いようですよ。