トイレトレーニングに扱うグッズ【トイレトレーナー】


トイレトレーニング用グッズはトイレトレーニングを行う上で必要なものだと思います。
その中けれども最近はトイレトレーナーと呼ばれる便利グッズが見て取れるそうなのです。
トイレトレーニングで今まで使われてきたお馴染みのグッズとしては「おまる」が有りますよね。
おまるはトイレじゃない所に置いて扱うものです。
但し補助便座やトイレトレーナーと言ったグッズはトイレの便器の上に置き、便器の中に落ちない様に穴を小さくして使うというタイプのグッズになっています。
便器の穴が小さくなる事によってお子さんが怖がらなくてすむ様にもなります。
通常、補助便座等は便座の上に乗せるだけになりますから、足が床に届かないというデメリットが有り、落ちないか不安になりますよね。
出来れば踏み台を用意した方が良いかもしれませんが落ちない様に、お子さんのおしっこやウンチが取り止めるまで背中を支えて吊り上げるという事をしてあげると言うのも良いかもしれません。
但し、トイレトレーナーは凄い便利になっていて、おまるの用途、補助便座の用途、再度踏み台まで付いているというタイプのものが見て取れる様で、3段階に分けて多々払えるそうなのです。
トイレトレーニングを終わらせても、お子さんのお尻はちっちゃいですから普通の便座に座らせるのは無理ですよね。
そう言う場合に補助便座として使えるので、トイレトレーナーがあるとお子さんのトイレ事情はトイレトレーニングから始まってなんとも良くなるかもしれませんよ。

ウンチのトイレトレーニングはどうすればいいのか


おしっこのトイレトレーニングが至って出来てくる様になると、やっぱ気になって生じるのがウンチのトイレトレーニングです。
ウンチが断じてトイレで出来ないと考え込むのもこの時期ではないでしょうか。
それでもウンチはおしっこよりむずかしいので出来なくて当たり前なのです。
本当は意外にも貯まったら直ぐにしてしまうおしっこと違って、ウンチがしよ、したくないというコントロールはおしっこよりも早く出来てはいるそうなのです。
その分トイレでは無理にしなくてはならないので、おのずと我慢して仕舞うのかもしれませんね。
先ずはお子さんのウンチのリズムを把握しましょう。
見ているとウンチをするタイミングって掴めてくると思うのです。
ふっとモジモジしてみたり、ジーッどこかで行動が止まってたり、顔を赤くて何かしていたりとその子なりのサインを出してくると思います。
それがウンチのタイミングかどうかを把握する事から始めましょう。
大人だって1日に1回、数回、2日に1回とその人のリズムが有りますよね。
お子さんだって同じです。
先ずはそのリズムによってウンチのタイミングを把握する、そしてトイレに誘ってみてトイレに座らせて見る。
そこから始めていってはいかがでしょうか。
誘っても行きたくないのであれば単にオムツでさせてあげてください。
それでもその行動を毎日タイミング毎に行って下さい。
もうすぐお子さんも、おしっこがトイレならウンチもトイレですると覚えていくと思いますので、じわじわ教えてあげていく様にください。

トイレトレーニングは夜どうすればいいのでしょう


一層昼間や起きているたまにトイレトレーニングってしている事が多いと思うのです。
じゃあ、夜寝ている時はどうしたらいいのかった不安にならないでしょうか。
夜はトイレトレーニングを行わないと覚えておきましょう。
何故ならお子さんの身体がまだ夜のおしっこの状況についていってないからなのです。
お昼のおしっこと夜のおしっこは断じて違います。
夜はまだ膀胱におしっこを貯めてまつわるほど膀胱が成長していない状況にあります。
通常はお昼のトイレトレーニングがちゃんと終了した後で、ゆったり外してあげていくという感じになる様です。
トイレトレーニングが終わったあたりになると、膀胱もだんだん大きくなってきますので、夜のおしっこも貯めていけるようになると思います。
その状況に上るのを気長に待つしかないのです。
大体落ち着くのが5~6歳位だという事ですので、それまではおねしょをするのは当たり前とどんとした気持ちで構えて受け止めてあげましょう。
おねしょをしない様に夜起こしてトイレに行かせると、睡眠のリズムが狂ってしまいますのでそっとしておいて下さい。
また、昼間のトイレトレーニングで失敗していると、時にお母さんが怒って仕舞う事もあるというのです。
それほどするとお子さんのストレスになってしまい、夜におねしょをしてしまう事も二度と増えてしまう。
お子さんには安心して眠ってくれる様に、夜はトレーニングしなくても良いんだよとオムツを付けて挙げる等して、真実味を与えてやる様にください。