トイレトレーニングをするまでの流れ


本格的にトイレトレーニングをする為には、事前に準備を通じておくと大いにスムーズに進めていただけると思いますので、その流れを説明してみたいと思います。
先ずはおしっこを流す事は気持ちが良い事、あっさりする事というイメージをお子さんに携帯して味わう様にください。
たとえばオムツを引き替えるところ「なるほど涼しいねぇ」「人一倍出てスッキリしたねぇ」という言葉を分からなくてもかけて贈ると、それがイメージとして植えつけられると思います。
また、トイレの絵本やビデオを流して見せて挙げる事でトイレでおしっこをするんだというイメージを植え付ける事が出来ます。
次第にトイレでおしっこをするというイメージがついてきたなと思ったら、本もののトイレに慣れさせてあげましょう。
たとえば、お母さんがトイレに行くところ一緒に連れていっておしっこをする様子を見せてやるとか、お丸に触らせて売るとかして慣らして出向く事がいやに重要になります。
そうして「少々ここに座ってみて~」とお丸に座らせて与える事もどうしても効果的となります。
こんな前準備をしつつ、トイレトレーニングのタイミングだなと思ったら本格的にトイレトレーニングを始める様にしていくと、よりスムーズにトイレに対して抵抗感が無くやる事ができると思います。
お子様のトイレに対する嫌疑を解いてあげて慣れさせて吊り上げる事、トイレでおしっこというイメージを付けて見せる事を無意識的をめぐって行く事、これがトイレトレーニングには至って大切なのです。

トイレトレーニングのスタート【夏にスタート】


夏にトイレトレーニングをするのがいい時期だと言われています。
どっちみち始めるなら夏だという人が多い様です。
どうして夏が良いと言われるのでしょうか。
理由を挙げてみたいと思います。
【薄着だから】
夏は薄着ですよね。
トイレに行かせるのに薄着だとズボンも下ろし易いですし、穿かせるのも楽ですから、お子さんにとっても苦じゃなくなるのです。
また、暑いですから下に何も穿いていなくても寒くないし、トイレ自体も寒くないからトイレトレーニングだけに集中させる事が出来るのです。
【頻繁にトイレに行かない】
夏は汗をかく為か、トイレに行く間隔が通常よりは長いというのです。
トイレトレーニングを始めるお子さんも間隔が2~3時間解く様になってくると思います。
冬は汗をかかないのでたちまちトイレに行きたくのぼる様になりがちですよね。
ですから、この感覚がトイレトレーニングには適していますので、夏が良いと言われています。
【直ぐ乾く】
トイレトレーニングで何を使っているかにもよりますが、夏はとりわけ洗濯ものが少なく乾きますよね。
トイレトレーニングでは失敗は付き物です。
たちまちおもらししてしまうかもしれません。
ぱっぱとズボンやパンツが無くなってしまうので、早く乾くという夏はとても有り辛い時期だと思うのです。
そういった理由から、夏はトイレトレーニングを始めるのに適している時期ではないかと思われます。
ぜひトイレトレーニングを快適に試せる様に始めてみてくださいね。

トイレトレーニングでお母さんに必要な心構え2


お母さんがトイレトレーニングをする上で必要だと感じる心構えを挙げてみたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。
【早くすれば良いというものそれでは有りません】
トイレトレーニングを行うには、お子様によってタイミングがあると思います。
ですから短くトレーニングを始めたら良いというものではないのです。
狭いお子様にとってはおしっこやウンチの様な排泄をコントロールする様な身体の準備が整っていません。
個人差はありますが大体自分で賢くコントロールが出来る様になるには3歳前後となるようです。
ですから、そのタイミングによってトイレトレーニングをする必要が有るのです。
では、3歳に自然とオムツが無くなるようになるのかと言うとそう言う訳でも有りません。
おしっこやウンチはトイレでする物だという事を教えてもらって、自分で理解して、それが当たり前だと認識止めるといけないのです。
ですから、トイレトレーニングはお子様によってタイミングが見て取れるという事を覚えておきましょう。
【トイレトレーニングだけを考えない】
トイレトレーニングを初めて上手くいかないと、お母さんの気持ち的にトイレトレーニングがどうしたら上手く行くのかという事しか考えられなくなってしまう場合が有ります。
トイレトレーニングの時期ってお子様にとっては色んな事をしなくてはいけない時期でも有ります。
遊ぶ事も大切だし、お風呂も食事も大切になります。
ですから、トイレトレーニングをする事を習慣付けておいて、毎日の生活の中に上手に取り入れていく事が大切だと思います。