ペットアベニュー


全国の優良ブリーダーによる直販のペットショップサイトが「ペットアベニュー」です。
トイプードルを始めとして多くの犬種を取り扱って販売しています。
インターネットサイトにおいているので、スキな時間に黙々と見ることができます。
全国にある優良ブリーダーが販売しているペットショップの子犬出産情報などもリアルタイムで掲載しています。
日本全国にいる生まれたての素晴らしいトイプードルたちの映像を自宅にいながらにして視ることができるのです。
日本全国で優良なブリーダーに育てられた良い子犬たちを探すことができるペットショップの集合サイトです。
ペットアベニューでは、100店舗以上ものペットショップが出店しています。
ペット情報の横にあるお問い合わせフォームから気になる子について問い合わせをすると、メールか電話で在舎先から連絡があります。
購入するときには事前に次のことをチェックして下さい。
犬や猫の場合は「飼養承諾確認書」や「生体保証申請書」で飼養が可能か自己チェックして下さい。
ワクチン接種や体調について「お届け方針」をチェックします。
保証条件を確認します。
血統書がいつごろ行きつくのか確認します。
受け渡し方法、運送方法、運賃などペット代金以外に必要となる費用確認をします。
ペットアベニューでは、JAPet認定ブリーダーの条件をクリアした優良ブリーダーとのみ契約していますから安心してご利用できます。
実際の犬を窺えることができずに写真のみで判断することに不安を感じる人もいると思います。
但し犬の目利きのプロであるブリーダーが紹介する犬たちなのですから、素人が見分けるよりもその目は確かです。
安心してご利用できると思います。

ペット販売に潜む危険


ペットショップの店頭で販売されているトイプードルやその他のペットたちで出来る障害を指摘します。
不特定多数のブリーダーから速い時点で仕入れてしまって店頭に配しペットを販売している場合、トイプードルやペットたちの一際恐ろしいところである感染症の危険があります。
感染症になっていることを知らないで陳列して販売している場合、健康な子犬にも感染させる危険がありますし、専ら人物に販売して仕舞う危険もあるのです。
またトイプードルの例を見てもわかるように子犬たちの生後12週間くらいまでは社会化期で最も大切な時間なのです。
この間に親兄弟と触れ合って学習させないとしつけがうまくできなくて問題行動のある子になってしまいます。
しかしながら実際には店頭に生後45日未満で陳列されている割合が60%以上もあるそうです。
これは問題のある子を育てて結果かなぐり捨て犬や投げ棄て猫を生んでしまう要因になります。
店頭では細いケージの中に入れられて皆間たちに見られて、運動不足の上にストレスが重なって結果として病弱な子になる確率が高くなってしまうのです。
店頭陳列販売にはこのような障害もあるのです。
ウェブショップもオークションから買い取るなど、おんなじ危険が発生します。
ペットたちの早期引き渡しの禁止をしなければならないのです。
こういった問題があるといことを知った上で購入を検討するようにしてください。
現状起きていることを知らないでペットたちを捜し出すのと、事実を知った上で用心深く見て捜し出すのでは至って違います。

販売業者のチェックポイント


先ほどのようなペット販売の危険に合わないようにするためには、次のことを確認するといいです。
あなたが気にいったトイプードルをどこの店から購入するとして、トイプードルの販売業者が次のようなことには答えられなければ駄目だと思います。
親犬についてちゃんと教えてくれるかどうかを確認します。
子犬についてわかりたければ親の性格や毛色や大きさなどを聞くと参考にすることができます。
子犬の状態では先の姿がわかりづらいので親の情報を聴き充分答えられる販売業者でなくてはいけません。
ワクチン接種状況についてちゃんと答えられるか確認します。
感染症にその子がかかってしまっているか判断するには潜伏期間として10日から14日くらいあります。
この期間をクリアできているのかどうか、ワクチンの接種ができているのかどうかを確認します。
早期販売をしていないか確認します。
親兄弟とやり過ごす社会化期を一概に過ごしたかどうか確認します。
社会化期はとても大切な時期です。
社会化期についてちゃんとその大切さを理解できているブリーダーかどうかです。
一概に理解できていてその子をかわいがってくれているブリーダーならば、生後45日未満で早期販売することはないはずです。
このようなことをチェックして、良質なペットを購入できるように貰う側も注意しましょう。
やっぱりペットについて充分その子のプロフィールを答えられるようなお店からしか購入しないようにしてください。