観葉植物とインテリア

お部屋のインテリアとして観葉植物を、置く人もいっぱいですが、、観葉植物を、お部屋に飾るときには、インテリアに合わせてセンスちゃんと飾りたいものです。

よりセンスのいい部屋を、目指すので有るのなら、部屋のテイストに合わせた鉢カバー選びが、大事なカギと成ります。

鉢カバーの色や素材を、インテリアの雰囲気に合わせると、それだけでガラリと部屋の雰囲気を、変更することが、出来ます。

例えば、ホワイトベースの部屋には、、鉢の色彩を、黒にするだけで部屋全体のホワイト色彩を、引き立たせることが、出来ます。

又、アジアンテイストの部屋には、、茶色の陶器にするだけでバリのリゾートホテルの様な優雅さを、演出することが、出来ます。

又、部屋のインテリアとして鉢カバーを、おもいきって雑貨にしてみるのもアイデアの一つだとおもいます。

木製の引き出しやブリキの缶等は、植物と火急に相性の良い素材です。

飾るときのポイントは、、テイストの似た雑貨を、周辺に置くことです。

そうすると一気に雰囲気が、ちゃんと成ります。

そして松ぼっくりや、落ち葉等シーズン感有る物を、シーズンごとに替えるといつも新鮮な雰囲気でインテリアを、楽しめます。

さらに、観葉植物の高さを、意識してみてちょーだい。

目線に近いスポットに緑が、くるように、大きい大きさの観葉植物は、床置きにして、背の低めの大きさは、棚や台の上等に置きます。

こんな感じにすると、空間の余白の寂しいところが、消えます。

小さな観葉植物をそのまま床に置くと視線が、届きません。

こんな時は、化粧棚や台の上に乗せ、リズミカルに並べていくとセンスちゃんと見えます。

棚の上の一角に、自分だけの大お好きな物のスペースを、作ってちょーだい。