クルマのLED

0 Comments


あなたがしょっちゅう乗っている自動車にはたくさんのライトが付いています。
一般的なクルマであればランプが使用されています。
バッテリーの電気で点灯していますが、明るさを確保するためにたくさんの電気を消費しています。
ライトを置きたままにしておくとバッテリーが空になって仕舞うことは理解されているでしょう。
最近流行りのハイブリッドカーでは電気の消費量をできるだけ燃やすことが課題となります。
そのため、ランプをLEDとしているものがあります。
またランプと違って寿命が長いということも大きなメリットです。
環境のことを考えるなら、交換を少なくすることで不要なゴミを燃やすことが期待できます。
各種点を考えるとLEDの方がお得と言えるのです。
また、半導体を利用することで各種色を生み出すことができます。
ネオンサインという照明も簡単に出来るのです。
クルマ用のLEDは通常のクルマショップで販売されています。
車いじりがスキな人なら、自分で交換することも可能です。
クルマのヘッドライトなどの交換は意外と大変です。
交換せずにすむようにLEDにしたいものです。
ハイブリッドカーであれば、消費電力は直接省エネに関わってきます。
多少なりとも消費電流を燃やすことができれば、効果は表れて来る。
クルマの場合は、夜の運転も日常的です。
ライトの消費電流が10分の1になるのであれば、かなりの省エネになることは明白なのです。
単純な計算でも、5時間でバッテリーが空になるところが、50時間持つことになるからです。

LEDのイルミネーション

クリスマスの時期になると、街のあちらこちらでイルミネーションを見かけます。
昔はほとんどが白熱電球でしたから、触ると少し熱いぐらいでした。
たくさんの電気を消費していたのです。
ただし、最近はほとんどがLEDに代わっています。
LEDはイルミネーションとか、省エネの切り札と考えられています。
街角のたくさんのLEDを付けたイルミネーションはそれ程電気を消費していないのです。
店の看板の電気程度と同等と言われています。
本当に省エネと宣伝効果を両立させたものになっているのです。
LEDは半導体ですから、各種色を生み出すことができます。
電子部品としてはありふれた部品です。
今までは電子機器に使用されてきましたが、最近の省エネの促進によって照明用LEDが大きな需要が出てきたということです。
イルミネーション専用のLEDなどもたくさん出回るようになりました。
屋外に設置しますから、防水でなければなりませんし、配線にも考慮が必要となります。
また、取りつけもプロに頼むことが多いですから、LEDだけでの購入は少ないと言えるでしょう。
もちろん、家庭のクリスマス用イルミネーションなどもありますね。
たいして安価で、おもちゃ屋さんなどで販売されています。
今までのランプタイプであれば、電球が切れたりしていましたが、LEDならば寿命が長いですから交換の心配はわずかと言っていいでしょう。
省エネはこのような分野からつぎつぎ結び付くということなのでしょう。
自分たちに出来る省エネの一つとして良しのです。

シャープのLED


省エネ効果が厳しいと言われているものにLEDがあります。
これは電球を切りかえるものです。
いたるところで使用されている照明器具の発光源をLEDに変えることで電気消費量は約10分の1に激減します。
各メーカーはふるって新製品の開発を通じているのです。
その中でシャープを紹介ください。
シャープ自体は電子機器に使用するLEDを昔から作ってきました。
その技術によって、家庭用LED電球を生産しています。
シャープのLED電球は白熱電球と同じ形ですから、買ってきてもっぱら付け替えることができます。
また、省エネ効果だけではなく付属のリモコンで光の色を差し換えることが出来るタイプがあります。
これを調色機能と呼んでいます。
時間帯や天気、部屋の雰囲気作りなど、各種場面で色を変えられるのです。
これからの初々しいタイプの照明として注目を引き寄せるのではないでしょうか。
やはり、明るさも乗り換えることができますから、色と明るさの変化を楽しむことができます。
一般にLED電球の不調は明るさにあります。
一向に白熱電球に比べるとLEDの明るさは劣っています。
LED照明では自分自身が光ることではなく、周りを明るく照らすことが必要となります。
最近の技術の進歩によって、明るさも段々と改善されてきています。
現在の商品でも実用上の大丈夫と考えられます。
シャープのLED電球の明るさは業界トップクラスの数字を出しているようです。
シャープは家電製品のメーカーでもあり、LEDの生産メーカーでもありますから、これからも各種タイプの省エネLED照明を開発していくのではないでしょうか。