LED照明

0 Comments


地球温暖化が叫ばれてからかなりの年月がたっています。
それに対するはっきりした答えを人類は出せていないのが現状です。
そのような中で省エネということがいたるところで話題となっています。
自動車ではハイブリッドカーが流行となっています。
人々は自分が省エネに貢献出来ることを進んでしたいと考えているのです。
その中においてLED照明があります。
人間の社会活動の中で照明に掛かるエネルギーの消費は全体の20~30%もあるという調査結果もあります。
つまり、照明器具の省エネを進めることができれば、大きな効果が期待出来るということです。
今までの照明器具としては白熱電球が多いようです。
それ以外は蛍光灯です。
照明は人々の暮らしをわずか照らすだけではなく、その光で穏やかな気持ちになったりするのです。
そのまま明るければ宜しいというものではなく、その微妙な色合いが重要視されるケースが多いということなのです。
蛍光灯は白熱電球に比べると、格段に消費電力が少なくなります。
ここ数年まずは白熱電球の形をした蛍光灯が販売されるようになっています。
価格ももうすぐ下がってあり、一般家庭での使用も視野に入ってきたところです。
LED照明はどうでしょうか。
省エネ効果としては蛍光灯よりもグングン数段上を行きます。
また電球の寿命も4物事間という数字が一般的です。
現在のところLED照明は価格的な問題があり、普及するまでには至っていません。
ただし、国策としてLED照明の推進が表明されていますから、これから増えていくことは間違いありません。

LEDランプ

各種ところの照明でランプがあります。
ろうそくの炎という形をしたタイプや丸っこい形もあります。
一般的には白熱電球です。
最近は省エネの謳い文句によってLEDランプが販売されるようになってきました。
通常のランプは5Wぐらいですが、LEDランプでは2W程度と約半分になっているのです。
消費電力が小さく、寿命が長いですから、商品の単価の高さは長く使用することでカバー出来るかもしれません。
もちろん現在の価格では未だに高すぎると言えます。
LEDランプは商用電源を使用出来るので、今付いている白熱ランプの入れ換えが可能となっているのです。
電気製品に限らないのですが、省エネということが重要なキーワードとなっていますから、LEDランプがだんだんと普及して出向くことは間違いないと言えます。
別はちっちゃな効果かもしれませんが、日本中、世界中で使用されている白熱ランプがすべてLEDランプに置きかえられたら、大きな効果が期待出来るのではないでしょうか。
個人で出来る省エネとしてもいいかもしれません。
価格は少々高いですが、技術がすすむによって価格が下がることは確かでしょう。
また、ランプの形や大きさもいろいろあります。
すべて、既存の白熱ランプの入れ換えを狙った商品ですから、家庭での使用もモウマンタイと言えます。
LEDランプでは光の色を変えるということも容易にできます。
様々な色を味わえるということなのです。
これからの時代は省エネを考慮した商品に注目が集まるということなのです。

LED化する


住宅に使用されている照明はほとんどが白熱電球か蛍光灯でしょう。
家庭内のエネルギー使用量の中で、照明器具が消費する電気はまず著しいことが言われています。
白熱電球は触るとやけどをするくらいに温かくなります。
これは光にならずに熱になって無駄に消費している電気がいともあるということです。
まさに白熱電球ではたったの5%しか光として有効に利用できていないと言われています。
そこで住宅メーカーなどは照明器具のLED化ということに積極的になり始めました。
やはり省エネ効果が期待できますから、悪賢いことではありません。
ただし、現在のLED照明は価格が大層高くなっています。
照明のLED化がすすむことによって商品の価格も下がっていくのではないかと考えられます。
価格は高いのですが省エネ効果による電気代の節約と、長寿命化による交換費用の削減がありますから、長期的には割安になるという試算もあります。
やはり、こまめに電気を消すということは大事ですが、なんだか無くすことができない部分が多くあるのです。
LED化で省エネ効果のあるものとして家庭内はもちろんですが、オフィスビルや公共施設などの照明も考えて行くべきでしょう。
国の政策としてもLED化が語られるようになってきました。
言わば時代はLED化にかけていると言えるでしょう。
インターネットなどでいかなるLED商品があるか調べてみるとよいでしょう。
たくさんのメーカーが新商品を続々と打ち出しています。
これから注目していきたい分野の一つと言えるでしょう。

LEDのキャンドル

LEDキャンドルを知っていますか。
本もののろうそくのようにゆらゆらと震える感じのする照明です。
催しものの時に場の雰囲気を盛り上げてくれる。
結婚式場などではろうそくをたくさん使いますよね。
明かりというものが人にとって非常に重要なものであることは誰でもわかっているでしょう。
それによって、落ち着いた雰囲気を醸し出したりすることができます。
最近は省エネのグッズが人気を集める傾向にあります。
ろうそくの形をした白熱ランプは昔からありました。
お寺などのろうそくの代わりに点灯されているところはよく見るのではないでしょうか。
但し、一日中点灯していますから数が多いと電気代もばかにはなりません。
また、時には寿命で切れてしまいますから、交換も必要となります。
それに対してLEDキャンドルならば、消費電力は半分以下ですし寿命は倍以上となります。
もちろん、本もののろうそくのように火事の心配もありません。
電池で駆動するタイプの震えるキャンドルならテーブルの上に置くことも可能です。
省エネ効果も確かに重要ですが、LEDによる目新しい照明の利用方法とも言えるでしょう。
白熱電球ではぐらつくような光を組み立てることはできないのです。
LEDの弱みとして光度が足りないという点がありました。
そのため、今まではLEDは照明として使用されてきませんでした。
ただし、LED照明が脚光を浴びるようになってきて、多くの製造会社が新製品を出してきています。
各種コンセプトで真新しいLEDの使用方法が拡がるのではないでしょうか。

LEDの信号機

交差点にある信号機は一日中休むこと無く点灯しています。
日本全国で考えた時折その電気量は膨大なもののぼることが想像付くでしょう。
信号機は今までは電球を使用していました。
但し、青色発光ダイオードが作りあげることが可能になったことで信号機のLED化が急速に進められるようになりました。
国からの補助も出るようになっています。
信号機の場合は電球が切れたからと言って簡単に交換することはできません。
交換するにもまた賃金がかかってしまう。
LED信号機が普及することによって、省エネと経費削減が実現出来るのです。
日本中の信号機の変更を行うことで、省エネ効果は原油21万キロリットル分に至ると言われています。
膨大な金額です。
交換の作業も激減しますから、メリットは大きいと言えます。
省エネ対策として、各種ことが行われていますが、これは大きな目玉と言えるのです。
照明はほとんど電気を消費しており、とにかく常時付けておく必要のあるものがたくさんあります。
LED信号機はLED照明と異なり、自分が発光すればよいだけです。
従って、明るさは特に要求されません。
思える方向も真正面だけでかまいません。
勿論、昼間の明るさの中での視認性は問題となりますが、今までの白熱電球もそれはおんなじことだったのです。
LED信号機が普及することで、国民の省エネ意識が伸びることも期待されます。
電気をこまめになくすこと、消せない時折LEDに変えるということでしょう。
LEDはこれからも注目を集めていくのです。