子供手当てと児童手当の違い

0 Comments


自民党がまだまだ政権を握っていた当時は、児童手当というものがありました。
子供がいらっしゃらないご家庭の方は、もしかするとご存じなかったかもしれませんね。
その児童手当では足りないのではないか・・・ということで民主党が今回の子供手当てに改めたわけです。
子供手当てに変わったことで、それまでとは何がどう変わったのかを見てみましょう。
ほんとに、支給される年齢が違っています。
児童手当は0歳から小学校卒業までの子供たちであったのに対し、子供手当ては0歳から中学校卒業までの子供たちとなりました。
そうして、児童手当の金額は、第一子と第二子が月額5000円(3歳未満は一律10000円)、第三子以降が月額10000円であったのに対し、子供手当ては、子供一人につき月額2万6000円ということになりました。
また児童手当を貰うためには、所得制限もありました。
サラリーマンのご家庭の場合まずは、年収860万円未満、自営業のかたの場合には年収780万円未満という決まりがありました。
子供手当ての場合には、こうした所得制限はなく、誰でもなくなることになったのです。
このような事実を比べてみますと、誰が見ても子供手当ての方が良く見えるわけですが、以前にも記事にしましたとおり、財源がない今の日本がこれを実行するためには、後々、他の部分で増税しなければならないということになるでしょう。
それほどなったときに、該当するお子さんのいらっしゃらないご家庭は、国からの恩恵が何も無いのに、税ばかりが引き上げられて、随分不公平だというわけです。
そうして、現在、子供手当てが貰えるご家庭も、近々はもらえなくなり、税金ばかり払う立場になります。
そんなになった時、あなたはどうしておもうのでしょうか。

子供手当ての受け取り方

お子さんがあるご家庭では非常にありがたい子供手当てですが、それを確実に貰うことが出来るように、何かと調べていらっしゃるでしょうか。
子供手当ては、該当するお子さんがいればどなたでもくださるものだが、各自で申請をしなくては貰うことが出来ないということは、ご存じでしたか。
戸籍があるのだから、そこから調べられて申込書などが自動的に送られてくるように思ってあるかたも、けっこう多いようですが、そうではありません。
しかし、それまで児童手当を受け取っていたかたがたに関しましては、とっくに申請済みということで、それ以外のかたに限り、子供手当ての申請が必要となります。
と言いますのも、子供手当てを受給するためには自治体の認定を受ける必要があるのですが、人数があまりにも多いため、受給者側と自治体側の負担に配慮したということでしょうね。
かなりの人数になるでしょうから、その分の時間や手間を省いたということだと思います。
一般的に、子供手当ての申請は、各市町村の役所の窓口で行います。
また、郵送も行えるようです。
そうして、子供手当てはひとまず申請すれば、そのお子さんが15歳になるまでもっと貰えるのかというと、そうではなく、毎年6月に更新しなくてはいけないということになっています。
再び、現在、子供手当てを貰っているご家庭であっても、新たにお子さんが生まれた場合には、当然もっと、申請しなくてはなりません。
これらを忘れないようにすれば、子供手当てを本当に人数分、味わうことが出来ます。

子供手当てはいつ支給されるのか


子供手当てが、子供一人につき、月額2万6000円(初年度は100003000円)ということは、多くのかたがたがとっくに知っていることだと思います。
本当に、現金支給として2万6000円全額が支給されるかどうかは、依然として今のところは確定したことではないようですが、現時点では、そのように国民に知らされていますね。
それらの子供手当てがどのように支給されるかご存じでしょうか。
毎月ごとに2万6000円ずつ支給されるものなのでしょうか。
それとも、1年ごとにまとめて支給されるものなのでしょうか。
本当は、月額2万6000円と決まっているものの、支給は毎月ごとではなく、1年の間に3回に分けて支給されるのです。
月額2万6000円ということは、年間にしますと31万2000円となりますが、それを3回に等分しますと、1回分は10万4000円となりますね。
毎月、2万6000円を下さるのと、1年に3回だけ10万4000円下さるのと、どちらが良いかは、それぞれの好みの問題となるのでしょうが、こればかりは、とっくに決定されていることですので選ぶことは出来ません。
金額が少なくても毎月もらえるというのも嬉しいですが、4カ月ごとに10万円を僅か飛び越えるだけ下さるというのも嬉しいですね。
但し、これは飽くまでお子さんのためのお金だから、お子さんのために使っていただければ・・・と思います。
お子さんのために取り扱うも、さすが、支給日が近づいてくると嬉しいことと思います。
もともとは、国民の税金ですので、大切に使えると思います。