デイサービスとは


高齢者の数が目立ち、介護を受ける人もまた増えている中で、介護サービスとして注目されているのがデイサービスです。
一般にデイサービスとは、介護保険で要介護・要支援認定を受けた人が利用する通所介護を指します。
デイサービスそれでは、デイサービスセンターなどの施設に通って、入浴・食事等の介護や機能訓練、健康チェック、レクリエーションなどを日帰りで利用できます。
要介護・要支援の高齢者は体の機能が低下して、家に閉じこもりがちになります。
そのため、刺激が少なくなり体を動かす機会も減ってしまい、ずっと体の機能を低下させたり、認知症を進行させてしまいます。
デイサービスに通ってみんなに会い、レクリエーションなどで体を動かすことで、脳や体に刺激を与え、体の機能の低下や認知症の進行を制する可能性があります。
そうして、デイサービスが面白くなれば、高齢者が潤いをおぼえ、心身ともに生き生きとやり過ごすことができます。
デイサービスは高齢者にとっての生きがいづくりの場所として、大切です。
また、介護する家族にとっても、介護を受ける人がデイサービスをめぐっている時間は、普段の介護の負担から開放変わる貴重な時間となります。
デイサービスが家族に休憩する時間、悠々暮らす時間を与えてもらえる。
デイサービスを行う施設の多くは利用者の送迎を通しているので、車椅子を利用している人などでも安心してサービスを受けることができます。
高齢社会である今、介護変わる側だけでなく、介護する人々の支援も行っているデイサービスはみんなに必要とされているのです。
小規模デイサービスや大規模なものなど、様々なデイサービスがあります。
介護変わる側に当てはまるサービスが受けられる施設を選んで、デイサービスを利用して下さい。

デイサービスの内容


高齢者が利用するデイサービスそれでは、利用者が面白くいきいきと生活を送るために、様々なサービスを通じています。
具体的にはいかなるサービスが行われているのでしょうか。
あるデイサービスの一日を例にとって、紹介ください。
最初に、利用者の自宅までデイサービス施設の職員が車椅子対応のリフト付きのワゴン車やバスでお迎えに行き、施設まで送迎します。
施設に到着後、体温・血圧・脈拍の健康チェックをし、その後体操をしたり、職員とのおしゃべりを通してコミュニケーションを図ります。
利用者の身体状況に合わせたレクリエーションも行われます。
季節の行事、歌、趣味の活動、体操、カラオケなど工夫を凝らした活動が行われています。
昼食では、利用者の状況に合わせた食事が提供されます。
栄養士が献立をたてて、栄養を考えた料理を楽しみます。
食事の後は、歯みがきも行います。
食事の後は休憩の時間で、お昼寝をしたり、お話をしたり、読書など自由な時間を楽しみます。
その後は入浴の時間で、入浴・清拭を行います。
その後おやつの時間となります。
お菓子やお茶をいただいて、楽しい時間を過ごします。
クラブ活動に参加したり、お話を通して一日が終了し、帰宅の送迎が行われます。
利用時間は送迎時間を除き、10:00~16:30ごろまでです。
営業日は平日の施設もあれば、土日対応の施設もあります。
無料で見学、体験できるデイサービスの施設も多くあります。
いかなる内容のサービスが行われているのか、利用者に合ったサービスが貰えるのかを利用者だけでなく家族の方も一緒に確認して、デイサービスを利用して下さい。

介護保険について


高齢者がデイサービスをはじめとする介護サービスを利用するには、介護保険を利用します。
介護保険で、支援や介護が必要であると認定を受けた人が、サービスの申し込みができます。
デイサービスを利用するには、取り敢えず、介護保険が何かを知っておく必要があります。
介護保険とは、介護が必要な人を助ける社会保険制度で、40歳以上の人は全員が加入します。
40歳に介護掛け金を払い、介護が必要となったら、1割負担で介護サービスが頂ける仕組みになっています。
介護保険では、65歳以上の人は「第1号被保険者」・40歳以上64歳までの医療保険加入者である「第2号被保険者」に分かれます。
第1号被保険者は、支援や介護が必要である=要介護(要支援)認定を受けた人が、介護サービスを受けることができます。
第2号被保険者は、筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)など、老化を伴う特定疾病が原因で要介護認定を受けた人が介護サービスを利用できます。
特定疾病以外のアクシデントなどで介護が必要な場合には対象外として、介護保険制度での介護サービスは受けられません。
介護保険利用対象者が介護保険を利用する際に、自治体の窓口を通じて申請し、要介護(要支援)認定を受けます。
その結果、支援や介護が必要であると認定されると、要介護度に応じてデイサービスなどの介護サービスを利用出来るようになります。
介護保険制度によって、デイサービスを申込むには、とても要介護(要支援)認定が必要である、ということを覚えておきましょう。