塩系インテリア

0 Comments

近頃インテリアでトピックになっているのが、「塩系インテリア」。

飾ら無い・シンプル・男前のカッコいい部屋が、「塩系インテリア」と言われています。

大ざっぱには、「スッキリ」したインテリアのことを、言うやうですが、、塩系インテリアの雰囲気は、と言うと、色素薄めのトーンであったり、無骨で飾ら無いであったり、生活感が、希薄等が、あげられます。

男前テイストの雰囲気を、もちなが、ら、装飾を、減らしてシステム的に、グッズ数を、抑えつつポイント色彩は、無造作な白。

そうすることで、凄くすっきりしたインプレッションにまとめることが、出来ます。

塩系インテリアと言われる部屋を、雑誌等で見ても各種な雰囲気の部屋が、あり、これといった定まったスタイルが、分かりずらいインプレッションを、受けるかもしれません。

そこで、塩系インテリアらしさを、かもし出すポイントとしては、、ソファ等の大きい家具のトーンは、部屋全体の雰囲気に影響するので、トーンを、落としてグレイッシュにしてみる。

カーテンもシンプルにするのが、ポイントで、飾ら無い雰囲気で仕上げるならリネンを、一枚かけるだけと言うのも一つの手だとおもいます。

又、部屋の雰囲気を、大きく左右するのが、照明です。

シェードなしでコーディネートするのもいいかもしれません。

外国のような塩インテリアにしたいケースでは、は、、改良さや清潔感を、意識するといいでしょう。

塩系インテリアのもうひとつの代表的なキーワードは、「無造作」。

あえてきちんとしてい無い感が、余裕を、生み出すのでは、無いいでしょうか。