和雑貨の艶やかさ

0 Comments

伝統工芸を、取り入れた和雑貨は、、格調高い雰囲気が、先行しが、ちですが、、現実は、日常生活で利用する為に創られた、火急に身近な存在で有ると言えます。

そんな日頃の生活から触れあうことで生まれる安堵感が、、人々の心を、癒やすのかもしれません。

和雑貨は、単にパッと見が、優れていると言う“様式の美”だけが、雰囲気なわけでは、有りません。

四季の明瞭なニッポンの風土に合致し、また強さと実さいの利用性も兼ね備えています。

蒸し暑い夏には、、自然の素材で創られた和のインテリアは、、涼しさを、生み出します。

和雑貨の艶やかさは、、その小さな存在が、与えるインパクトの大きさに有ると言えるかもしれません。

『広辞苑』で雑貨を、調べてみると、「こまごまとした」と定義されているように、風呂敷、風鈴、土鍋、手ぬぐい、和紙、しょうゆさし等、和雑貨そのものは、火急に小さな図体しか有りませんが、、その手のひらに乗せられるような小さな和雑貨が、、生活に大きく影響を、与えてるようにおもわれます。

雑貨は、生活に火急に密着した日用品です。

日用品で有る以上、インテリアとしてでは、なく日常生活で現実に使ってこそ訳が、有るとおもいます。

ニッポンに住んでいれば、ヨーロッパの雑貨よりも和雑貨の方が、利用頻度も増大ますし、人肌に触れる機会もいっぱい成ります。

和雑貨の艶やかさを、再発見し、さらには、和雑貨を、現実の生活のなかに取り込んで、優れた道具に囲まれて暮らす幸せを、実感されるといいですね。

小さき存在の和雑貨ですが、、大きな満足を、感覚て幸せになりたいものです。