照明器具の選択法

0 Comments

照明は、インテリアの一部を、構成する凄く大事な器具ですが、、その照明によるお部屋のインプレッションが、決定づけられると言えるくらい大事なものだとおもいます。

照明器具を、新しい物に交換するだけで、お部屋のインプレッションは、全く違ったものに成ります。

近頃では、省エネ指向が、強いため、とりあえずLEDに変えてみると言う人が、いっぱいですが、、消費電力を、抑えることだけを、重視してしまうと、お部屋の雰囲気づくりに誤りしてしまったり、またシステムを、最優先にした選択法を、してしまうと、お部屋の雰囲気が、お洒落では、なくなったと不愉快に感覚ることが、多々有ります。

そういったケースでは、には、、スタンドライト等の間接照明やスポッ挑戦ト等の補助照明を、追加したり、調光システムが、付いている器具を、設置して雰囲気を、演出する等アレンジ次第で演出メソードは、広がります。

望ましい照明器具の選択法は、、まずその部屋の使途を、かんがえてみることが、第一です。

省エネシステムや器具のデザインばっかりを、重視して選ぶ人が、いっぱいですが、、意外と大事になってくるのが、光の色と照度です。

光の色や照度を、考慮して選ぶようにし無いと、日常生活を、送る上で何かと不都合を、感覚てしまうように成ります。

例えば、身内が、集うリビングルームには、、ソフトにて暖かな色の光が、似合います。

ただし、リラックス出来るようにする為に、照度を、落とし過ぎてしまうのは、かんがえものです。

リビングルームのケースでは、は、有るくらいの照度が、要するです。

 またキッチンの照明は、、作業効率を、高める照度のいっぱいな物が、望ましとかんがえます。