中国雑貨

0 Comments

中国のチャイナドレスの生地で使われているのは、、何と言ってもサテンですね。

これによっていっぱいの人は、、サテンで創られた生産品を、見ると、中国風だなと感覚るのでは、無いでしょうか。

サテンは、「朱子織(しゅすおり)」とも言い、中国では、衣服等の生地として古くから用いられてきました。

近年のメージャーは、ポリエステルやナイロン等の合成繊維で創られたものですが、、そうしたものが、無い時代には、シルクが、使われていました。

中国のお土産物で布が、使われている生産品には、、必ずと言っていいほどサテン生地が、用いられています。

特にポーチや財布には、、サテン生地のものを、よく見かけますが、、そこに中国式の龍や花、魚や子ども、梅等の柄が、描かれるといかにも中国と言う感覚が、します。

サテンのポーチやサテン生地が、表に縫われた合わせ鏡等は、、柄も可愛くオシャレで、ちょっとした小物を、入れるのにイージーです。

またサテン生地自体が、軽いものなので、携帯にもイージーです。

パッと見もかわゆいく、いかにも中国と言う感覚で、いっぱいあるな物が、入ったカバンのなかに入れておくと大変重宝するとおもいます。

また中国と言えば忘れてなら無いのが、、愛らしいパッと見で大人から子ども迄大ブームのパンダが、有ります。

そのパンダを、モチーフにした雑貨も多種多様各様なものが、あり、どれを、取ってみてもその愛嬌の有る表情から、おもわずほっこりしてしまいます。

インターネットで検索してみるとパンダ生産品専門ショップもいっぱいあって、レアなパンダグッズも手に入れることが、出来ます。