野菜の保存方法<大根・かぶ>

0 Comments

<大根・かぶ>
大根は冬野菜の代表的存在です。
おでんやぶり大根等、鍋料理や煮込み料理に多く使われます。
万人に好まれている野菜ではないでしょうか。
また大根と似ている野菜にかぶが有りますが、漬ものや酢漬けとして食する事が多くて相当人気が有ります。
そういう大根とかぶですが保存方法は同じで「冷蔵庫」「冷凍庫」がオススメです。
基本的にこの2つの野菜は新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室に入れて保存するのが基本的保存方法だそうです。
仮に大根やかぶに葉っぱが付いているのだとしたら取ってから保存する様にすると長期間の保存が可能となります。
何故なら栄養が葉っぱに吸い取られてしまって萎びてしまうからそれで気を付けましょう。
また大根やかぶの葉っぱは漬ものや味噌汁の具等としても充分におししく頂けますので捨てないでくださいね。
仮にカットした状態で保存する際には切った所が乾燥打ち切る様にしてあげる必要があるので、濡れたペーパータオル等を切り口に付けてその上からラップを通して保存すると乾燥がなんとも防げます。
そうして大根とかぶは冷凍庫に保存する事も可能だそうです。
ありのまま保存と言うよりは、皮を剥き、千切り等に切り、水分をよく切って小分けします。
そうしてゆでない状態でラップに包み単に冷凍庫に保存して下さい。
また面白い事に大根おろしも冷凍保存できる様で、おろした大根を水分を切ってラップに包んで冷凍庫に保存してください。
在る程度は長持ちしますよ。