宝くじの種類【ナンバーズ】

0 Comments


ナンバーズは数字選択式の宝くじとしては先駆け的な感じで発売されたものになります。
ミニロトやロト6よりも前から発売されている宝くじです。
ナンバーズには種類があって、3桁の数字を選ぶ「ナンバーズ3」、4桁の数字を選ぶ「ナンバーズ4」の2種類が発売されています。
ミニロトやロト6と違う点は、買い方にいくつかタイプが有るという事です。
ミニロトやロト6は5つ又は6つの数字を選ぶという買い方だけになります。
但し、ナンバーズでは「ストレート」「ボックス」「セット」、ナンバーズ3だけは「ミニ」という買い方をする事が出来るのです。
競馬等の買い方と一緒としてくれればイメージしやすいかもしれませんね。
ナンバーズを上記の様な買い方をするときどき「申込カード」を使いますが、この他にも「チャレンジカード」と呼ばれている申込カードが有ります。
これは貰う日から10回先までの抽選日の中からスキな抽選日を選ぶ事が出来るというものになります。
こんな遊びがナンバーズでは魅力だと思います。
ナンバーズの抽選は通常のジャンボ宝くじと同じ様に円型のボードに数字が書いてある物を回して、そこに矢を放って当たった数字を当選数字とするという形式の抽選方法が採用されています。
ナンバーズの最大の特徴は月~金曜日まで平日は毎日抽選日だという事です。
毎日出来るので毎日引っかかるかもしれないとハラハラ期待出来るというのが最大の魅力かもしれませんね。

ナンバーズ4はどうやって買えばいいのか

宝くじにはナンバーズ4という種類の数字選択式宝くじが有ります。
ナンバーズ4を購入する際には数字選択式宝くじを購入出来る宝くじ売り場で、専用の申込カードを通じて購入する様にします。
グングンナンバーズ4を行う日付指定が出来るチャレンジカードという申込カードも有りますので、おスキな買い方を選んで貰えれば良いでしょう。
申込カードには0~9までを1列として4列買えるようになっています。
1列毎に一門ずつ数字を選んでマークして赴き、4列マークすると1口分の申込が出来ます。
どうしても1列に対して一門だけマークする様にください。
2つはマーク出来ません。
1枚の申込カードでA~E枠として5口分出来るようになっています。
最大継続回数は10回までですので、2週間分をいっぺんに購入出来るのも特徴的です。
ナンバーズ4の買い方は全部で3つ「ストレート」「ボックス」「セット」という買い方が出来ます。
「ストレート」は4つの数字が順番も全て合っている買い方、「ボックス」は数字が一致していて順不同もOKの買い方、「セット」はストレートとボックスの両方を1口100円ずつ合わせて1口200円で購入するという買い方になります。
当選金額的には「ストレート」>「ボックス」>「セット(ストレート)」>「セット(ボックス)」という額の大きさになります。
その順番で接する確率も高くなって出向く様になりますので、ご自分の選び方次第で当選金額もよっぽどなる楽しみも持つ事が出来ます。

ナンバーズ3はどうやって買えばいいのか


ナンバーズにはナンバーズ3という種類の宝くじが有ります。
これは数字選択式宝くじとして発売されている物で、000~999の中からスキな3桁の数字を選ぶというものになります。
同じものに4桁の数字を選ぶナンバーズ4という種類の宝くじも有ります。
ナンバーズ3を購入する為には、ナンバーズ3を取り扱っている宝くじ売り場をめぐって、ナンバーズ3専用の申込カードを通じて購入する必要が有ります。
その他にも10回先の抽選日までなら指定購入が出来るチャレンジカードという申込カードも有りますので、おスキな方を選んで購入してください。
申込カードには1列に0~9までの数字が書いてあります。
それが3列有りますので、1列に対して1つの数字を選んでマークしていきます。
これだけで記入は終了です。
ナンバーズ3では買い方が4つ有り、スキな買い方が出来るようになっています。
先ずは「ストレート」という買い方ところが4つの選んだ数字と当選数字が順番まで全て一致すれば当たりというタイプの買い方になります。
次は「ボックス」という買い方ところが、4つの選んだ数字と当選数字が順番に関係なく合っていれば当たりというタイプの買い方になります。
次は「セット」という買い方ところがストレートとボックスを半分ずつ買うというタイプの買い方になります。
これで当たった場合、ストレートもボックスも当選金額の半分がの額が当選金額として分配繋がる事になります。
最後に「ミニ」という買い方ところが、3桁の数字の下2桁が順番も含めて同じであれば当たりというタイプの買い方になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です