窓のための防犯グッズ(1)

0 Comments


玄関周りの防犯グッズ、いかがでしたか。
なにか、ひとつでも新たに取りつけて見る気になりましたでしょうか。
今回は、窓のための防犯グッズをご紹介しようと思います。
窓は、玄関ドアと同じくらい、泥棒にとって侵入しやすい場所でもあります。
窓の位置や向きによっては、ドア以上に侵入しやすいかもしれません。
何故なら、多くの人がなんでかしら窓の場合のみ、ちょっぴり安心して開けっ放しで外出しがちだからです。
あなたも身に覚えはございませんか。
とくに夏の暑い時期などは、エアコンを切って窓を閉め切ったままで外出すると、帰宅した時折部屋がサウナのように暑くなっていたりしますよね。
それを防ぐために、ちょっぴり窓を開けて外出するかたが非常に多いのです。
ただし、泥棒はちゃんとそのような事もわかっていますよ。
窓にもしっかりと防犯対策ください。
窓用の防犯グッズで人気が高いものは、とにかく補助錠でしょう。
それも、窓を少し開けたままでしっかりとロック出来るタイプのものです。
これがあれば夏の暑い時期であっても、まだまだ窓を開けたまま安心して外出が出来ます。
また、窓を開けるときのかすかな振動を捉えて大音量を発する防犯アラームも良いと思います。
これは、玄関にも払える防犯グッズですが、無論窓にも取り扱うことが出来ます。
深夜はもちろんのこと、昼間であっても隣近所に分かるだけの大音量が出るものなら安心ですね。
全ての窓に備え付けるのが望ましいですが、それが一大場合には少なくとも1階の窓には擦り込みたいですね。
とくに普段、無人の部屋の窓には付けておきたいグッズだと思います。

窓のための防犯グッズ(2)

窓のための防犯グッズのご紹介を続けたいと思います。
近年の傾向といたしまして、窓を壊してそこから手を入れ、鍵を開ける・・・という手口が増加しているそうです。
ガラスを壊すと聞きますと、大きな音がして一気に気付かれてしまうのではないだろうかと思うかもしれませんが、本当は泥棒の方にもちゃんとしたやり方があるのだそうです。
ホームセンターなどへ行きますと、ガラスをスパッと切ってしまえるようなガラス切りというものも売っていますし、壊したときの破片の散らばりを切り詰めるような方法も泥棒は本当に持ち歩いているらしいのです。
ガラスを壊されてしまうと侵入が容易になりますから、これは困ったものですね。
最初からガラス内部に針金が埋め込まれたものを窓に使用していれば問題ないのですが、そんなお宅ばかりではないでしょう。
一般的な透明窓ガラスを使用しているお宅に最適な防犯グッズは、窓ガラス用の防犯シートです。
これは、窓ガラスに張りつける丈夫で透明なシールもののものだと思って下さい。
それを張りつけることによって窓ガラスを崩し辛くなる。
泥棒はどっかの家に侵入する際、スムーズにいかない時折、潔くそこをやめる傾向にあります。
危険を冒してまで一カ所に長居することを忌み嫌うのです。
ですから、窓ガラスに防犯用シートをくっつけることひとつとっても、泥棒の急ぐ気持ちを挫くことになります。
これも予め全ての窓にくっつけるのが望ましいですが、一度に全ては無理という場合には、1階の窓や普段無人の部屋の窓などに貼り付けておくと良いと思います。
お風呂場やお手洗いに小窓がある家は、そちらにも貼りつけておいた方が安心だと思いますよ。