自転車とLED


自転車のライトは夜間に乗ずる人には七つ道具です。
最近は自転車のライトも省エネを考えてLEDに代わってきています。
勿論、直接省エネとなるわけではありませんが、部品の交換の回数が収まることによるゴミの排出量の削減に貢献するでしょう。
自転車のライトは白熱電球を使用するものが一般的です。
ライトの目的は行く先を照らすということと、自動車などから明かりが当てはまるということです。
自転車のライトをLEDに変える場合コツとしては、明るさを十分に保つということにあります。
自転車は発電機が付いていますが、乾電池を使用したライトも市販されています。
LEDライトに変更すれば乾電池の交換も回数を燃やすことが出来るのです。
インターネットなどを見てみますと、自作でLEDの交換を通している人などがいます。
LED照明と言うのは現在のところ未だに高め部類に入ります。
そこまでして、自転車のライトを切りかえる必要があるのかとしてしまいます。
ただし、地球温暖化の対策として個人レベルで出来ることの一つとしてみましょう。
自転車の場合は電池不要のソーラーライトという商品もあります。
これであれば電池の交換も不要となります。
当然ライトはLEDを使用しなければなりません。
一般にも市販されていますので、簡単に購入できます。
自転車に跨るということは、それだけでも地球温暖化に貢献しているような気がします。
その上に資源の有効活用をすることになりますから、かなり済むことではないでしょうか。
これからLEDはどっさり利用範囲が広がって行くでしょう。

LEDの投光器

投光器と言うのは屋外などで昼間のように明るく照らす照明です。
通常はハロゲンランプが使用されています。
使用目的は主に業務用ですから、省エネのために暗くするという訳にはいきません。
ですから、煌々と照らすためにはかなりの電気を消費しているのです。
このような投光機の省エネを考える時折さすがLEDによる照明ということになります。
LEDを使用すると消費電力は少なくて済みますが、でも明るさを確保するためには極端に電気消費量を燃やすことはできません。
そのため放熱についても考慮した構造になっています。
やはり、ハロゲンランプに比べると放熱はかなり少ないと言えます。
投光器は室内よりも室外で使用するケースが多いですから、多少なりとも放熱部分を小さくして軽量化を考えることが重要です。
製造会社から市販されているLED投光器は70Wぐらいの出力が出ます。
最近はモータープールや体育館などで見掛けることがあるようです。
価格的には厳しいかもしれませんが、色の種類にはいろいろありますから、用途によって差しかえることもできます。
寿命が長いという利点も見逃せません。
製造会社の保証では10年ぐらいが人並みになっています。
LED自体の寿命はぜんぜん無視してよいので、屋外用とするために外側のケースの寿命でまとまると言えます。
雨が降った時などに内部が濡れないような構造にすることは当然ですから、そのための費用も無視できません。
LEDの色としては、白熱電球ものの色から、青、赤、緑、黄色とバリエーションがあります。
電源も商用電源や直流電源のとも対応しているようです。
これからの省エネ対策として考えていかなければなりません。

LEDと蛍光管


蛍光灯をLEDに入れ換えたECO-ライトを紹介ください。
近年の地球温暖化対策として、照明のLED化が脚光を浴びています。
その中の一つの商品です。
蛍光管はその構造として、ガラス管の中に水銀が蒸気となって封入されています。
ですから、ガラスが壊れるとその水銀が大気中に散らばってしまうという問題もあります。
LEDによる蛍光灯は鉛を使わずに作られていますから、省エネだけではなく環境にも配慮した製品と言えるのです。
無論省エネ効果は大きいと言えます。
一般の蛍光灯に比べると消費電力で半分、寿命が10倍と言われています。
総合的な二酸化炭素排出量の削減が可能なのです。
取り換えの手間が少なくて済むということも大きなメリットと言えるでしょう。
そしたら一般的な蛍光灯はその仕組みから高周波のノイズを発生させます。
ただし、LED蛍光管はこうしたノイズは一切ありません。
近くでほかの電子機器に影響するということはないのです。
蛍光管は入ったり切れたりという動作を一秒間に100回ぐらい行っているために、ちらつきがあります。
これはその構造上から避けられません。
このちらつきはときには非常に気になったりします。
ECO-ライトはLEDですから、原理的にちらつきはありません。
光の成分がLEDと蛍光管では違うということがあります。
蛍光管は紫外線を出していますから、長期間照明を受けたものは商品などの劣化がすすむことになります。
商品の陳列棚の照明などもLEDにすることが望ましいと言えるのです。

プリウスのLED

自家用車のライトを自作でLEDに交換するという人はたくさんいるようです。
インターネットなどで調べてみると、皆さん何かと試行錯誤しているのです。
そういった中でプリウスはLEDヘッドライトを採用しました。
今まで自動車のライトにLEDを使用しなかったのは価格が高かったためです。
プリウスに採用されたことから、今後の普及により低価格化がすすむことが期待されます。
プリウスはハイブリッド車ですから、内部での電気の使用量を止めることは非常に意味のあることです。
ヘッドライトは夜間に常時付けておきますから、省エネの効果は大きいと当てはまるのです。
採用されているLEDヘッドライトは日亜化学工業のLEDにおいて小糸製作所が制作しています。
LEDの発光効率を上げることによって、その数を燃やすことができているようです。
これにより価格を抑えることができたのだということです。
国の政策として地球温暖化対策を積み重ねることが重要になってきています。
その省エネの中でLED化というのが注目されているのです。
自動車産業は日本の産業の中核でもあります。
その中で先陣を切ってプリウスがLEDヘッドライトを採用したことは大きな意味があります。
やはり、LED化によって車体価格の上昇は避けられません。
但し、トレンドの中で技術の進歩が期待できるのではないでしょうか。
これからだんだんと安価なLEDが開発されて出向くことは間違いありません。