ウォシュレットの種類

TOTOが販売しているウォシュレットにはいくつかの種類があります。
機種を通じて取り付け方や取り外し方が違う場合もあります。
やっと購入するつもりなら、事前に確認しておくことが大切です。
勿論、ほとんどの機種が既存の便器に取付けられます。
インターネットで検索して見ると取付け工事も受け付けているが、取り付け方は難しくないですから、自分で置きたほうが有利です。
また、ウォシュレットはTOTOの銘柄ですが、他社製もウォシュレットと呼んでいる業者がほとんどです。
つまり、ウォシュレットと言えばイメージが沸くのです。
さて、取り付け方だが、水道の配管と電気のコンセント差し込みだけです。
便器の便座を外して、その後にウォシュレットを据えるだけです。
自分でやってみればわかります。
単にこれだけのことに何千円も払いたくないというはずです。
ただ、不器用なヤツやアビリティーがないヤツは止めておいた方がいいかもしれません。
取り外し方も全く変わりません。
取り付け方がわかれば取り外し方も判るでしょう。
ウォシュレットの種類は形ではなく、機能の違いです。
消臭機能が付いているとか、温水を貯めておくジャンルになっているなどの違いがあります。
殊に後手クリエイターはTOTOとの間化を策するために、各種機能を付けている。
ただ、温水シャワーの強さなどは微妙な違いがあります。
どれがいいかは嗜好が分ける点でしょう。
毎日の便所をどれだけ快適に暮すかと言うことですから、全く肝要かもしれません。
日本にはウォシュレットがありますが、外国では一般的ではありません。
感性の違いでしょう。