ウォシュレットの取り付け方

ほとんどの自宅に付けて残るウォシュレットの取り付け方をレビューください。
取り付け方がわかれば、取り外し方はその反対ですから、取り外し方もわかったことになります。
細かいことは手順に書かれていますが、クレアトゥールを通じて少しずつ違います。
ただ、便所の便器の構造は総じて同じですから、戸惑うことはないはずです。
これは便所がJIS規格にて距離まで規定されているからです。
TOTOの総なめだったのですが、最近はINAXなども便器を仕立てるようになってきました。
ウォシュレットはTOTOの銘柄であり、他のクレアトゥールは違う銘柄となっていますが、電気店やメールオーダーサイトを見ると全員ウォシュレットで声明が生きるようです。
その方が真にわかりやすいのです。
取り付け方の始めは便器の蓋を締め出すところからです。
取付けられていたネジの落とし穴を使ってウォシュレットを既存することになります。
敢然と締めておかないと座ったところ便座がずれてしまいます。
後は、給水のための配管とコンセントから電気をとるだけです。
水洗トイレですから給水用の配管がないところはありません。
その配管をいったん外して、その間にウォシュレット用の配管を割り込ませる青写真になります。
気を付けなければならないのは配管をなくすところ元栓を閉めておくことを忘れないことです。
忘れてしまうと、大変なことになります。
便所まん中がびしゃびしゃになってしまうでしょう。
やはり、便所内には元栓を閉めるためのバルブが取付けられています。
垣根コンセントもあります。
つまり、現代の便所ブランクはウォシュレットを取付けるためのセットがいまやされているのです。