選び方


トイプードルを養うと決めたとき、本当にどのトイプードルを飼おうか結構苦しむと思います。
トイプードルは人間と同じで1匹ずつ個性があります。
顔で選ぶのか性格で選ぶのか毛色や毛質で選ぶのかサイズや体型で選ぶのかなどポイントはいくつもあります。
トイプードルを選ぶ際に大切なことは、多くのトイプードルを見ることで目を飼うことです。
トイプードルをたくさん扱って販売しているショップに行ってみるとか、ブリーダーに行ってみるなどしてじっくり見ることが大切です。
性格などは販売しているショップの人員やブリーダーに聞くとよくわかると思います。
よく言われるのが「落ち着いている子がほしい」ということです。
落ち着いているかどうか判断するには、仔犬を正面からみたときに、仔犬が人間の目をちゃんと見分けることが出来るかどうかです。
キョロキョロする子の場合は、勝気な性格であったり怖がりだったりする子が多いです。
但しショップに1匹だけでいる子の場合には参考になりません。
毛色は「退色」を気にする人が多いです。
レッドのトイプードルの場合、頭の下付近の毛をめくってみて下毛の色を見ます。
下の方が白っぽくなっている場合には、将来的に下毛の色が全身の色になります。
下毛と上毛があまり変わらないのであれば退色は少ないと考えられます。
レッド同士の交配の場合さほど退色しませんが、先祖にホワイト系などがいると退色しやすいです。
ブラウンの場合、表面が茶褐色ならば退色しにくくて、黒が低くなったようなブラウンの場合は退色してマダラになるかもしれません。

選び方2


選び方のポイントは依然あります。
選ぶときの一番のポイントとも言える「顔」についてです。
ペットタイプとして相応しいのは、目がくりっとしていて幅広い子。
鼻と目の大きさが同じくらいの子、額が広くておでこが前にせりだしている子。
耳の位置が大きい子、両目と鼻のバランスは正面から見たまま正三角形であること、目が離れていなくて顔の中心部にぎゅっと集中している子などが素晴らしい顔だとされています。
次にトイプードルの子犬を選ぶ時折、「目」を見ます。
目に耀きがある子を選ぶといいです。
目に覇気がない場合、その子は飼わない方がいいと思います。
次に「しっぽ」を見ます。
しっぽは凛としていて立って巻いているトイプードルを選ぶといいです。
しっぽが股に入っている場合、販売しているショップなどに問題があると考えられます。
次に「歩き姿」を見ます。
トイプードルが実際に歩いている姿を見て下さい。
よろよろとして歩いている場合には、関節や膝に問題があるとか体力的に問題があるなどの原因が考えられます。
販売元のショップに病歴や体調を確認する必要があります。
また人間にかけてうれしそうに喜んで走って来る子がいいです。
ずーっとケージに入れられっぱなしの子は人間と接触が少ないため問題行動を起こしやすいです。
他にはお尻が汚れてはいないか、お腹が異様に膨らんでいないか、でべそではないか、ヘルニアではないか、耳が臭くはないか、足裏がそってあるかなどをチェックするといいです。
これらがきちんとしているトイプードルを選ぶのがいいです。

ワンラブ


ペットショップの「ワンラブ」は愛知県、静岡県、三重県、長野県、岐阜県と東海エリアで店舗を構えて子猫や子犬の販売を通じているショップです。
長野県のアリオ上田店では長野県最大級の展示頭数で多くのペットを販売しています。
特許取得済みの展示ルームを60室も完備してあり、常に60頭の子がいます。
ペット関連グッズも充実していて、プロのトリマーの作業を探ることが出来るオープンスペースになっているトリミングルームも完備しています。
他にもワンラブでは、ペットのホテルサービスや交配サービス、動画サービスなどを行っています。
リアルタイムでどこの店舗のどの子犬や子猫も動画を確かめることができます。
たとえば気にいったトイプードルが遠方の店舗にいた場合は、近くの店舗に行けば動画でそのトイプードルの様子を見ることが出来るわけです。
補償サービスとしては、半年以内に病気が原因で死亡してしまった場合には同種同等の代替犬を買うことができます。
返金特約を5,250円で付けておくと、代替犬の代わりに現金で返金してもらえます。
医療保障に加入していれば、半年の補償が1年になります。
3年間の事故補償をつけていれば、補償期間中に散歩中の事故や誤飲によって死亡してしまった場合、同等価格のペットを半額で味わうことができます。
その他ペットに関してのトラブルについて相談に乗って頂ける行政書士相談サービスもあります。
東海地方で複数の店舗を経営しているので、多くの子犬たちの中からお気に入りの子を探すことができますし、アフターサービスもしっかりしているので安心して利用出来ると思います。