クリスマスツリーのLED


どこの家でもクリスマスにはイルミネーションを屋外や室内に点けることがはやっています。
以前であれば白熱電灯を使用していましたから、ちいさな構造を考えることはできませんでした。
LEDを使用することによって、様々な光らせ方が出来るようになってきたのです。
白熱電球をLEDにすることで省エネ効果も期待できます。
家庭で出来る省エネとして人気が高まっているのです。
LEDは消費電流が少ないですから、各種アイデアが出てきます。
パソコンに取り付けて、そこから電気を取り出して光らせることも可能なのです。
屋外に設置しているイルミネーションはライトの数の割には大して電気を消費していないのです。
蛍光灯の看板の方が大いに電気を消費しているのです。
また、光の色などバリエーションを楽しむことができます。
通販などでは各種形のクリスマスツリーが販売されています。
同時ににぎやかなパーティーになることでしょう。
パソコンに付けておくことで、気分を変えて仕事が出来るかもしれません。
今までのクリスマスツリーと比べると価格的には幾らか割高です。
それはメイド・イン・チャイナなどで製造コストが小さく抑えられていたことが考えられます。
ただし、LEDは外国ではめったに生まれていませんから、コストを押し下げることができないのです。
これからの時代はLEDの時代と言ってもよいでしょう。
多くの家庭でLEDのクリスマスツリーが一般的になるかもしれません。
あなたもインターネットで調べて購入を考えてみませんか。
各種イルミネーションがあることに驚くかもしれません。

ソーラーLED

照明を作る時に電気が必要ですが、それは同時に電気工事を伴うことになります。
街角だけではなく、玄関や門扉のところに照明を付けようとすると、照明以外の部分の費用が無視できないということです。
そこで最近流行りのソーラーLEDを紹介ください。
地面に埋め込まれた太陽電池とそれによって光るLEDを組み合わせたものです。
LEDは省エネの切り札と言われるほどに消費電流を押さえ付けることができますから、太陽電池が発生する電気エネルギーで十分まかなうことができるのです。
メーカーのカタログを見てみますと、概して1日3時間程度日光に当てることができれば夜になって光らせることができるようです。
填め込み型であり、配線等が一切ありませんから工事も簡単です。
ビルの壁面などに使用しているケースもあるようです。
設置場所を選びませんから、ビルのイメージアップには効果的ではないでしょうか。
照明の色もたくさんあります。
ビルに高級感を持たせることができるのです。
電気を一切使用しませんから、省エネとしても有効でしょう。
また、内部は防水構造になっていますから、メンテナンスをする必要はありません。
取り付けたら建ものを壊すまで、使用積み重ねることができるのです。
LEDもソーラーも半導体でできていますから、実質的な寿命はないとして良いのです。
また、昼間の電気を蓄えておくバッテリーも特殊なもので寿命が長いものを使っています。
一番問題となるときの表面の傷ですが、特殊なポリカーボネイトを使用しているということです。
クルマが通っても傷が付きがたいのだそうです。

省エネを考える


地球温暖化がすすむことによって、一層その対策を考えていかなければならない時代になってきました。
京都議定書の中でLED照明ということが注目を集めています。
省エネ効果が厳しいということなのです。
照明は人の生活にとって所要ものです。
照明に必要な電気量は世界中を考えてみると、膨大な量となります。
それが何とか半分になるからには、二酸化炭素削減の効果がいやに期待出来るということです。
省エネ対策として、家庭でも職場も出来るということもあります。
今までのLEDでは明るさに問題がありました。
信号機や街灯など明るさが一定以上なければ使用することはできません。
但し、各製造会社の技術開発が進み、利用可能なLEDが生産わたるようになってきたのです。
また、LEDの寿命は長く、白熱電灯と比べると約10倍にもなりますから交換のコストも大幅に削減されます。
現在使用している照明の蛍光灯や白熱電球をもちましてLEDに交換出来るタイプも各社が販売しています。
また、本体ごと交換する場合には形状も小さくなるようです。
これからは新築のビルや一般家屋での採用がすすむのではないかと考えられます。
殊更電気をたくさん消費する大型の看板などから、採用されるということです。
1年間の電気代を考えれば数年でLEDへの交換費用がペイ出来る計算になるのです。
価格は高いのですが、将来を考えれば十分元が取れるということです。
あなたの家の照明はどのくらい電気を消費していますか。
電気代を計算してみましょう。
それをLEDに交換したときの電気代を比較するとうれしいでしょう。

省エネと電気

省エネと電気について考えてみましょう。
電気をこまめに消しましょうといった広告をよく見ますが、電気の消費を燃やすことでどのくらい省エネに効果があるのでしょうか。
その前に、電気はどのようにして作られているのでしょうか。
電気は発電所で作られてから、工場や各家庭に送電線を通して供給されています。
天然ガスや石油、原子力のエネルギーで電気を発生しているのです。
日本での発電量は年々増加しています。
それは使用量が増加しているからです。
家庭でも仕事場も電気をたくさん使っています。
最近は夏も冬もエアコンを使用するところが多くなってきました。
電気量は伸びる一方なのです。
電気を起こすために石油などを燃やしまうから結果として二酸化炭素を排出することになります。
電気を使用するということは、間接的に二酸化炭素を排出していることに他なりません。
各家庭や職場での電気消費量を燃やすことによって、発電所の石油などの使用量を削減することができます。
このことが省エネとなるということなのです。
但し、こまめに電気を消したとしても大きな効果は期待できません。
それは、一日中点けておかなければならない照明などがあるからです。
一番いい例は交差点の信号機です。
青、赤、黄のどれかが1年中点灯しているのです。
日本中、世界中を考えたら、かなりの電気消費量になります。
そのため最近ではLEDへの交換が得るようになってきたのです。
LEDは電球よりも電気消費量が少ないですから、省エネに効果が高いと注目を集めているのです。