LEDとアクオス


アクオスを知っていますか。
シャープが販売している液晶テレビです。
最近これがLEDアクオスとして販売されるようになりました。
次世代液晶パネルと、高効率LEDバックライトを備えた次世代のテレビなのです。
テレビはブラウン管から液晶へと省エネが進められています。
そうして、LEDを使用することにより再び省エネが進められるということなのです。
最近の電気製品のコンセプトとして省エネということは欠かせなくなってきています。
テレビはその性質上からかなりの電力を消費します。
ですから、多少なりとも省エネを考えて行く必要があるのです。
かつてシャープはLEDの生産に携わってきました。
その技術力を使って、LEDアクオスを誕生させたのです。
従来の液晶テレビに対して約30%の省エネ効果が期待されると言われています。
またLEDは水銀などの有害もの質を含みませんから、その点でも環境に容易いと言えるでしょう。
また、液晶が不得意なものとして、ハイスピードに変化する画面です。
それに対してLEDはその原理から瞬間的に明暗を変化させることができます。
消費電力を引き下げることで画質が低下するのでは、消費者の支持を得ることはできません。
ですから、性能を以てとして消費電力を抑えたLEDアクオスはこれから注目されていくでしょう。
AVオブザーバーの鴻池賢三氏がLEDアクオスの革新技術を紹介しています。
シャープのホームページにそれが細かく書かれているのです。
他社でも同じ製品を出してきています。
テレビがまた目新しい世代になったと言えるのかもしれません。

LEDのルームランプ

省エネを考えるらよく出るのがハイブリッドカーでしょう。
電気とガソリンで働く自動車です。
省エネ効果を上げるためには自動車が消費する電気を燃やすことが大事です。
その一つとしてルームランプをLED化するというものがあります。
省エネということではなく、室内の雰囲気を取り換えるという目的の人もいるようです。
LEDによるルームランプについて紹介ください。
通常の自動車ではルームランプは白熱電球を使用しています。
そのため点けたままにしておくとかなりの電気を消耗しています。
小さくても無視できないのです。
LEDと白熱電球を比較した時折電気は8分の1ぐらいになると言われています。
明るさは逆にLEDの方が明るくなります。
もちろん、LEDのメーカーによって各種タイプがありますから、真に付けようとしているのであれば、事前に調べておくことが大事です。
また、LEDの特徴である寿命は白熱電球の数倍になりますから、先ず取り付けたら廃車にするまで交換の必要はないとしてよいでしょう。
自動車を購入した時には標準装備としては白熱電球が付いています。
LEDにしたければ、後から交換する必要があります。
そしたら、現在の技術ではLEDの値段はかなり高くなっています。
惜しくも省エネが進んで、LEDが標準とならない限りは価格の破格低下は見込めないと考えられます。
また、交換作業も自分でできる場合もありますが、業者などに頼んだ方が確実でしょう。
最も、LEDの交換に興味があるような人なら、車いじりもスキな人が多いかもしれませんね。

LEDの看板


ビルの屋上などで昔から宣伝のためのネオンサインが光っていました。
それは名前の通りネオン管を通じて文字などを作っています。
蛍光灯と同じような仕組みですから、電気代はかなり掛かります。
地球温暖化の対策として省エネが注目を集めている現代ですから、煌々と照らす照明を点けることは逆に自社のイメージを酷くするとも考えられます。
イメージ戦略と電気代の節約というふたつの効果を期待して、看板のLED化がすすむようになってきました。
通常の看板は建もののおっきい部分に押し付けられますから、交換するだけで費用が加わるのです。
ネオンサインの一部だけで切れた看板を見掛けることがありますが、あれでは逆効果になるような気がしてなりません。
それに対して、LEDであれば寿命が長いですから、概ね交換する必要がありません。
LEDで看板を作るという技術は今や確立されています。
如何なる形や色であっても制作可能です。
ネオン管のようにひと筆書きにする必要もありません。
また、消費電力が少ないですから熱を持つこともありません。
看板はその役目から考えても、点灯しておく時間が長い照明と言えます。
LED化することの効果は大きいと考えられるのです。
設置工事の時に必要な費用は数年で回収出来るかもしれません。
あなたが店舗を構えてあり、看板を取り付けているのであれば一度LEDの看板を検討してみてはどうでしょうか。
これからの時代にマッチしたものと言えます。
現在のLEDは価格が高くなっていますが、省エネがすすむことにより価格低下も期待されます。