トイレトレーニングのスタート


トイレトレーニングの初期はいつころが良いのか分からずに悩んでしまいますよね。
ここではトイレトレーニングをスタートさせる目安となる事をいくつか挙げてみたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。
一般的に1歳半~2歳位に始める人が多い様ですが、3歳になってもオムツが飛びない子もやはりいますのであくまで参考という形で見て下さいね。
先ずはお子さんが「つらい」とか「熱い」とか、自分で考えている事を口にして出せる様になった時、また「何か食べたい」「おもちゃが欲しい」等と自分のやる事を呼べる様になった時期と言われています。
口に出して自分の思っている事を呼べる様になるという事は、ある程度人の話も理解出来ているという事になります。
そんなにする事で「おしっこしたい」とか「ウンチがしたい」という様に意思表示できる様になりますので、トイレトレーニングを始める目安として考えられるでしょう。
次はおしっこをする間隔が2~3時間と長くなってきたころが良いと言われています。
大体2歳位になるとお子さんの身体の発育の関係で、膀胱におしっこが貯められる様になってきます。
それほどすると、おしっこを我慢するという事を覚えていく事が出来る様になるのです。
だからこの位の間隔が解く様になるとトイレトレーニングを始める時期としては良いと言われているのです。
これらの事が出来る様になっていると、トイレトレーニングを通しても結果を出せると言われています。
やはりこれが出来るからと言って、スムーズにトレーニングが進むという訳では有りませんが、1つの目安として見てみて下さい。

トイレトレーニングのスタート【冬にスタート】


いかほどトイレトレーニングをするのは夏が良い時期だよと言われても、お子様の成長を季節に積み重ねる訳にはいきません。
冬にやる場合があるお子様だっているというのです。
また、夏にトイレトレーニングを終わらせていたとしても、冬の寒い時期に後戻りして仕舞う子供も多い様ですので、再びトイレトレーニングを通じていかなくてはなりません。
なので冬のトイレトレーニングを行う方法をご紹介したいと思います。
【トイレにいざなう】
冬は夏に比べておしっこが出やすくなるので、トイレに行く回数自体が伸びる様になります。
一際ご飯を食べた後は赴き易く陥るみたいですので、「ご飯を食べた後」「ご飯を食べて1時間後」「ご飯を食べて2時間後」という様にご飯を食べた後に3回位トイレに誘ってみましょう。
間隔を半間隔で誘っても良いと思います。
結構お子さんの場合はおしっこも大量に出ると思いますよ。
【着替えを準備する】
冬はおしっこが近くなるという反面、寒いので洗濯をしても洗濯ものが乾きづらいという状況でも有ります。
ですからトイレトレーニングを失敗しても最適様に、着替えはまさか多めに用意しておくと良いかもしれませんね。
【トイレを快適に】
冬はどうも寒いので、トイレに行くも嫌になるし、トイレ自体も寒くなっているかもしれません。
そうすると子供だってトイレに行きたくないって思っちゃいますよね。
なので、トイレにお子さんの楽しみに達する様なものを捨て置くとか、子供に何かさせて楽しみを作るとかして、トイレに行く事を楽しませてやる様な快適空間作りを通じてあげましょう。

両者目以降のトイレトレーニング


もしもトイレトレーニングをしようとしているお子さんが両人目以降の場合、他のお子さんが依然幼い場合、又は今妊娠中の場合に、別のお子さんのトイレトレーニングをするのは結構困難事だと思います。
もしも今妊娠中で、他に1人トイレトレーニングをする時期のお子さんがいるだけならば、ぜひ現れる前にトイレトレーニングを済ませておく事をお勧めします。
ただでさえ困難トイレトレーニングです。
世話をする子供が1人だけなら依然仮になりますが、二度と低いお子さんがいる場合に面倒を見ながらトイレトレーニングをする余裕なんかないと思うのです。
ですから、ぜひ他のお子さんに手がかからない内にトイレトレーニングを済ませてしまいましょう。
ただし、仮に妊娠中の場合は必ずや安定期に入ってからトイレトレーニングをする様にください。
無理をしては大変です。
無理をしない程度に心に余裕がある時期に行いましょう。
また、お子さんが1人で便器に座れる様な補助便座を使う様にすると良いと思います。
抱っこしたり降ろしたりするのを毎回やっていると、万が一切迫流産や切迫早産になってしまわないとも限りません。
ですからお子さんが自力で出来る様な工夫もしてあげる様にするとお母さんの身体への負担が少なくなります。
また大きなお子さんがいる別途お手伝いをしてもらうと言うのも1つの方法です。
「ほら、お姉ちゃんの様にやってみて~」とかお手本を見せて挙げる事も出来ますから、良いと思いますよ。

トイレトレーニングはいつまでに終わらせれば良いのか


トイレトレーニングはお子さん個人個人の成長によって行っていけば良いので、必ずしもこの時期までに終わらせておかなくてはいけないというものは有りません。
但し、もしもお子さんを幼稚園に入れたいなって考えている場合は、このトイレトレーニングがネックになる場合もある様です。
幼稚園によってはトイレトレーニングが終わってないと盛込みないと謳っている幼稚園も見て取れるそうなのです。
今は幼稚園の待機児童もいますので、受け入れて受け取る幼稚園が有るなら入れたいと思いますよね。
お子さんを入れたいとしている幼稚園が如何なる条件を提示しているのかよく把握した上で決めなくてはなりませんね。
だからといって、その幼稚園に加える為に必ずトイレトレーニングを止める事は有りません。
必ず行っても後戻りしたりトイレ嫌いになっておもらしをする様になったりして仕舞う可能性が有るからです。
今のお子さんの傾向としてトイレトレーニングの終了時期が手っ取り早いという傾向にあるそうです。
これはお母さんが絶対にこの時期までに終わらせたいとしているからだと思います。
もしも、幼稚園でオムツトレーニングが終わって無くても望ましいとしている所の場合は、着替えを多めに持たせて通園させる等、ケースバイケースで対応する様にしていくと良いでしょう。
出来れば幼稚園に通わせる時はオムツが飛びていた方が理想ですが、それに合わせて必ずトイレトレーニングを行わない様に、お子さんの成長によって、焦らずに行っていきましょう。