読者モデル「水野佐彩」


「水野佐彩」は、CanCamやJJの読者モデルとして活躍していますが、念願だったCDデビューを果たしました。
彼女は、がんらい歌手になりたくて、歌の練習ばかりやってきたのですが、大学に入学してから読者モデルになって、“自分の居場所”がよくわからなくなったこともありました。
本当は歌手志望なのに、読者モデルとしての居心地が酷くなかったり、だいぶ楽しかったりしていました。
でも、「引き続きこれでいいのかな・・・」としているときに、今回のCDデビューが決まったのです。
そうして、今では歌うことをメインとしています。
大学に通いながら、毎日読者モデルとして、1日にいくつもの撮影を通していましたが、大学の友達とはズレを感じることもなく、どうしても仲良く過ごしていたそうです。
読者モデルとして多くの撮影をこなしていたころと比べ、メイクや生活に変化が出てきたようです。
メイクは全体的に小さくなったそうです。
付けまつげやまつげのエクステをやめて、画面にどれだけナチュラルに写るかを考えているそうです。
生活面での変化は、更に食生活が変わったそうです。
以前の彼女は、3食全てお菓子で済ましてしまったり、ランチがアイスクリームだったり、そういった生活が普通だったそうですが、今では、肉や魚、野菜を積極的に取り入れているそうです。
5月26日にデビューシングル「My Secret」が発売されましたが、これはアニメ「会長はメイド様」のオープニングテーマとなっています。
水野さんは、みんなにこの歌を聴いてもらって、読者モデルとしてだけでなく、歌を歌っている自分を知ってほしいそうです。

カリスマ読者モデル「田中里奈」


「田中里奈」は、多くの雑誌で活躍中の“カリスマ読者モデル”です。
また、ファッションイベント「Fairy Tale」にもレギュラー出演しており、ブランド「SHUSHU」では、彼女自信が作品をデザインしています。
その抜群のファッションセンスで、人気読者モデルとして多くの雑誌にひっぱりだこの田中さんですが、おしゃれの秘密はベーシックの中にもトレンドを含めることです。
最近彼女が注目しているブランドは、「kitson」や「H&M」などのLAブランドです。
トレンド感あふれる旬なデザインを盛り込み、いくつかのブランドを選ぶところから、彼女のファッションセンスの良さが伺えます。
そんな彼女のファッションをより引き立てるのが、長年大切に愛用してきたアイテムです。
たとえば、ZARAの靴は数年前に購入したもので、ベースとなるものは流行を追いすぎない、何年も助かるものを選ぶそうです。
また、ジュエリーも長い間もちられるものを憧れ、今でも高校時代から愛用している指輪を付けています。
最新のトレンド情報に触れていながらも、自分に実際見合うものを分かるところがさすがです。
ツヤがありもち肌の田中さんは、肌に対して無理はしないれけど、正しく効き目のあるものを選ぶそうです。
彼女のお気に入りは、IPSAの「メタボライザー」です。
もともとは肌が強かった彼女ですが、読者モデルを通して撮影用のメイクを繰り返したことで、肌荒れを急にはじき出すようになりました。
なので、使用して保湿効果と美白効果が現れたのがこの商品だったようです。
自分の心や肌が漁るものを、はたしてわかっている田中さんの魅力は、必ずしも背伸びをせずに、自分の個性を大切にしているところでしょう。

ショップのプロデュースも手掛ける「平田恭子」


「平田恭子」は、人気読者モデルとして、ファッション雑誌「JJ」や「ViVi」などで活躍しています。
現在では、彼女自身がプロデュースしたセレクトショップ「Lani」の代表としても勤め、彼女が買い付けてきた数々のアイテムはとても好評となっています。
彼女が読者モデルとしてデビューしたきっかけは、読者モデルのファッションコーディネーターを通じていた、幼馴染の友人のところへ遊びに行ったことです。
それは18~19歳のころで、雑誌「ViVi」の撮影でした。
読者モデルに本当にになってみると、結構普通の女の子では経験することのできないことを、たくさんできて何とも楽しかったそうです。
殊に、思い出に残っていることは、「キャメロン・ディアス」にインタビューをしたことだそうです。
平田さんはキャメロン・ディアスの大ファンであったため、どうしても快くて抱きついてしまったそうです。
平田さんの趣味は、音楽を聴くことです。
さまざまなジャンルの音楽を、そのときの気分によって選んで聴くそうです。
スキな洋服のブランドは、「Free People」がかわいくて気に入っているそうですが、自分で選んだ洋服がやっぱり一番のようです。
彼女のきれいを維持する秘訣は、「無理をしないこと」です。
そうして、殊更生活で気を付けていることは、添加ものが含まれている食品やファストフードは、それほど食べないようにしているそうです。
ファッションのこだわりは、絶えず“テーマ”をもつことです。
その日立ち寄る場所や気分において、テーマを考えて、洋服や髪型、メイクを決めるそうです。
今後の活動は、更に皆に「Lani」のことを知ってもらって、お店に遊びにきてもらえるように、ガンガンPRして行くそうです。

ママモデルにあこがれる「細川真奈」


「細川真奈」は、雑誌「CanCam」や「JJ」などで活躍している読者モデルです。
細川さんが読者モデルになったきっかけは、仲の良い友人が読者モデルを通していて、大学1年生のときに雑誌「Ray」のアンケート会に参加したことです。
そこで写真を撮ってもらい、その後、写真に呼ばれるようになり、それがじわじわ広がって、いくつかの雑誌にも載るようになりました。
彼女は、高校時代から読者モデルになりたいとしていたので、嬉しさ半分緊張半分だったそうです。
実際に読者モデルになると、買いものやメイクをすることが以前よりも面白くなったそうです。
読者モデルを通している仲間は、買いものがスキな子やおしゃれな子が多く、情報交換が出来るので興味深いそうです。
憧れのモデルは高校時代からファンの「蛯原友里」で、毎日“エビちゃん”のクリアファイルを持ち歩いています。
また、「釈由美子」「中川翔子」「ほしのあき」などのグラビアアイドルもスキで、彼女たちのナチュラルさに惹かれるそうです。
細川さんは、始終読者モデルに憧れていたので、結婚してからも、子どもができてからも続けて行きたいそうです。
また、“ママモデル”にも憧れているそうです。
美肌を維持する秘訣は、乾燥肌を予防するために、スチームを週2回行って保湿することです。
また、パックやビタミン剤も使用して、お肌の手入れを心がけています。
生活面で気を使っていることは、食事に野菜を取り入れることと、なるべくあるくことです。
思う存分憧れていた読者モデルの夢を叶えた細川さんは、ファッションや美容に関して、自分をますます美しく見せつける努力をする、しっかりものの大人の女性です。