「Beauty*fan」の読者モデル「庄司文絵」


「Beauty*fan」の読者モデル「庄司文絵」を紹介します。
庄司さんがスキなBeauty*fanのコンテンツは、美容の企画はもちろんのこと、ライフスタイルに関するコンテンツもスキだそうです。
また、資格を取得することも興味があるので、検定試験のコーナーをよく見極めるそうです。
旅行もスキそれで、宿特集もちらほらチェックしているそうです。
読者モデルとして、きれいになるために心がけていることは、ヘルシーな料理を自分でつくったり、“ビューティファイル”を作成したりしていることです。
ビューティファイルとは、ファッションや料理など、素敵だと感じた雑誌の記事などをスクラップして、どういうことが素敵だと思ったのかを書いたり、それを自分で活かしてみてどうだったかを反省したりしているそうです。
お気に入りのファッションは、体のラインが美しく思えるものだそうです。
心がけていることは、シンプルな中にも、さりげなくフェミニンさを含めるようなスタイルにすることです。
女性として意識していることは、ある程度“品”を持つことです。
庄司さんは、栄養士の免許をもちましてあり、きれいに生まれ変われる美味しい料理を見つけるのが得意で、彼女のブログではレシピを紹介するなど、その腕前を披露しています。
食べるものにこだわって生まれた彼女の美しさが、思い切り健康的で可愛らしいです。
美しく達するということは、誰かと確かめるのではなく、自分が出来る一番きれいな姿を目さすことだと庄司さんは語ります。

「Beauty*fan」の読者モデル「米倉千佳」


「Beauty*fan」で表紙を飾った読者モデルの「米倉千佳」を紹介します。
米倉さんが美しさを維持するために、普段から気をつけていることは、「もの事をポジティブに練ること」だそうです。
それほどすることで、自然と笑顔が出るそうです。
「美しさ」とは、当然外見も大事でしょうが、真の美は体の内面から自然と起こるもの、と彼女は語ります。
また、美の天敵は“ストレス”なので、いつもポジティブでいることで、ストレスを溜め込まないようにし、絶えず心に「気楽に行こう」と唱えているそうです。
米倉さんは、さまざまなビューティーグッズを使用して、美しくのぼるために至極努力しています。
例えば、スキンケアには「SK-2」を使用しています。
ホームホワイトニングキットで、歯のホワイトニングを通しています。
美しいスタイルを保つためには、「YA-MAN(ヤーマン)」のゲルマローラーで、空いた時間にコロコロして、引き締めています。
乾燥肌の予防には、スチーム式のナノケアでケアしています。
一層、体脂肪を減らすためにサプリメントを飲んだり、健康のために青汁豆乳を6~7年前から愛飲したりしています。
米倉さんは、自分の性格は男くさいため、外見だけは少なくとも女の子らしくしようと憧れ、フェミニンなファッションが多いそうです。
また、背が低めなので、スカートの丈に気をつけたり、ヒールを履いたりして、全体的なバランスを考えているそうです。
目標としている「女性」は、ゆとりがあり穏やかな女性、人に対して手厚い女性、謙虚さを忘れない思いやりのある女性だそうです。
米倉さんは、みんなの夢見る読者モデルとして、努力を惜しまない女性です。

「Beauty*fan」の読者モデル「高崎沙綾」


「Beauty*fan」の読者モデル「高崎沙綾」を紹介します。
高崎さんがBeauty*fanでよく確かめるのは、ヘアスタイルのコンテンツだそうです。
ここには、流行の髪型が載っているので、美容院へ行く前には毎回チェックしているそうです。
また、スペシャルインタビューやアドバイザーのページは、美容に関する多くのヒントが含まれているため、どうしても読むようにしているそうです。
高崎さんが日頃から美容のために気をつけていることは、自炊を通してできるだけ多くの具を含めることです。
例えば、冷まし中華の場合は、麺がみえないほど野菜や海草を盛ったり、圧力鍋を通じてたっぷりの野菜でポトフを作ったり、冬はよくお鍋にしたりするそうです。
“1日30品目”を目標にすると、外でランチを摂る時も、メニューの選択に気をつけるそうです。
高崎さんの仕事は内勤なので、足がパンパンにむくんで仕舞うことがあるようです。
むくみは足が分厚く罹る原因の一種なので、マッサージクリームとコロコロと亡ぼすマッサージ器でケアしています。
また、就寝時は寝ながら履ける「メディキュット」を使用しています。
ファッションでは、カジュアルスタイルがスキだそうです。
また、仕事の後の予定によって、通勤ときの服装を決めるそうです。
例えば、デートの時はワンピースにしたり、料理教室に行く時はデニムにしたりしています。
最近では、洋服を選ぶ際は、ファッション性だけを確かめるのでなく、自分に合うか、組み合わせが出来るか、着心地が良いかなど練るようになったそうです。
また、自分に当てはまる美しい服を選んでも、髪がボサボサだったり、肌がカサカサだったり、体型がひずみたりしていたら、カワイイ女性とは言えないので、全身のチェックとお手入れは欠かせないそうです。
高崎さんは、みんながあこがれる読者モデルになるために、心から努力している女性です。

「Beauty*fan」の読者モデル「小西さやか」


「Beauty*fan」の表紙を勤めたことのある読者モデル「小西さやか」を紹介します。
美しく上るために気に掛けていることは、髪の美しさと体型をキープすることです。
プロのモデルさんは、髪がまったくきれいなことに気付き、美容院でよくトリートメントを通しているそうです。
体型を保つためには、ヨーグルトやフルーツを朝食に摂り、昼食はしっかりと食べ、夕食は豆腐やサラダなどの軽々としたものを食べるようにしています。
こうすることで、おやつを食べても、体重をキープ出来るそうです。
“女性”として意識的に行っていることは、人生の種類を考えることです。
結婚や仕事、出産などで生活が一変する女性は、自分の夢だけを追い積み重ねることは難しいです。
そのため、全てを見切るのではなく、種類を事前に突き立てることとしているそうです。
結婚はいくつまでにはして、子どもはいくつで産んで、やりたい仕事はいくつとして関わる、といった女性だからこそ考えるべき悩みを組み入れた、自分の人生種類を立てるのです。
小西さんの目標は、夢にかけて挑戦することです。
読者モデルも応募しない限り、選んで味わうことはありません。
やりたいと思ったことは何でも挑戦することによって、またそこから輪が広がって、真新しい夢が見つかり、挑戦することにつながっていくような気がすると、小西さんは言います。
学生時代には、思いきって「ミスJR」に応募して、見事に選ばれました。
その後、ファッションショーなどに呼ばれるようになり、たくさんの経験ができたそうです。
小西さんはBeauty*fanの読者モデルになったことがきっかけで、夢が適い新規夢も開けたのです。

「Beauty*fan」の読者モデル「河野杏美」


「Beauty*fan」の読者モデルで、番組のアシスタントやテレビコマーシャルも活躍している「河野杏美」を紹介します。
河野さんの美しさの秘訣は、たっぷりと睡眠を食べることで、平均8時間は寝るそうです。
また、毎日欠かさずビタミン剤を呑み、水分もたっぷりと補給するように心掛けているそうです。
でも、最も大切なのは、運動を通じてよく汗をかくことだそうです。
元々アトピー肌だった河野さんは、継続的にスポーツをすることで治ったそうです。
大量に汗をかくことにで、老廃ものの排出が促されて、新陳代謝が直し、肌のトラブルも改善されるのでしょう。
運動するのが苦手という人は、ゲルマニウム温浴や岩盤浴へ行くだけでも効果があるそうです。
また、水泳も水中で汗をとてもかいているのでお薦めです。
美しさを維持するためには、洗顔にとらわれることです。
愛用しているのは、悠香の「茶のしずく」と佐賀でのみ販売している「ハーブ洗顔」です。
また、素敵な女性になるために、いつも元気で明るく、笑顔でいることを心がけているそうです。
憧れの女性は、女優の伊藤美咲さんや高島礼子さん、歌手の安室奈美恵さんだそうです。
河野さんは、Beauty*fanの読者モデルとして、始終美容を意識するようになって、たえず自分らしく思い出に残るように、嬉しい生活を送っていると語ります。
常にニコニコと笑顔でいる河野さんは、肌が美しく透き通っていて、はなはだ手厚い印象ですが、個性を大切にするしっかりと芯の通っている女性です。