プロポーズの花言葉


おんなじ愛の告白も、依然として他人、あるいは友人という関係の相手へ愛の告白をするケースと、もはや恋人関係になっている相手に再び愛の告白をするのとでは、ほとんど意味合いが違ってきます。
後者のケースでは、その多くがプロポーズということになるでしょう。
すでに愛情を育んできた中で、再び愛を告白するというのは、プロポーズをする場合に限定されることが多いですね。
そんな時にいかなる花言葉が相応しいかというと、「あなた」という言葉が含まれている花言葉が良いと思われます。
「あなた」という言葉には、特別な魔力があります。
それは、現在の恋人をさす言葉。
特別な人をさす言葉です。
従って、その花言葉を知った異性は、自分がその相手にとって特別であるということを再認識することになるでしょう。
非常に大きな意味を持つ言葉です。
「あなた」という言葉を有した花言葉には、アネモネの「あなたを愛します」、ブーゲンビリアの「あなたしか見えない」、シロタエギクの「あなたを助ける」、ヒヤシンスの「あなたとなら幸せになれる」等が挙げられます。
断然ヒヤシンスは、他にも「貫く愛情」という花言葉を所持してあり、プロポーズというシチュエーションには極めて有効な花と言えます。
プロポーズは、一生の中で最も重要なことと言っても過言ではないくらいの大会。
その多くは、男性から女性について行われます。
相手の好みも知り尽くしている中で、相手のスキな花をささげるということも考えられますが、花言葉もしっかり頭の中に入れて花を贈れば、後々可愛い思い出になるでしょう。

プロポーズの際に送るオススメの花


プロポーズの際に贈る花言葉としては、「あなた」という相手を直接指し示すような言葉が入っている花言葉が望ましいでしょう。
また、それ以外にも、プロポーズを暗に示しているような花言葉もいくつかあるので、そういう花言葉を有する花を用意するとよりわかりやすいのではないでしょうか。
プロポーズの際に捧げる花として望ましいのは、アイビー、アカンサス、ブルースター、ローダンセ、スターチスといった花です。
アイビーの花言葉は、「死んでも離れない」。
アカンサスの花言葉は「離れない結びめ」。
ブルースターは「信じ見合う心」。
ローダンセは「変わらぬ思い」。
そうしてスターチスは「変わらぬ誓い」となっています。
これらの花言葉に共通しているのは、結婚後の自分達が永遠に貫く、愛を不変的ものとして捉えているところです。
それはすなわち、プロポーズの言葉としては最適と思われます。
そういった意味では、こういった花を花束にしたり、あるいは鉢花として予め贈っておいたりして、プロポーズの意思があることを触ると良いでしょう。
プロポーズの際、用意する物としてはいよいよ「指輪」があまりにファーストチョイスとなるため、花はまさか贈りがたいという面があります。
そのため、プロポーズの際に捧げるよりもその前後に捧げる方が相手も喜ぶのではないでしょうか。
プロポーズをするときのデートの最初のコンタクトや、プロポーズ後、家に招いた時等にあげると良いでしょう。

片想いの花言葉


告白の際に捧げる花と違い、片想いの際にそっと想いを伝える花言葉の場合には、奥ゆかしい表現となります。
たとえば、オシロイバナはその典型ですね。
オシロイバナは見た目も非常に質素で狭く、奥ゆかしさを感じる花ですが、花言葉も「あなたを思う」という片想いのものがあるのと同時に、「内気」「臆病」等といったある意味片想いの本質とも言える言葉が並びます。
こういった花言葉を持つ花は、片想いの相手に対して差しあげるというよりも、こういった花を自分と照らし方向づけることで、内面安定を得るという使い方の方が多いのかもしれません。
片想いの花言葉を持つ花は、他にもあります。
ペンステモンやトリトマといった花もそうです。
ペンステモンの花言葉は、「あなたに見とれています」。
トリトマの花言葉は「恋する胸の痛み」、「切実な想い」です。
ここで、おんなじ片想いの花言葉も、やや傾向が異なっているということがわかりますね。
ペンステモンの場合は相手へ申し立てるような花言葉なのに対し、トリトマの場合は自分へ働き掛けるような花言葉です。
オシロイバナの場合は、その両方を携帯していると言えます。
片想いは、厭わしいのと同時にとにかく充実した恋愛とも言われています。
自己完結なので、実ることのないやきもき感がある一方、相手からづらくあたられるということもないので、本当の意味で酷い恋愛というわけではありません。
従って、片想いという期間は、本当は結構幸せだったりします。
とはいえ、それは飽くまでも平等な視点で過去を振り返った場合に感じるものであって、当事者にとっては報われたいというものです。
そういう想いを、これらの花に集めると良いのではないでしょうか。

片想いの相手にささげるオススメの花


片想いの花言葉は、基本的に片想い相手へのメッセージとなっているものと、片想いしているあなたを象徴しているものとの2パターンがあります。
従って相手に差上げるのであれば、前者の花言葉を有する花が良いでしょう。
後者の花の場合は、片思い中の自分を自覚することも踏まえて自分の部屋に飾っておくと良いかもしれませんね。
それはさておき、片想いの相手に捧げる花としてオススメなのは、パンジーです。
パンジーは、さほど知名度の厳しい、綺麗な花です。
そのため、贈りものとしては割と普通に利用されています。
あんなパンジーの花言葉は、「私を想って」「純愛」等です。
自分を見てほしい、振り向いてほしいという思いを込めてこの花を贈れば、想いが成就する…というわけではないかもしれません。
また、パンジーの花言葉を相手が知っている可能性も、はっきり言って安いでしょう。
ですが、それを贈ることで何かが変わる可能性は十分にあります。
一番変わるのは、あなたです。
かりにも、そして暗にではありますが、告白したも当然なのですから。
告白する勇気がないという人は、まず片想いの人にこういった花を贈って練習してみると良いのではないでしょうか。
尚、パンジーの他にも、リナリアやジギタリスといった花も、片想い相手へのプレゼントとしては有効です。
リナリアは「私の恋を知ってください」、ジギタリスは「隠しきれない恋」という花言葉があります。
いずれももの悲しい恋心を表現した花言葉ですね。