ケアマネージャーとは


介護保険において、デイサービスや訪問介護などを受ける時、その窓口として、介護サービス計画を吐出し、相談にのってもらえるケアマネージャーの存在はとても大きいです。
より良い生活を越すためには、可愛いケアマネージャーと出会うことも重要となります。
ケアマネージャーとはどのような人なのでしょうか。
ケアマネージャーは、ケアマネと呼ばれることも多いです。
ケアマネージャー(=介護支援専門員)とは、一口で言うと介護のサポーターです。
介護保険で要支援・要介護になった人が適切なサービスを受けることが出来るよう、介護サービス計画を作り上げる専業です。
訪問介護やデイサービスなどの利用の相談をし、業者の手配や申込み手続きなども行ってくれます。
介護サービスが必要となったときの相談を行い、利用者に適したサービスの紹介、医療との連携、費用計算など様々な面でサポートしてくれます。
このため、介護サービスを利用する際には、ケアマネージャーと長いおつきあいになります。
いざというときの相談先として力強い味方だが、断じて息が合う人とは限りません。
そんな場合には、ケアマネージャーの変更を申し出ることも可能です。
喜ばしいケアマネージャーに出会うことができれば、これからの生活においても大きな支えとなります。
デイサービスなどのわからない点なども、ケアマネージャーに相談してください。
ケアマネージャーを選ぶには、利用者の近くに住んでいる、ナースの資格を持っているなど利用者の状況を考えて選ぶことも大切です。

訪問介護とデイサービス


介護が必要になった高齢者が自宅で生活するために、様々な介護サービスがあります。
デイサービスやデイケアは、自宅から施設に通う介護サービスだが、自宅でサービスを受ける方法もあります。
そのひとつが訪問介護(ホームヘルプサービス)です。
ホームヘルパーが来て食事を作ったり生活の援助をするサービスと聞くと、わかりやすいでしょう。
訪問介護は、ホームヘルパーが利用者の家庭を訪問し、身体介護・生活援助を行います。
身体介護とは、食事や入浴・排泄のお世話をしたり、病院への通院の付き添いなどを立ち向かうことです。
生活援助とは、利用者の住んでいる家の掃除、洗濯、買いもの、ゴミ出しや、食事の準備や調理などを行なうことです。
要介護者へのサービスは利用者が自分1人ではできないことを支援します。
要支援者へのサービスは要介護にならないように、自分で出来ることを増やしていく目的があります。
そのため、たとえば食事の準備などを一緒に行なうことで、それがリハビリともなり自立した生活を促します。
しかし、花の水やりなど日常生活を届けるうえでホームヘルパーが援助しなくても支障がないと判断されるものには、介護保険を利用しての訪問介護を利用することはできません。
ホームヘルパーはお手伝いさんではないので、家事全般なんでも担えるわけではないので注意が必要です。
この他、夜間にホームヘルパーが利用者の自宅を訪問する夜間対応型訪問介護もあります。
デイサービスを利用する人も、この訪問介護も利用しながらデイサービスも利用する、など複数のサービスによって地域で暮らしている人が多くいます。
自立して暮らしていくために、上手にサービスによって下さい。

ショートステイ


デイサービスは、利用者が日帰りで食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを受けることができる施設です。
一方、短期間介護老人福祉施設などに入所して、食事や入浴のサービスを受けたり、機能訓練などを立ち向かうサービスをショートステイ(短期入所生活介護)と言います。
おんなじ短期間施設に入所するサービスだが、医学的管理のもとで介護サービスを受けるショートステイ(短期入所療養介護)もあります。
介護者が法事に出席するなどの冠婚葬祭時、介護する家族が病気になったなど介護者の休養の目的など、利用者と共に介護する人を助けるサービスです。
利用者にとっては家にこもりきりにならず日常生活に変化を送るもので、介護者にとっては夜じわじわ寝ることができてリフレッシュすることができます。
しかし、ピンチでなければ予約が数ヶ月先まで詰まっている場合もあるので、利用ときの確認をしておきましょう。
利用者の性格によっては、ショートステイが苦手な場合もあります。
ケアマネージャーなどと相談のうえで利用を考えましょう。
デイサービスで利用が慣れてから、ショートステイを考える、というのも1つの方法です。
また、どんな施設であるかを事前に見学しておくと良いでしょう。
このショートステイには自治体独自のサービスが独自に介護保険に加えられている場合もあります。
たとえば神戸市の緊急ショートステイサービスは、介護者が亡くなったりして緊急に施設に入所する必要がある場合に、短期入所を継続できるサービスです。
また、ミドルステイサービスまずは、介護者が入院などで介護ができなくなったまま退院まで最長3ヶ月まで短期入所により介護を受けられます。