犬のトリミングを選ぼう2


犬をトリミングに示す際、どんなお店を選んだら良いかのポイントが有ったら嬉しいですよね。
ペットにはトリミングをする事が必要ですが、自分じゃなくプロに頼んでしっかりやってもらうのもたまには良いと思います。
一層良しペットものの生活がくつろげる様にトリミングについてもしっかりとしていきましょう。
【チェックするポイント】
・犬に対して愛情があるかどうか
・お店は清潔かどうか
・トリミングを通している所を見学しても良いか何とか
・健康的なチェックをしてくれて、その報告をきちんとしてくれるかどうか
・犬がストレスになる様な態勢をさせていないか何とか
・トリミングを通していた最中の様子を飼い主さんにちゃんと伝えてくれるかどうか
・ご自宅でのトリミング方法、ご自宅でのお手入れ方法を教えてくれるかどうか
以上の様な項目に該当する項目があれば見て取れるもってこいと思いますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
【マナー】
犬をトリミングのお店に連れていく際、お店側の態度だけじゃなく、ペットを飼っている側のマナーも大切になります。
生きものを扱いますのでトラブルにもなり兼ねませんよね。
こうした事を除ける為にも、噛み癖が在る犬、シャンプーを異常に怯える、肌が敏感等、トリミングに関して心配な事は正しく接する事がマナーとなります。
またワクチンの接種に関する期限が切れている際も連れて行かない事がマナーとなります。
マナーを守り抜き、どちらにとっても気持ちが良いトリミング店を利用する様にください。

猫のトリミング


ペットとして猫を飼っている方も多いでしょう。
トリミングと言うと犬ばかりが取りざたされている様な感じがしますが、猫だってトリミングをした方が良いのです。
猫は自分の身体を舐めてブラッシングや汚れとり、臭い取りを通じています。
但し長い毛の猫の場合は自分の舌では舐められない部分もありますし、毛がもつれ易いので飼い主さんがブラッシング等を通じて挙げる事が大切だと思います。
猫は毛が軟らかいので手厚くブラッシングしてあげてくださいね。
家で猫を飼っている場合、爪研ぎが問題だと思いますが、猫の習性として爪をいかに切っても爪研ぎは行います。
爪を下回るよりは猫が自分自身で研ぐ為の場所を用意して売る事が必要だと思います。
そうする事で猫は心機一転やリフレッシュをするのです。
猫は水を忌み嫌う場合が多い様で、シャンプーをする時には逃がさない様にする事が大切です。
猫も犬も同じですが身体に対する毛が密に生えていますので、しっかり洗ってしっかり注ぐ様にください。
シャンプーが残ると皮膚に悪い影響を差し出す可能性が有りますし、猫の場合は自分の毛を舐めてグルーミングするので、身体の中にシャンプー剤が入ってしまうのを防ぐ意味合いもありますのでしっかりと出す様に注意しましょう。
干す時にもしっかりと、根元から干す様にしてくださいね。
ペットとして猫をもっと飼っていくのですから、トリミングもしっかりと行ってあげる様にください。

グルーミングやトリミングは行わないと不潔になります


愛犬や愛猫等、ペットのグルーミングやトリミングをする事は、いつもキレイな状態、眩しい状態を保つという事に繋がります。
ペットもそれによって清々しくなりますし、トリミングやグルーミングをする事自体がペットと家族とのコミュニケーションにも繋がります。
グルーミングでは基本的事としてブラッシング、コーミングが主となります。
行う事で汚れや抜け毛、もつれ、毛玉といったものをとりはらって、再度毛の中に在るムレも防げるようになります。
再度ブラシが地肌を刺激しますので、ペットの血行も良くなって新陳代謝を高めていきます。
またグルーミングを行わないと、ノミ、ダニ、細菌等から感染にあたって皮膚病等、様々な病気を引き起こしてしまう原因となります。
ペットを病気から続けるという意味でもグルーミングやトリミングは必要という事になるのです。
トリミングとして毛などの表面をお手入れする他に、耳のお手入れ、爪のお手入れ、肛門腺のお手入れ等も必要になります。
正しく行わないと色んな弊害をもたらす事になります。
そうしてグルーミングの大きなメリットとしてはペットの病気に対する早期発見を通じて吊り上げる事が出来るという事です。
お手入れをする事で身体の隅々まで触ってあげますよね。
毎日触っているとふとした違いにも至急気付いて言えるというのです。
トリミングは私で立ち向かうだけじゃなく、トリミングを通してくれる業者に頼む事も出来ます。
トリマーさんの視点からも色んな事を見つけてくれるかもしれません。
コミュニケーション、病気の早期発見と予防に、ペットのグルーミングやトリミングは必要なのです。