ペットのトリミング【ブラッシング】


ブラッシングはトリミングの基本中の基本です。
ペットを飼っているご家庭ではぜひ行ってあげましょう。
ペットの中けれども犬のブラッシングについてですが、長い毛の場合はピンブラシやコーム、少ない研修の場合にはブラシ、ラバーブラシ等がオススメです。
また毛がもつれたり毛玉になったりしている事が有りますのでそれを解きほぐす為にもスリッカーブラシが有れば尚良いでしょう。
ガシガシ毎日ブラッシングをするのではなく、毎日やるなら容易いブラシを、毛玉を取るならそれ用のブラシを使う様にして使い分ける様にください。
またもつれた毛や毛玉をほぐす場合には、ゆるゆる手厚く一カ所ずつ解きほぐす様にしていきましょう。
絶対に無理に引っ張ったりしないでくださいね。
また毛先が細いブラシの場合、力を入れてブラッシングしてしまうと皮膚を傷つけてしまう事になりますので、注意してくださいね。
また毛をほぐすだけじゃなくてブラッシングにはマッサージ効果も有ります。
血行が良くなる事で犬もリラックした状態でブラッシングをさせてくれるよ。
また虫や病気のチェックも出来る様になります。
ノミ等の虫がいるのを発見する事で様々な病気予防が期待できます。
だからぜひ立ち向かう様にください。
トリミングではブラッシングをしてからシャンプー、カットと始まって、最後にブラッシングで終わります。
大切な犬とのコミュニケーションとなりますのでぜひ毎日ブラッシングを通じてあげてくださいね。

ペットのトリミングについて


動ものが自分自身の毛を繕ったり、羽を繕ったりする事を「グルーミング」と呼んでいます。
そうして人間が犬等のペットに対して手入れをする事を総称して「トリミング」と呼んでいるのです。
「トリミング」は人間の美容院と同じ感覚で、ペット用のハサミやバリカン等を使って毛並みをカットしたりセットしたり、スタイリングしたりして毛並みを整えていきます。
これは「グルーミング」の中の1つと思って頂いて良いのです。
ではなぜペット(主に犬)にグルーミングやトリミングをする必要が在るのでしょうか。
グルーミングはたったきれいにする美容目的だけでは有りません。
健康上においても必要性が有るのです。
定期的にペットのお手入れをする事によって、ペットの身体は清潔に保たれます。
結果的に病気に加わりにくくしたり、見た目もスッキリと整えて受け取るのは断然必要だと言えるでしょう。
そうして犬の毛をいじくるだけではなく、トリミングでは耳のお手入れ、爪のお手入れ等も一緒にしますので、健康チェックも出来る様になります。
特に犬を始めとしてペットとなると大抵は限られた場所で過ごす様になりますので、家にいる事が手広くペットにとってストレスを感じる状態になるかもしれないのです。
そういう状態が身体に如何なる影響を及ぼすか分かりませんよね。
ペットを養う際には健康的な事も含めてトリミングで定期的にお手入れを通して見せる事が大切となります。
殊に犬は人間が長年をかけて手を加えて作り上げてきた動ものと言っても良いでしょう。
自分で毛づくろいをする能力自体は有ったとしても、自分で身体をキレイにする能力はめったに有りません。
ですから、飼っている飼い主が責任もってグルーミングやトリミングを通して差し上げる必要が在るのです。

ペットのトリミング【肛門線】


トリミングとして肛門腺のお手入れが有ります。
よくトリミングに連れて行くと肛門絞りも含まれています。
等と書いてありますよね。
何の事かよく分からないと思いますが、大切なペットの事ですので正しく覚えておきましょう。
犬には「肛門膿」と言う所が有ります。
ここには肛門の左右に臭い袋が有り分泌ものが入っているのです。
犬の行動を見ていると、お尻を床に垂らしながら前に進む行動、お尻を凄い気にする行動をする事が有ります。
そういった時は肛門腺の中に分泌ものが溜まっているというサインになります。
犬自身では処理が出来ないので飼い主が肛門腺を絞って挙げる必要があります。
ではどうして肛門腺を絞れば良いのでしょうか。
まず行なうタイミングとしては犬がサインを出した時ではなくて、定期的に行なうのが良いですね。
何よりシャンプーをするたまに行ってあげる様にすると良いでしょう。
分泌液はかなり臭いです。
肛門の周りや周囲に飛び散ってしまうと片付けが大変ですので、シャンプーをする前に立ち向かうのがベストなタイミングだと思います。
分泌液は黒、茶、白、黒、ベージュと色が付いている事が多いです。
肛門を挟み込む様にして周りを2本の指を通じて掴んで下さい。
その時につかめるような状態であれば分泌液が溜まっている事になりますので絞る必要が有ります。
犬を貫く様にして肛門の奥の方をつまんで、気持ちよくもんでから絞って下さい。
犬は立たせたときの方が良いでしょう。
尻尾が邪魔な場合はこれから片方の手で持ち上げて下さい。
ペットを清潔な状態に保つためにも、肛門腺絞りはぜひ行なう様にください。