野菜の保存について知っておくこと

野菜と言うのは収穫されたらそれでおわりという訳では有りません。
野菜達は収穫後も生きているのです。
ですから保存しようとして在る程度時間がたち、冷蔵庫で冷まし過ぎたりすると色が変わってしまったり、味が落ちてしまったりしてしまうのです。
それは死んでいくと言うのでは有りません。
生きている野菜にとっては低温障害という病気を引き起こしているのです。
これは人間で言うとしもやけになって仕舞う感じ事を指しています。
野菜を保存しているつもりが病気としている事もあるのです。
野菜が低温障害になると水っぽくなったり、黒ずんだり、斑点が出たり、柔らかくなったり等色んな状態になってきます。
また見た目は変わって内容もビタミンC等栄養価が減ってしまっている事も充分に思い当たるのです。
とはいうものの、真夏のあの暑さの中、冷蔵庫に入れない方が良いからと言って室温に置いておくのと、冷蔵庫の野菜室に入れておくのとではどうしても冷蔵庫の方が長持ちします。
暑さに強い野菜はサツマイモ等が有りますが、こうした野菜以外は真夏は野菜室に加える様にして、出来るだけ早く食べてしまう事が良いと思います。
また果ものもよく買ってきたらアッという間に冷蔵庫に入れて冷やして食べようとしてしまいますが、熟していない果ものの場合は常温で置いておかないと熟してくれませんので常温保存しておく事をお勧めします。
食するままちょっと冷やして食べると良いですよ。
この様に野菜も果ものも生きていますので適切な保存方法で保存しておししくいただきましょう。

基本的野菜の保存について

基本的野菜の保存についてですが、畑に植えられていた時とおんなじ状態にほど近い状態で保存して上げるという事になります。
たとえばじゃがいもや玉ねぎと言うのは土の中に有りますよね。
出来れば土の中に保存して与えるのが一番の保存方法ですが、そんなにはかなりいきませんので冷暗所の様な暗くて気持ちいい場所に保存して引き上げると良いでしょう。
と、こういう様に畑で採れたら間近い状態にしてあげる事が野菜をおししく保存して引き上げるコツなのです。
何故かと言うと野菜は収穫しても生きているからです。
生きているので水分は必要だし、呼吸もしますし、成長しようとします。
成長するという事は栄養がその成長に吸い取られてしまうという事なのです。
つまり栄養が成長に取られて野菜自体は老化してしまうという事になります。
新鮮であれば見て取れる程その成長は手っ取り早いです。
その成長を留める為にほんのり工夫するだけで鮮度を保ちながら保存する事が出来る様になるのです。
その為に便利なのが野菜を保存する為の袋になります。
この保存袋に野菜を添えると野菜の呼吸を弱まらせて受け取る効果が有り、エチレンガスという臭いの原因になるガスや、老化の原因となるガスを吸収して頂ける。
このガスが有ると野菜が弱り易くなってしまいますので、ガスを除く事で鮮度が保てる様になるという事なのです。
野菜を保存する為の基本的方法を正しく把握して置き、その野菜にとりまして喜ばしい方法で保存する様にしておししく頂いて下さいね。

冷暗所で野菜を保存する

あなたは野菜をどういう方法で保存しているでしょうか。
何でも冷蔵庫に入れて保存していないでしょうか。
冷蔵庫に押し込めるとより安心って感じが有りますよね。
確かに有る程度の野菜は冷蔵庫に押し込めると長く持ちます。
但し野菜によっては冷ましすぎると速く駄目になったり、冷蔵庫にいれなくても良いものなんかも在るのです。
では冷蔵庫に入れないで保存するからには、どこに保存したら良いのでしょうか。
それは「冷暗所」になります。
冷暗所って何なんだろうと思いますよね。
一般的に言うと日が当たらない場所で、室内で、ある程度温度が一定して低く保たれている場所の事を指しています。
昔の一軒家だと軒下や床下あたりがそれに当たるでしょうか。
ただし今はマンション等こんな冷暗所みたいな所は有りませんよね。
そんな時には流しの下や玄関を冷暗所としても良いですね。
但し湿気が有りそうですので除湿剤を使ったり、風通しをよくしたりして冷暗所を作ってみても良いですね。
勿論真夏等はとにかく高温多湿になりますので、さすが不向きだと思います。
ですから逆に冷蔵庫の野菜室に入れておいた方が良い事も有ります。
それに更に冷暗所で保存できる野菜はある様です。
芋や牛蒡、レンコン、玉ねぎ等の根菜類なんかは冷暗所でも良いですね。
この様に野菜を新鮮に保存するには、季節や気温等で保存方法を変えていく様にすればいいと思います。
それほどする事で、野菜をおししく取る事が出来るのではないでしょうか。

冷蔵庫で野菜を保存する

冷蔵庫に野菜を入れて保存するのが大抵のご家庭の保存方法だと思います。
そんな冷蔵庫には野菜室というものが付いていますよね。
この野菜室、設計自体は高湿度となっている為に、ラップをしない方が野菜自体を新鮮に保存出来るとして今の冷蔵庫の主流の作りとなっています。
そう言う野菜室に野菜を保存する場合はラップをする必要はないのですが、先ず切ったり臭いが気になる様な野菜はラップして保存した方が良いと思いますので必要に応じてラップ等を使ったりして保存方法を変えていきましょう。
野菜を保存する場合は、野菜の特徴をよく知っておいて、野菜が一番心地よく寛げる様な環境を作って吊り上げると適度に長い間保存させておく事が可能になります。
但し仮に環境が良いとしても冷蔵庫の野菜室に混ぜる野菜って1種類ではありません。
何種類もの野菜を入れてあげなくてはいけないのです。
1つ1つの野菜にとって最適な保存環境を提供出来る様な冷蔵庫は、かなり自宅向けには実現できないのが現実ですよね。
けれどもそういう限られた中で野菜の保存性を決めるポイントとしてはラップと言うよりは「包み込む」という事にあるそうです。
1つ1つの野菜をそれぞれ包んで野菜室に保存する様にすると、個々の野菜の保存環境が誕生しますので、色んな野菜を保存させて長持ちさせる事が出来るのです。
ですから冷蔵庫の野菜室の環境やスペースと、野菜の保存方法を共有させて上手に保存する様にください。