トイレトレーニングのよく見て取れるトラブル【おしっこをほんのりもらしちゃう】


トイレトレーニングがついに終わったとしてわずか安心している頃、やってくるのがちょっとだけおもらしするという行為。
おしっこしたいとトイレに行くのは良いけど、ちょっとだけ間に合わなくてちょっとだけもらしちゃうという事をするお子さんが一層いる様です。
「漏らしたの?」と聞くと「漏らしてない」っていうんだけれど、濡れているパンツは明らかにいくぶんだけちびっちゃったって感じですよね。
こういう場合、おしっこに行きたいって受取るタイミングと現に掛かるタイミングが早くて間に合わないってパターンが多いのと、おしっこをした後に紙でちゃんと拭けないから数滴パンツについてしまうというパターンが主に理由として有るようです。
これを解決させる為には、ともかくお母さんの我慢が必要です。
「今度はもうちょっと速く行こうねー」とか言って少しずつ慣れさせていきましょう。
失敗したからと言って絶対に怒ってはいけませんよ。
怒ってしまったら今までのトイレトレーニングの苦労が水の泡になってしまうからね。
また、よく有りがちなのが漏らして欲しくないからとついお母さんがトイレに誘って仕舞うパターンです。
そんな事をすると自発的にトイレに行く感覚を学びられませんので注意しましょう。
やっぱ最初の内はトイレと言うのは失敗する物だと思って我慢ください。
トイレトレーニング終了までの道のりは長いのです。
慣れるととにかく賢くトイレ出来る様になりますよ。

お出かけときのトイレトレーニング


何だかんだ参る事もトイレトレーニングを通じている中まずは出てくると思います。
その中けれども窮するのはお出かけしている時ではないかと思うのです。
家の中でならたとえおもらししても失敗しても仕方が無いとしていられますが、外にご飯を食べに出掛けるとか、よそのお宅へお邪魔するとかしているたまに失敗されてしまったら・・・。
とどうも見まがうというのです。
こんなお出かけときのトイレトレーニングは一体どうすればいいのでしょうか。
先ずは出掛ける時間によってお子さんに穿かせるパンツを使い分けるというやり方はいかがでしょうか。
たとえば出掛ける時間が1時間以内であったり立ち寄る先がトイレに困らなかったりする様な場所であるだとすればトイレは大丈夫かもしれないと思って普通の綿パンツを穿かせる様にする。
1時間以上の外出であったり、失敗したら迷惑になったりする様な場所であるとすれば紙オムツを着けさせて立ち寄るとか、時間や用途によって使い分けるといいかもしれません。
次は、トイレを自分で教えてくれるようになったなら、わざわざ外もトイレが自分から誘って得る様に合わせるとか、また定期的にトイレに誘って上げる様にして、家の中でしている事と同じ様に外もトイレトレーニングをわざとするという方法も有ります。
外でのトイレトレーニングは家とは違いますので、なかなか大変だと思いますがこれも慣れです。
ぜひチャレンジして、マスターさせて出向く様にください。

トイレトレーニングでお母さんに必要な心構え3


お母さんがお子さんをしつけて出向く場合、色んな事を想定して色んな心構えを通じて行く必要が有ります。
そこでトイレトレーニングに関するお母さんの心構えを些か挙げてみたいと思います。
【情報にばかり頼らない】
今は色んな情報が氾濫しています。
インターネットを始め、育児雑誌や育児本なんかも何だかんだ出ていて色んな情報を至急受け取れる事が出来ます。
それはもちろん良い事ですが、そこに書いてあるのは徹頭徹尾一例にしか過ぎないという事です。
基本的には良いと思うのですが自分のお子さんがそんなにその情報通りに行くとは限りません。
あまりにも情報に任せ過ぎてしまうと、その通りにいかないとイライラして生じる様になります。
飽くまで見ている情報は参考程度に留めておく様にしておきましょう。
【子供に取り混ぜる】
お子さんの成長によってトイレトレーニングをする方法を決めていくのも良いと思います。
たとえば褒めて伸ばすというやり方が有りますが、これもお子さんが褒められている意味が分かっている場合に限ります。
おしっこをトイレでした時にお母さんが褒めたとします。
それでも何に褒められているのか思い付かのに褒められたってトイレトレーニングは賢くいきません。
言葉の意味を理解する位の成長に達したら、トイレでおしっこする事を褒めて譲る様にすると、心地よくてトイレでおしっこをする様になると思いますよ。
お子さんの成長によってトレーニング方法も変えていきましょう。

トレーニングパンツを使う事


トレーニングパンツにおいて、お子さんをちょこっと成長させてあげてはいかがでしょうか。
トイレトレーニングはとても重要で、そして何とも難しいものだと言われています。
その手助けを通じてくれるのがトレーニングパンツです。
トイレトレーニングの目標の1つである「自分の意思が呼べる」という事を助けてくれます。
「おしっこ~」と言ってもらえるとお母さんはもの凄く助かりますし、成長を感じますよね。
通常赤ちゃんの膀胱は1歳半あたりからおしっこが溜められる様になると言われています。
そのタイミングを見計らってトイレトレーニングを始める様にするのですが、なんだかトレーニングパンツを使う事が年齢的に手っ取り早いとしてしまって使わないでいる人が多いのです。
そんなに思わずにぜひチャレンジしてみましょう。
もちろんトレーニングパンツを使わなくてもトイレトレーニングはできると思いますが、オムツにおいていたらおしっこを通じても違和感を感じないだから「おしっこが出たぁ」とか教えてくれないというのです。
オムツを欠かすと「ジャー」っておもらししてしまうかもしれないし、後片付けも大変だと思います。
トレーニングパンツは濡れた感触を子供自身に感じさせてくれますし、相当吸収しますから重りで重くなると思いますので走り抜けにくくもなります。
おしっこが出たと感じさせてくれるのがトレーニングパンツの魅力だと思うのです。
子供が嫌がったら仕方有りませんが、今はアンパンマンとかキャラクターが付いているパンツも出ているので、スキなトレーニングパンツを選んで上げると良いかもしれませんね。

トレーニングパンツによってみよう


トレーニングパンツはトイレトレーニングで選べる事が多いですが、真に活かし方って分かっているでしょうか。
ここではトレーニングについて説明して見たいと思います。
なんとなくイメージとしてはトレーニングパンツをオムツの様に穿かせているだけで、子供がおしっこをしたら濡れた事に対しての違和感を感じて「ママおしっこ出たぁ~」って子供から言ってくるのではないかと思いますよね。
それでも特に賢い事は結構いかないそうです。
トレーニングパンツって飽くまで子供自身におしっこをしたんだという事を理解させるという事を目的としていて、「おしっこ出たぁ~」っていう事を目的としている訳ではないのです。
トレーニングパンツを穿かせているたまにおしっこをした場合、濡れた感触が分かるので違和感になりますよね。
トイレトレーニングではその違和感をしない為には、パンツにおしっこをするんじゃなくて、トイレにおしっこをすれば良いんだよという事を少しずつ慣らしながら教えて出向く様になります。
トレーニングパンツはその出発点なのです。
勿論、昔はトレーニングパンツなんていうものは有りませんでしたので、必ず穿かせる事も絶対に穿かせなくてはいけないという事も有りません。
子供自身もトレーニングパンツを穿くのを嫌がる子供もいるみたいです。
但しやっと便利なものがあるのですから有効的に使ってトイレトレーニングをさせてあげてみてはいかがでしょうか。