ウェザーニュースの紅葉チャンネル


秋になると紅葉がきれいですよね。
日本に生まれた私たちは、そうして四季を感じることが出来ます。
その取り分け一際紅葉は、四季の移り変わりを教えてくれるものです。
山が赤や黄色に色づく、その景色はとても頼もしいものです。
4月のサクラでは、お花見、そして秋の紅葉では「もみじ狩り」これは、日本人の定番ではないでしょうでしょうか。
関東周辺も、紅葉の名所ははたして沢山あります。
たとえば、神奈川県ですと、箱根、鎌倉あたりが全然有名ですよね。
また、栃木県ですと、鬼怒川ですね。
そうしたら、中禅寺湖周辺も紅葉スポットです。
日光、塩原ですと、その間を結んだ道路、その名も「日光塩原もみじライン」があります。
ここは全然有名な観光スポットで秋には人で賑わうでしょう。
群馬県ですと、白根山が有名ですよね。
また、草津、伊香保などの温泉街も紅葉を楽しむことが出来ます。
山梨県ですと、河口湖です。
富士山と紅葉、両方が楽しめる人気のスポットです。
電車で行くにしろ、バスツアーにするにしろ、車で行くにしろ、紅葉を楽しむのであれば時期が大切です。
早すぎて依然として色づきが浅かったり、遅すぎて終わってしまったりすると、せっかくのお出かけもがっかりですよね。
場所によっても、違ってきますが、ピークは1週間くらいしかありません。
このタイミングをどうしてわかるか、勿論、お天気予報でも言っていますが、前もってここはウェザーニュースです
ウェザーニュースの紅葉チャンネルって、みなさん、聞いたことがありますか?

ウェザーニュースの紅葉チャンネル続き


ウェザーニュースでは、紅葉情報が毎日、更新されていますので、タイムリーな情報をゲット出来るのです。
また、気候によっても紅葉がいくらでも変化してしまいますから、先のスケジュールを練り上げることは危険ですね。
出来ることなら、直前までの情報を収集しながら、場所と日程を決めることをお勧めします。
ピークに無性に紅葉を見に行けないという方は、早めの紅葉を見るよりも、遅れ気味の紅葉のほうが、落ち葉も楽しむことが出来ます。
また、お天気も激しく関係しますよね。
せっかくの紅葉狩りもお天気が悪かったら、何もなりません。
秋晴れの時にお出かけしたいというのは誰でも同じです。
気象庁によって、紅葉の期間内で毎年、晴れ上がる確率が多いという日が発表されています。
元々届け出ないと会社が休めない人も多いですから、こんな方々が事前に予定を組むなら、これらの日を通しても良いでしょう。
絶対ということはないと思いますが、晴れの確率が高いと言われる日だから、少しは期待しても良いでしょうね。
因みに、その日は10月16日、と23日、11月は3日、8日だそうです。
統計上で晴れ上がる確率が一番高い日がこの4日間です。
旅行の計画にはぜひ、お役立て下さい。
また、紅葉狩りへ行くとき、気になるお天気はいよいよウェザーニュースでチェックですね。
そうして、ウェザーニュースの紅葉チャンネル、ここで、タイムリーな情報を得て、秋晴れのした、ぜひ、紅葉を楽しんで来てほしいと思います。

ウェザーニュースの朝メール


ウェザーニュースには、ただ天気を見極めるだけでなく、ますます「天気Plus」サービスというものがあります。
imodeなど、携帯によっている人でしたら、既に使っているかもしれませんね。
これは、有料コンテンツで月額100円の使用料金となっています。
気象スキな方、また天気マニアな方にとっては、100円は安いのではないでしょうか?
いまひとつ明るいサービスが沢山あると評判です。
やはり、ウェザーニュースのコンテンツですから、天気予報がメインですね。
ですが、ただの天気予報ではありません。
晴れとか、雨とか、雨の確率とか、そういう一般的なものは何も有料コンテンツじゃなくても、無料で見られますよね。
普通の天気予報でしたら、敢えてお金を払ってチェックすることないのです。
ですが、この有料コンテンツはおかしいですよ。
自分が住んでいる地域、または会社のある場所など、最初に設定しておいた地域の上空に、仮に雨雲が発生したら、それをメールでお知らせしてくれるのです。
目覚ましメールでは、雨が降りみたいとか、カサがいるだろうとか、ワンポイントお知らせもあります。
このコンテンツは、朝、天気予報のメールが来るのですが、それが目覚ましになって便利だという人もいます。
天気のことだけでなく、季節にあった着こなしなど、面白い情報も一緒に配信してくれるのです。
普通の天気予報だと、気温、また、降水確率が数字で出てきますよね。
そうではなく、その数字を生活情報として教えてくれる、それが決め細やかなサービスなのでしょうね。
たとえば、今日は何度ですよってことだけでなく、再び一枚はおったほうが良いですよ、とか、そういうサービスなのですね。

ウェザーニュースとパラグライダー


ウェザーニュースの雨雲レーダー、これは各種ことに役立ちます。
たとえば、趣味でパラグライダーをする人にとっても、この情報は命に関わる大事なことです。
なぜなら、雨雲があるところに飛ぶと、安全なフライトが出来なくなるからです。
ウェザーニュースのコンテンツ、雨雲レーダーへの登録の仕方は下記の通りです。
ドコモの場合は、メニューリストから天気ニュース情報へ行きます。
そうして、ウェザーニュースに行き、登録のページで各自の登録をします。
登録おわりした後、「天気Plus」のトップに行きます。
そうして、雨雲レーダーに登録します。
月額105円ですから、短いものですよね。
この雨雲レーダーで表れる情報は10分前の情報だと言われています。
ですから、そんなふうに考えると、表示されている雨雲の場所よりも、再びぐっと自分へ近くなっている可能性もあります。
そうして、積乱雲ですと、結構手っ取り早い移動スピードに驚くこともあります。
ぶらりと、頭上に積乱雲が出てくることもあるでしょう。
最も積乱雲の場合は、ヒョウ、集中豪雨、突風も発生します。
別に凄いのは、自足200kmもある下降気流を起こす場合があります。
雨雲レーダーは便利ですが、イコールで、全面的に信用出来るのでしょうが、自分でも判断をしなければならないときもあります。
生み出すデータを完全に信用しすぎるのも危険ですから、パラグライダーをする人は、雨雲接近まで未だに時間がある、依然距離があるから、と過信しないように望むものです。
雨雲レーダーはこのように、ただ、雨の心配を予想するのではなく、こんな趣味を持つ人の助けにもなっています。