要介護(要支援)認定の手続きについて


介護保険でのデイサービス他、介護サービスを受けるには、ひとまず要介護(要支援)認定を受けなければなりません。
それによって、支援や介護が必要と認定されてどうにかデイサービスなどを受けることができます。
要介護(要支援)認定を受けるためには申請手続きが必要です。
申請手続きは無料で、申請は本人や家族が行ない、ケアマネージャーなどが代行で行なうことも可能です。
申請に必要なものはこの申請書と介護保険の保険証です。
介護保険の保険証は65歳になると交付されます。
この他、自治体からの依頼で主治医に意見書を作成して貰うので、申請には主治医の氏名と病院の名称も必要となります。
申請を受けると自治体の職員・若しくは委託を受けた調査官が自宅や入院先に訪問します。
利用者の心身の状態、日常生活、家族や居住環境などについて調査を行います。
この調査と主治医の意見書をもとにして、要介護(要支援)認定についての結果が通知されます。
申請から結果がわかるまでの期間は、およそ30日です。
結果がわかる前に介護サービスを利用したい場合には、申請後一気にケアサービス(介護サービス計画)を居宅介護支援事業者や地域包括センターに作って味わうことでサービスの利用が可能です。
認定を受けた要介護・要支援度に応じて、利用できるサービスの種類や上限金額が異なります。
要支援1・2の場合は介護予防サービス、要介護1~5の場合は介護サービスが利用できます。
非該当の場合それでも、自治体の実施する地域支援事業を利用できる場合があります。

要介護度について


訪問介護やデイサービスなど、介護サービスを受けるためには、予め介護保険制度による:要介護(要支援)認定が必要です。
認定されると、その要介護度に応じて受けられるサービスや1割負担で利用出来る限度額が決まります。
限度額は介護度がつらいほど、金額が大きくなります。
要介護度は、心身の機能によって異なります。
要介護度は介護度が乏しい順に、要支援1・2、要介護1~5の7段階に分かれます。
要支援1は、立ち上がったり移動するための体の機能がある程度低下していますが、食事や排泄にはとりわけ大丈夫状態です。
要支援2は、日常生活はそれほど大丈夫ですが、家事や身支度、排泄、入浴などに支援が必要な状態です。
要介護1は、排泄、入浴、衣服の着脱などに、一部介助が必要な状態です。
要介護2は、排泄、入浴、身だしなみなどに、一部介助、或いは全介助が必要な状態です。
要介護3は、排泄、入浴、身だしなみ、衣服の着脱など日常生活に全介助が必要な状態です。
要介護4は、排泄、入浴、身だしなみ、衣服の着脱など介助がないと困難な状況で、全面的な介助が必要です。
要介護5が最も要介護度が重く、ほとんど寝たきりの状態です。
介助がないと日常生活が行えず、生活全体に渡り全面的な介助が必要です。
要支援1・2の人は状態が悪くならないようにするための介護予防サービス、要介護1~5の人は自立した暮らしが出来るための介護サービスを利用できます。
このサービスの中から、利用者の状態にあった訪問介護やデイサービス、ショートステイなど利用者に合ったものを選んで利用します。