誰でも知っている宝くじ


誰でも1度は宝くじを買った事が有るのではないでしょうか。
どうしても宝くじは均一となっているくじだと思います。
宝くじにも色々あり、今ではロト6の様な目新しいタイプの宝くじも有り色んな夢を与えてくれると思いますが、何だか本家の宝くじに勝るものは無いのではないでしょうか。
それだけ宝くじと言うのは夢を与えて得るものだと思うのです。
当たってくれるのが一番良いのですが、外れたとしても笑って「ふむふむ残念」と思わせていただける様なものだと思うのです。
大体は300円が接するというのですが、でも美味しいものだと思いますよね。
この様に夢を追わせてくれるものだからこそ、毎年年末ジャンボ宝くじの時には宝くじ売り場が長蛇の列を成しますし、当たりが出やすい売り場という様な特集がテレビで組まれたりするのでしょう。
宝くじの不思議な所は外れても「恨めしい」という気持ちが出てこないという事にあると思います。
それは夢を買っているんだと心のどこかで思っているからでしょう。
当たったらラッキー位しか思ってないけれども、当たった事の事をつい考えて幸せになってしまう。
宝くじの不思議な所だと思います。
宝くじは連番で購入したり、バラで購入したりと色んな買い方を指定できます。
どの買い方が一番当たり易いのかは分かりません。
その時の気分で決めても良いでしょう。
買う時にふと神様に「当てはまるように」とお願いして仕舞う、そういう夢を抱かせてくれるのが宝くじなのです。

宝くじにもし当たったら


もしも宝くじが当たった場合、どうしていう行動を取れば良いでしょうか。
宝くじが当たった場合は、指定されている銀行の窓口をめぐって換金するか、宝くじ売り場をめぐって換金するかのいずれかで換金する事が出来ます。
ただし、高額当選した場合は宝くじ売り場では換金してくれませんので指定されている銀行の窓口をめぐって換金する様にください。
また、宝くじが当たっているのに換金しないでそのままでいると、いずれは換金期間が過ぎてしまいますよね。
そうした場合、お金は銀行にある状態になってしまう。
また、高額当選した場合でお金を持ちかえる人は、自宅までガードマンが付き添ってくれる場合もあるらしいです。
とは言っても、何となくガードマンを付き添わせる人はいないでしょう。
銀行振り込みにする人も多いと思いますしね。
尚、宝くじの当選金には税金がかからない様になっています。
つまり宝くじの当選金は全額自分のお金になるという訳です。
競馬等である程度高額のお金が当たった場合は税金が掛かるそうなので、そう言った意味では宝くじを貰う人が多いのもわかる様な気がしますね。
また、宝くじは多くの人が買っています。
その収益金の15%位は宝くじの宣伝やポスター等の経費に使われています。
そうしておよそ半数が当選金として使われています。
残りは公共資金として街づくり等に役立てられているそうで、人の為になっているのですよね。
こうした事から、もしも外れたと思っても、街の為に使われているんだと思えばそんなに勿体ないものけれども乏しいかもしれませんね。

宝くじで引き起こされるトラブル

高額当選を宝くじで置きたいという人はかなり多くいる事でしょう。
但し、宝くじに真に当たったは良いけれども、その後に待ち構えている様々な面倒にぶち当たる人も結構いると聞きますよね。
いかなる面倒な事が立ち上がるのかと言うと、どこから聞いたのか思い付かけど、聞いた事が乏しい様な団体から寄付してくれと連絡が来たりとか、借金させてくれと願い出る人が現れたりとか、知らない親戚が山の様に現れたりとか、何かとお金に関するトラブルが起きてしまう。
なんか、お金ってホント魔力で恐いって思い知らされると思います。
こう言ったトラブルや面倒が起きる可能性が大きい事はずいぶん知られていますので、宝くじに当たった場合、その金額がでかい程誰にも言えないって感じになってくるのです。
それほど高額当選はリスクが大きいという事かもしれませんね。
まず多いのが高額当選しているものの、換金に来ないという人らしいです。
理由としてはこう言ったトラブルを避けたい、高額過ぎてこわいという事が言えるのかもしれませんね。
また、お金でトラブルが起きて事件に巻き込まれたくないという人もいる事でしょう。
こんな事から、じつは宝くじも1等ではなく、適度な金額が触るのが一番良いとしている人が少なくないのです。
宝くじは置きたいけどお金の力は恐ろしいし、って感じですよね。
仮に高額当選した時の事も明確に考えて貰うのも宝くじを貰う1つの方法だと思います。
だけど、宝くじは覚えたいですよね。