子供のトイレトレーニング


子育ての中けれどもトイレトレーニングは難しいと言われています。
「結構トイレトレーニングが順調に進まなくて・・・」と悩んでいるお母さんは多いのではないでしょうか。
トイレトレーニングという「トレーニング」という名前が付いてしまうと、訓練や練習というイメージで見紛う方も多いかもしれませんが、「絶対に今のタイミングでオムツを取らなきゃ駄目なの!」とお母さんが昂り過ぎてしまって、お子さんに酷く接してしまってはオムツトレーニングは難航してしまう。
本来、トイレトレーニングとは今までいつでもして良かったおしっこやウンチを、トイレできちんとする様な習慣を付けて贈るお手伝いを通じて譲る事を意味しています。
今まではオムツを通じていたからスキなたまにおしっこもウンチもしていましたが、今度からはトイレでするんだよという事を教えて吊り上げる事、トイレはおしっこやウンチをする場所だという事を教えて与える事、トイレは汚い所ではなくてのほほんとおしっこやウンチが出来る場所なんだよという事を教えて引き上げる事が必要になります。
本当はお子さんのタイミングを見てゆったり教えてあげても良いと思うのですが、なんとなく周りのお母さん達の話を聞いたり、同じ位の年の子が既にオムツが取れたなんていう話を聞いてしまったりすると、ふと焦ってしまいますよね。
焦ると急にトイレトレーニングも上手くいかなくなってしまうと思いますので、ご家庭のペースでゆっくりと進めていってくださいね。

トイレトレーニングの始め方


お子様を育てているご家庭でとにかく通り過ぎる道、それがトイレトレーニングです。
これはオムツを外してお子様にトイレでおしっこやウンチをしてもらう為のトレーニングになります。
トイレトレーニングはある程度難しいと言われていますが、でも出来ればスムーズに進めたいし、トレーニングする期間も短ければ良いなという人が多いと思います。
でも思い付かのがトイレトレーニングの始め方です。
単に初めてのお子さんだと何から始めたら良いのか、どうして進めたらいいのか思い付かのが当たり前だと思うのです。
もしもトイレでさせたいからと言って、急にトイレに座らせて「うん、おしっこシーってやって」と言っても何の事か分からず、逆に無理にさせてしまってはトイレに行く事自体が嫌になってしまいかねません。
トイレがきらいになってしまったらそれこそ大変です。
トイレトレーニングを始める時折、トレーニング自体を始める前にお子さんにトイレそのものを慣れさせる必要が見て取れるというのです。
トイレという場所はいつもいく場所という様にお子様に先に慣れさせる事で、スムーズにトイレトレーニングに添えるのではないかと思いますのでぜひ実践して見て下さい。
ではトイレになれさせる為にはどんな事をすれば良いのか、それはお母さんがトイレに行く時、またはお父さんがトイレに行く時折お子さんを一緒に連れていって、トイレをする姿を見せておく事が一部、お子さんがトイレをさせたいタイミングで「おしっこシー出来るかな?」と言って与える事がお勧めのトイレに慣れさせる方法だと思います。

トイレトレーニングでお母さんに必要な心構え


お母さんにとってもお子さんにとっても、トイレトレーニングは大会ならぬ一大トレーニングになります。
トイレトレーニングはトレーニングわたる子供も大変だと思いますが、伝えるお母さんにとってもどうにも一大ものだと思うのです。
自分が思っている通りにスムーズにオムツが飛びてくれればいいのですが、殆どの場合は大変な思いをしてようやくオムツが取れるという場合が多い様なのです。
ですから、トイレトレーニングを始める前はぜひお母さんに心構えを通じておいてほしいものです。
ここではその心構えをいくつか挙げてみますので、ぜひ参考にしてください。
【怒らないでね】
お子さんがいう事を聞き流すから、賢くトイレが出来ないからと言って絶対に怒ってはいけません。
叱ってしまうと、子供はトイレでおしっこやウンチをする事を嫌がる様になってしまいます。
まずは逆効果です。
一番難しいとは思いますが、失敗した事は怒らずに、出来た事は褒めて伸ばして差し上げる様にください。
【よそはよそ、うちはうち】
おんなじ年齢のお子さんが近くにいると、ちらっと比べてしまいたくなりますよね。
うちはトイレトレーニング自体もまだなのに、よそはもう一度終わっているなんて言うのを聞くと「うちはまだなのに!何かおかしいの?」として焦ってしまう。
そうするとお母さん自体に余裕が無くなってしまいますし、トイレトレーニングも上手くいなかくなってしまいます。
トイレトレーニングの時期も個人差が見て取れると思いますので、「よそはよそ、うちはうち」としてどんと構えていきましょう。

失敗しちゃっても怒らないで


お子様のしつけは何だかんだ大変ですよね。
その中それでもトイレトレーニングは大いに一大部類に入るというのです。
賢く行かない事の方が多くてひとりでにイライラしてしまうと思います。
意外かもしれませんが、楽にトイレトレーニングが終わったお子さんって殆どいないそうですよ。
そんな情報が先走りしすぎてトイレトレーニングを始める事自体、気が重いかもしれません。
そんなお母さん達へのアドバイスとして、色んな本も経験をしたお母さん達からもよく言われるのが「失敗しちゃっても怒らないで」という事です。
怒らない事は難しいですが、アドバイス通りに出来るだけ怒らない様に心がけましょう。
では如何なるらふっと怒ってしまうのでしょうか。
怒って仕舞う例をちょい挙げてみますね。
・気付いたらリビングでおもらしを通じていて、『おしっこー』と言わなかった事に怒ってしまった。
・トイレに連れてって『おしっこシーってして』と言っても『出ない』って言われたので、トイレから下ろしたその瞬間におしっこが・・・。
つい『ですからおしっこシーって言ったでしょ!』って怒ってしまった。
という様なエピソードはよく訊く話ですよね。
さすがに毎日とか毎回やられたら、かりに怒らない様に気を付けても怒りたくなってしまいます。
1回きちんと出来たと思ったら次はまた失敗という事もかわいらしく見て取れるそうです。
怒らないで、トイレに連れてって『ここでおしっこシー』とか言って、根気よく付き合って差し上げる事で自然と覚えてくると思います。
一旦怒らない事。
これが大切なのです。