トリマーとしての資格


トリマーになるには国家資格は要らないので必ずや必要という資格は有りません。
資格が無くてもペットのトリミングは出来るのです。
ご自宅でだって飼い主さんがペットのトリミングをするのと一緒の感覚ですね。
ただし規則正しい知識と技術を持つという意味でも民間資格が有りますので、資格は取得しておいた方が就職という面でも有利です。
トリマーの資格の種類に何が有るか挙げてみたいと思います。
【JKC(ジャパンケンネルクラブ)公認】
日本で最も有名な団体がJKCになります。
ここから公認としてトリマーライセンスが発行されています。
この団体のライセンスを取得する為にはJKC公認の専門学校に入学して勉強するのが近道となります。
ここでライセンスを取得する事で在る一定基準の技術を要しているとみなして貰える。
資格にはC級、B、A、教士、師範という種類に分かれています。
飛び級で食べる事は出来ず、下からより経験年数と技術と知識で習得していく事になります。
日本では曰く付きトリマーが多いと言われています。
【JDA(社団法人日本愛犬技術者指導協会)認定】
JDAが認定しているトリマーのライセンスが有ります。
専門学校も全国に多数有ります。
専門学校で卒業をしたと共に一番下の資格を取得したとみなされます。
そこから2年間の経験を積んで1級ライセンスを目指していく事になります。
【ICC】
犬のトリマーではなく猫のトリマー(猫の場合はグルーマー)の資格になります。
認定学校が有り、なので勉強して試験に合格する事で取得する事が出来ます。

トリミング用品


ペットの毛のお手入れ、またはカット等をする事をトリミングと言います。
日本でペットのトリミングを通している人の事をトリマーと呼んでいます。
欧米ではグルーミングという観点からグルーマーと呼ばれています。
ペット美容室の事も欧米ではグルーミングパーラーと言っています。
通常はトリミングはグルーミングの1種として扱われていますが、日本ではトリミングとグルーミングとはまた別のものとして扱われているのです。
トリミング用品は特別なものまずは有りません。
犬を飼っているのであればお家に有る様な道具がトリミング用品として使われています。
【ブラシ】
大きさはさまざまなものが有りますが、被毛を手入れする場合には毛先にピンが付いているピンブラシを使うと良いでしょう。
艶を出したい際には獣毛ブラシを使うと良いでしょう。
【スリッカー】
おんなじブラシもスリッカーというブラシが有ります。
長方形の部分にブラシが付いている感じのものです。
長方形の部分の大きさは何だかんだ有ります。
ブラシはソフトタイプ、ハードタイプとが有ります。
毛玉を解したり、もつれを付け足したりする際に役立つブラシです。
【ハサミ】
犬の毛質によってハサミの使い分けが必要なのですが、カット用、断髪用、すく用、刈る用と多々使い分けてトリミングして行きましょう。
【ドライヤー】
普通に手で持つタイプのドライヤーも良いですし、私達が両手を使う様にスタンドタイプのドライヤーも良いですね。
風量等は犬の体格や毛量によって使い分ける様にください。

トリミングのカットの技法


犬のトリミングの基本的事はカットですよね。
特に基本的カットと言えるのはプードルのラムクリップと呼ばれるスタイルの事を指している様です。
これはプードルは一般的なカットですが、その他の犬に対しても応用して払える技術だという事になるそうです。
この様にペットのトリミングのグループ、カットは技法として分けられますので、少々ご紹介してみましょう。
どちらの技術によるとしてもトリマーの技術を要する物になります。
【ショークリップ】
「ショー」という文字が入っている事からも伝わる様に、ドッグショーに参加する為に通じる技法になります。
ドッグショーの基本的スタイルとしてはその犬種によって違いますが、正装スタイルが「ショークリップ」として呼ばれている物になります。
このスタイルにすると見た目も良いですし、華やかになりますが、このスタイルにするには手間暇がかかりますし、トリマーの高度な技術も必要になります。
この様にショークリップにする為にはドッグショー専門のトリマーがトリミングを担う事になっているのです。
【ペットクリップ】
ドッグショーに出場諦める犬の場合は、正装スタイルにする必要が無いのでカットスタイルも自由なもので構いません。
このスタイルを自由にカットして出向く事をペットクリップと呼んでいます。
これにはトリマーのセンスやアレンジ能力が必要となります。
プードルのテディベアカットなんかはこれに該当します。