野菜の保存方法<とうもろこし>

<とうもろこし>
「とうもろこし」が野菜だって知っているでしょうか。
甘みがずいぶん力強いのでデザートという感覚を持ち歩いているお子さんが多いのではないでしょうか。
こんなとうもろこしの保存方法ですが「冷凍庫」がオススメです。
何故ならとうもろこしはとても乾燥しやすい野菜なので、常温での保存には向いていないのです。
皮が付いている状態で購入してきたとください。
その場合は冷蔵庫に立てて保存しても良いのですが、いまひとつ日保ちはせず大体5日間程位しかもたないでしょう。
その上風味も味わいも落ちてきてしまいます。
皮が剥かれている状態で冷蔵庫で保存しようとすると、日が経つにつれて粒が萎びてきて味わいも落ちてしまいます。
またとうもろこしってとても大きいですよね。
野菜室に立てて混ぜるのもむずかしいし、スペースも結構取ってしまいます。
出来れば茹でた状態で何個かに割り、その上で冷凍保存した方が良いんじゃないかと思うのです。
冷凍保存するときどき先ずお湯でゆで、冷ました状態でラップを通じて冷凍庫に入れましょう。
この状態で有ればそこそこ日保ちしますので食べたい場合食べたい分だけ取りだして食べられますよ。
とうもろこしは料理に使うと言うよりは、もっぱら召し上がるか粒を取ってサラダの付け合わせにするか、スープにするか等の調理の仕方が有ります。
ビタミンBも数多く含まれていて疲労回復効果もある事から夏バテ予防にも喜ばしい野菜かもしれません。
あんなとうもろこしを保存して無駄無く取る様にくださいね。