病気


トイプードルにはかかりやすい病気があります。
そのため販売後半年間や1年間の生命保証をつけて販売しているのです。
悪徳業者の場合は、病気になっているトイプードルを送りつけてきて、販売後のケアは一切無く丸々トイプードルがなくなってしまうこともあります。
トイプードルの病気についてどんなものがあるのか知識を所持しておくことが必要です。
トイプードルは足腰が弱いです。
そのため「膝蓋骨脱臼」や「椎間板ヘルニア」などに注意しなければなりません。
「白内障」や「緑内障」といった目の病気もあります。
「歯周病」などの歯の病気にもかかりやすくなっています。
「膝蓋骨脱臼」というのは、膝の関節にあるお皿が本来ある場所からずれてしまって足が痛くなるものです。
足を痛がっている様子や、足を引きずっている様子が見られたらこの病気を疑って下さい。
小型犬の場合は膝に負担がかかり易いので、脱臼より症状が軽めの亜脱臼になることがよくあります。
「椎間板ヘルニア」というのは、跳んだり体をねじったりすることなどのきつい運動や老化による骨のもろさによって脊髄のクッション的役割を通じている椎間板に負担がかかって損傷するものです。
椎間板の損傷によって内部の髄核が出て脊髄を圧迫することで痛みを感じます。
いずれの場合も、飼っているトイプードルが普段と違っている様子を見せたり痛がっている様子が見られたりしたら一気にプロに診せて対処するようにしてください。
このような病気にかかりやすいことを知っているだけでも対処を少なくすることができると思います。

病気その2


かかりやすい病気はまだまだ他にもあります。
トイプードルについて知っておきたいこととして挙げておきます。
トイプードルでは頻繁に繁殖が行われているので、販売された時点でもう病気を携帯している遺伝的原因によるものも多く見られます。
中それでも皮膚や目の病気は注意した方がいいです。
購入する際に、販売業者にトイプードルの病歴などについても確認しておくことが大切です。
「皮膚疾患」としては、アレルギー性皮膚炎とかアトピー性皮膚炎が子犬のころに発症しやすい病気です。
遺伝性の他にも体質によるものがありますから、悪いころから食事で体質改善するなどして治して行くことになります。
痒がったり脱毛症状がでたりしたら、これらの疾患を疑った方がいいと思います。
目の病気として「眼瞼内反症」があります。
眼球に傷がつき易くて涙があふれたり目が充血したり角膜炎になったりします。
成長につれて癒える場合もあります。
まぶたの内側が捲れるようならばこの病気を疑ってまず受診した方がいいと思います。
再び仲間目の病気として「流涙症」があります。
涙がでて仕舞うことで目の周りに湿疹ができたり毛が変色したりします。
目と鼻をつないでいる管がか細いことや詰まっていることなどが原因として考えられます。
食事による影響もあるので、様子を見ながら食事療法を行うことも有効的加療です。
発作的ものとして「てんかん」があります。
生後半年から2歳くらいの子犬に発症しやすいのが特発性のてんかんです。
脳の細胞の働きに何らかの異常が起きた場合、ふらっとけいれんを起こしたり泡をふいて倒れたりして発作を起こします。
発作が出始めたころは短時間で終わりますが、だんだん回復するまでに時間がかかるようになります。
睾丸が降りて欠ける病気が「停留睾丸」です。
お腹の中のどこかでとどまってしまって睾丸が降りないのです。
長時間放置することでガンになることがあるので、半年ごろには手術が必要です。

しつけ


トイプードルの販売元が雇っているブリーダーがしっかりとしつけを通じている場合、意外と飼い易いと思いますが、販売元で一切しつけを通していない場合トレーニングを行わなければなりません。
トイプードルは基本的に賢くて賢明ので、教えたことはどしどし吸収していきます。
トイプードルのかわいらしさと愛嬌、上手い犬種であるという概念からトレーニングを怠ってしまい何もしない人がいますが、授けるなければ素晴らしいトイプードルでもできないのです。
少ないころから一概にトレーニングを通して行くことが大切です。
基本的にしつけに関して心掛けてほしいことをまとめておきます。
グループ目は「家庭内での順位付け」です。
家庭の中でトイプードルが一番になどならないように、正しく飼い主側が偉いと授ける込んでおかなければ何もいうことをきかなくなります。
低いうちから充分済むことと酷いことを授けるながら、順位、立場も広めるようにしていきましょう。
2つ目は「しつけするときの言葉を統一にすること」です。
家族内でバラバラなやり方、言葉でしつけていては犬側も戸惑ってしまいます。
おんなじ言葉でおんなじコマンドで行うようにしてください。
3つ目は「メリハリを塗ること」です。
遊ぶときは一緒に遊んで楽しんで、叱るときはしっかりすねるように強弱を附けることが大切です。
4つ目は「拗ねるときは目をみて」することです。
正しくトイプードルの目を見て拗ねるようにしてください。
ひねくれるとき以外にも何かを広めるとき、意思疎通を企てる時折目を見るようにください。
5つ目は「トイレ」に関してです。
トイプードルがトイレを失敗してしまったら、怒らないで無言でその場を片付けるようにしてください。
怒ってしまうと、かまってもらえると勘違いしてその後もわざわざ失敗するようになる可能性があります。
こういった場合は済むことが大切なのです。
6つ目「タイミング」です。
捻くれるとき讃えるときすべてそのときにすぐ行なうことが大切です。
しばらくして後から怒ったり褒めたりしても犬は覚えていません。