トリミングに必要な道具について


ペットのトリミングを自分で立ち向かう場合、トリミング用の道具を合わせる必要が有ります。
ペットをキレイにする為にもぜひ揃えてあげて下さい。
先ずは「ハサミ」ですよね。
犬用のカットハサミを使う様にください。
人間のヘアカット用のハサミも代用出来ますよ。
次は「ブラシ」です。
グルーミング用のブラシと艶出し用のブラシと2種類揃えていただくとより良いですね。
またシャンプーの時に扱うブラシが有れば汚れを再びとれるかと思います。
ブラシには種類がたくさん有ります。
絡まった毛を解きほぐす為のブラシ、汚れを落とすブラシ、長い毛用のブラシ、少ない毛用のブラシと有りますので用途によって用意してくださいね。
次に「シャンプー」を用意します。
犬によって違いますが、皮膚が弱い犬もいますのでその犬に合ったシャンプーを選ぶ必要が有ります。
またシャンプー後に体を拭く吸水タオル等が有ればさらに便利だと思います。
またシャンプー出来ないところ使えるシャンプーとか、タオルとかが有ればどんどん便利だと思います。
次に爪切りに関する道具も爪切りと爪研ぎ用のやすりは必要です。
室内犬の場合は爪が自然に削れないのできっちり必要ですよね。
最近は電動式の爪やすりが在るみたいですので使いやすい道具を選ぶ様にください。
これだけの道具が有れば自宅で自分でトリミングをする事が出来ます。
道具を揃えるだけじゃなく、有効的に使って、愛犬のトリミングをしっかり立ち向かう様にください。

ペットのトリミング【シャンプー】


犬のトリミングの1つにシャンプーが有ります。
シャンプーはキレイになるから気持ちよいのかと思いますが、意外にもシャンプーは犬にとって適切ストレスである場合が多いのです。
ですから犬の機嫌や体調が良さそうなところパぱっといち早く洗って授ける事が必要なのです。
ですから素早く取り止める為にもリンスとシャンプーが一緒になったシャンプーを使う事をオススメしたいと思います。
またシャンプーも人間用のはペットにとっては刺激が著しいですので、ペット専用、犬専用のシャンプーを使う様にください。
シャンプーをする前にブラッシングをします。
丁寧にブラッシングすると毛が絡まり辛くなりますのでシャンプー自体も楽に行える様になります。
そうして洗う時折ガシャガシャと洗うのではなく、マッサージする様に手厚く揉み込んで洗い流しましょう。
最も気をつけたいのは顔を洗う際ですが、目にシャンプーが入らない様に注意しましょう。
洗い流し終わったらすすぎですが、皮膚や毛にシャンプーが残らない様に、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。
肉球の間や指の間等、見落とさない様に流しましょう。
ペットはあなたにとって大切な存在ですよね。
いつまでも元気に健康で暮らして貰う為にも、月に1回位はシャンプーを通して引き上げる事、洗う際は素早くソフト事が大切となります。
また、たまにはトリミングに出してプロに洗って買うのも気分が変わるので一つの方法ですよ。

ペットのトリミング【爪】


ご自宅でペットを飼っているでしょうか。
トリミングは定期的に行っているでしょうか。
ペットのトリミングで爪のお手入れが有りますので、どうしたら良いか挙げてみましょう。
爪のお手入れをする際、犬が嫌がったり、切りすぎて出血させてしまったりする場合って結構多いと思います。
ですから自分で爪のお手入れをするのはお断りなぁと感じている方も多いのではないでしょうか。
犬の爪の内側には血管や神経が通っていますので、切りすぎには注意をしなくてはなりません。
失敗してしまうと犬が暴れたり鳴いたりして、次に爪を下回る際は嫌がってしまうからです。
規則正しい爪の切り方としては、爪を透かすと血管がピンクに見えると思います。
その3ミリ位上の部分を下回る様にすると良いでしょう。
ただし、黒い爪を通している犬は血管が透かしても分かりません。
ですから少しずつ慎重に切って行く手探り方法しかありません。
爪切りをするタイミングとしては月に1~2回位を目安として見せると良いでしょう。
爪を伸ばし続けると自分の肉球を傷付けてしまう事が有ります。
そうなるとあるく事自体困難になりますので、定期的に下回る様にしてあげて下さい。
また、爪切りも犬にとってはストレスになる事です。
無理矢理じゃなく、1本切ったらおやつを売る等して犬にとっても良い事を通してあげましょう。
また1日に1本というペースでも良いと思いますので、様子を見ながらお手入れしていきましょう。
コミュニケーションを取りながらトリミングをする事で絆も出るかもしれませんよ。