天気予報だけじゃないウェザーニュースその1


もはや、ウェザーニュースと言えば、私たちの生活を支えてくれる天気予報です。
それだけではなく、船舶などでも活用されています。
ウェザーニュースの社内には、人の何倍もある、大きな地球儀の模型が展示されています。
この中で、現在の海面温度や、風向き、そして、気圧などがデモンストレーションされているそうです。
近年の異常気象、みなさんも肌で感じていると思います。
猛暑が続いたり、突然の大雨、ゲリラ豪雨があったり、私たちの命をも脅かす天候であるのは事実です。
それが日本各地で頻繁に記録されているのですから、人がお天気へ差し出す興味の度合いも大きくなっています。
夏の猛暑では、死亡者を数多く出しているように、天気は自然の力で何ともことところが、対応を間違えると私たちは死ぬこともあるのです。
ですから、テレビ、または携帯電話で貰える天気の情報は、今となっては、人が自分の身を続けるため、必要な情報と言っても過言ではありません。
ただ、カサがいるのか?
いらないのか?
こうした程度の天気予報ではなく、自分たちの命を続けるため、天気を分かることも必要な時代になってしまったのでしょうね。
パソコンにおける、天気予報、みなさんも活用しているでしょうね。
このほとんどが民間気象予報会社である、ウェザーニュースが提供している情報だと当てはまるでしょう。
この会社、ウェザーニュースは一体、どのようなことを通している会社なのでしょうか?

天気予報だけじゃないウェザーニュースその2


天気情報サイト、または、お天気番組もウェザーニュース内で作成されています。
それらが「WNIsite」と呼ばれています。
元の情報は、みなさんにもおなじみ、アメダスなどの観測機器から持てる情報です。
それに継ぎ足し、ウェザーニュース独自システムで情報収集を通じています。
それは、各地のリポーターから提供されている、天気情報を収集して情報化することです。
この天気情報配信サービスは、もはや、海外でも展開していて、本当は、海外にもリポーターシステムがあります。
韓国、中国にもリポーターが存在して、天気は西から変わると言われているので、それら海外の天気を元に、日本の天気を予想する助けとしているのです。
確かに、九州が今日雨だと、明日、関東が雨だろうと予想することは素人もしますから、それをグローバルな範囲で活かしているのですね。
また、ウェザーニュースの特徴として、世界各地の天気予報をすべて一カ所において集中作成しているという現状があります。
テレビや、携帯などで一般向けサービスを通じているのはみなさんもご存知でしょう。
ですが、それだけではなく、道路や、鉄道、航空、船舶向けにおいても、天気予報を提供しています。
たとえば、ウェザーニュースの予報は、航空機向けには1985年に開始しています。
今では、誠に、世界中の空港180つ、飛んでいる飛行機1日につき4200便をモニタリングしていると言います。
そうして、情報提供しているのです。

天気予報だけじゃないウェザーニュースその3


どうでしょうか、これを初耳だという人も結構、いらっしゃると思います。
ウェザーニュースがここまでやっていると知っている人はかなり安いでしょう。
私も調べてみて驚きましたからね。
天気予報だけでなくて、飛行機のために、ルートを置き換えることや、お勧めの高度など、そして、目的地変更の情報まで提供しています。
なぜなら、この情報が、飛行機の燃費を節約することにもなるのです。
誠に、ウェザーニュースの情報を活用した飛行機は、1社1空港あたりで、半年ですと、50万ドルほど、燃料節約が出来たそうです。
これには驚きですよね。
確かに悪天候に逆らって飛行機を移すより、素晴らしいルートを通ったほうが、もっと速く目的地に着きます。
少なく到着するということは、それほど燃料も節約出来るということですからね。
ウェザーニュースは地球環境のためにも活躍している会社なのですね。
2010年春には、アイスランドで火山が噴火しましたよね。
世界的ニュースでしたから、記憶に初々しい方も多いでしょう。
このときに、ヨーロッパ各地の空港では、離発着不可能になりましたが、ウェザーニュースは日本からの海外向けのルートを高度などと一緒に情報提供していたそうです。
このおかげで、日本からの便はそこを経由せずに、目的地にたどり着けるようになったので大変助かったと思います。
航空機だけではなく、ウェザーニュースは、他の足も情報提供を通しています。
高速道路ですと、雪が降りそうなら、交通止めが予想されますよね。

天気予報だけじゃないウェザーニュースその4


たとえば、高速道路に雪が降るとします。
どのくらいの雪になるか、その予想が事前に出来れば、それを回避するために、凍結防止剤、除雪車の出番を調整出来るわけです。
そう言った道路に必要な天気情報もウェザーニュースは、ある程度提供しています。
また、まさか嬉しい話ですが、船舶向けですと、何の貨ものを積んでいるのか、それに合わせたルートがあるそうです。
わずか面白いのですが、積荷と、ルート、これは関係があるのです。
たとえば、小麦を積んでいる船の場合、多少の揺れは問題ありませんよね。
小麦が壊れるわけではありませんからね。
ですが、湿気が多いと、小麦は痛んでしまいます。
痛むと、目的地での値段が下がってしまう。
ですから、小麦を積んだ船には、湿度が低海域をルート案内するのもウェザーニュースの仕事なのです。
ウェザーニュースが特徴としているのは、天気予報するだけではないことです。
私たちの生活に密着し、わかりやすい情報を提供してくれていることです。
ただ、気温の数字だけを仰るのではなく、それには人間がどのように対応したらよいのか、アドバイスをもらえるところが人気なのでしょう。
「夜、帰宅する人は、上着が一枚、必要でしょう」とか、「遅く返る方は折り畳み傘があると良いです」とか、「今日、日中は半袖で大丈夫だ」とか、こういう細かいアドバイスを通じて貰える。
私たちはそれを聞いて、今日の服装を考えるわけです。
アドバイスは地域ごとに違っており、各地の天気に合ったアドバイスを貰える。
このアドバイスは、韓国や中国、また、台湾も同じように提供されています。