デイサービスのレクリエーション


デイサービスなど介護の現場での5本柱は、食事・入浴・排泄・就寝・レクリエーションです。
レクリエーションは、心に潤いを与える・人と交流する・生きがいを見つける大切な場です。
ゲームや歌、体操だけでなく、介護が必要な状況であっても利用者が人の役に立ったり人に認めて味わう場として、レクリエーションは生き生きと日常生活を送るうえで大きな役割を担っています。
このため、レクリエーションの内容は、おかしいものであったり、人間関係をスムーズにする要素も必要です。
また、知的欲求を満たす要素も必要です。
レクリエーションでは、季節の行事が行われたり、出前講座などを叫ぶ場合もあり、各施設で工夫が凝らされています。
たとえば、機能回復を促すためには、退屈なリハビリよりも折り紙や手遊びなど、面白く負担がないレクリエーションが適しています。
面白い遊びやゲームならばリハビリには意欲的でなくても、無理なく取り組めますね。
そうして、明るく打ち込むことができれば、意欲的に毎日を暮らすことにもつながります。
また、レクリエーションを通しての人との交流はとても大切です。
人に認めて買うことは、自分が社会に役立っているのだについてであり、それは生活していくうえで競い合いがある、ということです。
趣味が見つからないという人も、特に仕事を退職した人などに多いですね。
レクリエーションを通じて、自分が味わえるものを発見出来るという特長もあります。
このようにレクリエーションは単なる遊びの時間ではなく、利用者が自立した生活をするための大切な時間なのです。
デイサービスでのレクリエーションに対する職員の考え方が、そのオフィスの良し悪しを左右する1つの要素だと言えます。

デイサービスの仕事内容


デイサービスで動く場合、どういう仕事をしなければならないでしょうか。
デイサービスでの1日を例にして紹介ください。
1.送迎・お出迎え
特に、利用者を自宅まで迎えに行き、施設まで送っていかなければなりません。
施設へ到着したら、利用者の体調をチェックします。
2.体操や入浴
利用者に応じた対応が必要です。
入浴や排泄の介助も大切な仕事の1つです。
3.昼食
利用者に応じた調理方法や味付けを工夫した食事を提供します。
食事をしている間は、食事を喉につまらせたりしないように食事の様子をよく見てあげて下さい。
また、食べ記しもチェックして利用者の体調も把握しておきましょう。
4.食後のおしゃべり
昼寝をする人もあれば、おしゃべりを楽しむ人もいます。
おしゃべりに加わったりして、職員も一緒に面白く過ごして下さい。
5.レクリエーション
利用者が楽しんで参加出来るよう、職員も明るく楽しんでレクリエーションに参加して、場を盛り上げて下さい。
6.お見送り
入り口で利用者を見送ったり、自宅まで車で送ったりします。
7.清掃・明日の準備
当日の片付けを行うと共に、翌日も利用者に気持ちよく利用してもらえるように準備しておきましょう。
この他、デイサービスでどういうことを行ったのか、利用者の状態がどうだったのかを利用者が返る前に連絡ノートに記入するなど、様々な仕事があります。
送迎のルートや利用者の名まえ、院内で立ち向かうことなど、憶えなければならないことも多くあります。
利用者の安全を見守りながら、生き生きと寛げるよう援助して行くことがデイサービスの大切な仕事です。

デイサービスで動くための資格


デイサービスではたらくためには、資格を持っていなければ採用されない場合があります。
どのような資格がデイサービスそれでは必要になるのでしょうか。
デイサービスで動く生活相談役の資格要件は、社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事です。
介護福祉士も資格要件においている自治体もあります。
社会福祉士は国家資格で、生活に不安がある人全般に対して相談にのって貰える。
精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカーとも言われ、精神障害のある人が社会で生活出来るよう相談に応じたり、助言を行います。
社会福祉主事は行政機関で相談・指導・援助などを行なう人で、行政機関で働かなければ社会福祉主事とは名乗れませんが、民間施設も資格として採用基準に達する資格です。
介護福祉士は、身体介護などを立ち向かう国家資格です。
ナースを募集している場合まずは、ナースや准ナースの資格が必要になります。
介護に関しては、訪問介護の場合はきっちりホームヘルパーの資格が必要となりますが、デイサービスまずはどうしてもホームヘルパーの資格が必要ではありません。
但し、身体的な介助などが必要になるので、ホームヘルパーの資格取得者を募集している場合が多いです。
そのため、クリニックではたらく場合、ホームヘルパーの資格を持っていたほうが就職には有利になります。
但し、3級の介護ヘルバーの資格では就職先が少ないので、2級以上のヘルパーの資格を持っていた方が良いでしょう。
介護に関する知識を持っているという証明としても、資格取得は就職のための大きな武器となります。

リハビリ型デイサービス


リハビリとは、機能回復の意味で使っている人が多いでしょう。
但し、リハビリは機能回復に関してだけではありません。
本来リハビリ=リハビリテーション(rehabilitation)は、二度と望ましい状態に戻すという意味です。
日常生活を過ごしやすくするために行なうことが、リハビリとなります。
デイサービスは利用者が日常生活を送るうえでの補助の役割や、家族のケアなどが目的です。
リハビリはデイケアが重点を置いて運営しています。
ただし、現在では、多様な要望に答えるため、リハビリにも力を入れているデイサービスも多くなっています。
理学療法士を配置して、リハビリ専門デイサービスなど、リハビリに重点を置くデイサービスもあります。
病院が運営しているリハビリ専門のデイサービスなど、様々なデイサービスがあります。
このように現在は、リハビリ中心の施設であるデイケアというデイサービスも増えている現状があります。
また、リハビリをしたいがデイケアの施設が遠いという人にも、リハビリに力を入れているデイサービスがあると助かります。
施設によって異なる内容のプログラムを通じています。
一日のうち、どのくらいの時間がリハビリなのか、リハビリのメニューの確認をしましょう。
マッサージなどのサービスも含まれているリハビリ型デイサービスもあります。
どのような器具が使われているのかなど、正に見学に行くなどして確認して利用する施設を決めましょう。