トリミングは家庭でも出来ます


ご自宅で飼っているペットのトリミングについてですが、業者さん任せじゃなきゃ無理としてはいないでしょうか。
トリミングは自宅でわたしで行って売る事が出来るのです。
主に行うのは犬だと思いますが、先ずは基本的事としてはブラッシングを通じてあげる事が大切です。
長い毛も少ない毛も被毛を美しく保つ為にはブラッシングする事が必須となります。
長い毛の場合はブラッシングのピンが長めのものを選びます。
そうしてやさしく、もつれ易い脇の下や内股等をしっかりブラッシングしていきましょう。
そうして少ない毛の場合は毛並みに沿ってブラッシング、例えて言うならマッサージをする様にしていきましょう。
ブラッシングをすると艶がある毛が長続きしますよ。
そうしてブラッシングが終わったら浮いた汚れを落とす様な感じでシャンプーを通じてあげましょう。
ブラッシングは毎日それでも済むですが、シャンプーは犬の場合は毎日しなくても良いです。
健康体であるとすれば2~3週間に1回というペースで良いでしょう。
そうして人間のシャンプーではなく、犬用のシャンプーを使う様にしてしっかり洗って、しっかり流して下さい。
そうしてブラシとしてしっかりと乾かして与える事も大切です。
濡れた状態にしておくと蒸れてしまい皮膚病の原因にもなりかねませんのでしっかり乾かしましょう。
耳に入った水も綿棒として拭き取ってくださいね。
ペットと気持ち良く暮らして行く為にも自宅でトリミングはぜひ行ってくださいね。

いかなるトリミングサロンに連れていけば良いのでしょうか


あなたの大切なペット。
絶えず可愛らしくキレイで、健康にいてほしいですよね。
そこでどういうサロンにトリミングに連れていけばいいのか挙げてみたいと思います。
【トリミング会社】
トリミングを専門としているお店はそれほどちっちゃいお店が多く、アットホームな感じな場合が多いです。
トリマーさんが経営を通している所が多く、それほど技術も有ってサービスも充実しているメリットが有ります。
ドッグカフェ、ホテルを併設している場合も最近では多いようです。
様々なサービスを取り入れられていて、飼い主さんにとってもメリットが多いのがこのタイプだと思います。
【病院やペットショップに併設されているサロン】
動もの病院やペットショップにトリミングサロンが併設されている事が最近では多くなってきている感じがします。
ホームセンター、モールに併設されている場合は、トリミングを通している最中にお買いものを済ませて来るという飼い主さん側のメリットも有ります。
病院が併設されている場合には、犬に対する不安な事を相談出来るというメリットも有りますし、トリミング最中に病気の早期発見を通して貰えるというメリットも有ります。
しかし送迎サービスが無い等、個人的なサービスが少ないのがデメリットとして言えるでしょう。
【出張サロン】
大して多くは有りませんが、自宅にトリマーさんが来てくれてトリミングを通してもらえる出張サロンが有ります。
トリミングに連れていきたいけど、車が無いから連れていけないという方にはうってつけですね。
少々お値段的に厳しいのがデメリットですが、ご自宅に来てくれるので連れていく手間が除けるメリットが有ります。

基本的犬のトリミングの仕方


誰でも簡単に犬等、ペットのトリミングをする事が出来ます。
犬の種類によってトリミングをする頻度は違います。
頻繁にトリミングをしなければならない犬種の場合、イチイチトリミングをプロにお願いしていたら金銭的に厳しくなりますよね。
案外かかるならある程度は自分でやって時々プロにお願いしようという人も結構いるというのです。
難しいとイメージされる犬のトリミングですが、ポイントをつかむとさほど簡単に出来ますよ。
先ずはペット用トリミングの道具を最低限取りそろえましょう。
ブラシ、ハサミ、コームが最低限有れば良いでしょう。
流れとしては汚れや寄生虫を落としたり、マッサージ効果を生みだすブラッシングをします。
そうして浮かした汚れをシャンプーを通して洗い流します。
最後にトリミングを通して全体的に整えていきますという順番で進んでいきます。
シャンプーの時には体を洗うだけじゃなく、肛門腺も洗うのを忘れないでくださいね。
そうしてトリミングに入りますが、中それでも毛のカットが一番難しいかもしれませんね。
最初はキレイにと言うよりは丁寧にゆるゆるカットしていく様にください。
毛を小分けにしながら、下から頭の方にかけて少しずつカットしていく事で長さが均一になってしまう。
全てカットが終わったら、最後にブラッシングを通して切られた毛を落としたら出来上がりです。
耳掃除、爪切りまで出来たら完璧です。
自宅でトリミングは出来る様になれば大分金銭的面では楽になりますよね。