ペットのトリミング【目】


大切な犬のお手入れをするのは基本的事ですよね。
ペットのトリミングとして目のお手入れが有ります。
目のお手入れは基本的に毎日行いましょう。
それをやらないと、涙焼けを起こしてしまったり、涙管に炎症を起こしてしまったりしてしまいますよ。
再び目に雑菌が入ってしまうと視力にも影響を起こす事になってしまいますので、出来れば毎日キレイな顔としてあげてくださいね。
上手に目のお手入れをするコツとしては、犬を抱きかかえて行うか、膝に乗せて行なう様にします。
そうしてガーゼやコットンを湿らせてやさしく目の下を拭く様にします。
乾いた布やガーゼによってしまうと、目を傷つけてしま場合が有りますので、濡らして拭く様にしてくださいね。
そうしてティッシュは目が粗いので眼球を傷つけてしまう可能性が高いです。
目やにを摂る場合には濡らしてふやかして、次いでガーゼやコットンによってふき取る様にください。
目のお手入れをする事はトリミング上、キレイにする意外に健康チェックをする目的も有ります。
目やにの量や色がいつもと違う事で体調面に異常が有るかどうか気付いて与える事が出来ます。
毎日チェックしている事で早く体調不良を察知して与える事が出来ます。
こんなチェックをする意味でもペットのトリミングって必要なのです。
その他にも、目の周りにある毛が目に入らない様にください。
眼球を傷付けてしまう可能性が有りますので、その点にも注意しましょう。

ペットのトリミング【耳】


愛犬の耳のトリミング(お手入れ)を通しているでしょうか。
ペットは自分でキレイにする事ができませんので、飼い主さんがお手入れを通して売る必要が有ります。
プロにトリミングをお願いしても良いですが、ご自宅で日常的に行う事も必要です。
耳のお手入れをするときには、かわいい場所、耳の中が良く見える状態で行いましょう。
刺激が少ない耳用のローション、コットン、綿棒等を用意します。
ローションをコットンに含ませ、耳の内側全面を手厚く拭き取ってあげましょう。
耳が垂れている犬種は、蒸れ易い為、汚れが溜まりやすいです。
炎症にならない様にキレイにしてあげましょう。
汚れをふき取ったら次は掃除です。
指にコットン、またはガーゼを巻き付けて掃除してあげてください。
小型犬の場合は綿棒にガーゼを巻き塗ると良いでしょう。
しかし大して奥まで指や綿棒を入れないで下さい。
粘膜を傷つけてしまうかもしれませんので注意しましょう。
またお手入れをする際に、犬が暴れてしまう可能性も有りますので抱きかかえたり膝に乗せたりしながら行うか、貫く様に様子を見ながら行いましょう。
耳の中に毛が生えている犬種の場合は毛を拭いてから掃除を行うと良いですよ。
出来れば耳の中の毛は抜いた方が良いのですが、少しずつ抜いて売る様にください。
耳をキレイにする事で病気予防も出来る様になります。
週に1度等、定期的にお手入れを通してあげましょう。
大切なペットの健康チェックを出来るのは飼い主さんです。
ぜひお手入れは行ってくださいね。

ペットのトリミング【歯】


歯のお手入れって大切ですよね。
これは人間もペットも同様だと思います。
歯のお手入れもペットのトリミングの1つになります。
ペットの中けれども犬について挙げてみますが、犬の歯をお手入れする為には、指にガーゼを巻き付けて下さい。
歯の表面の唇をめくって吐出し、歯の表面をしっかり磨く必要が有ります。
そうして犬用の歯ブラシを用意して歯の隙間など、全体を磨いていきましょう。
歯ブラシのタイプは犬の歯茎が弱々しいことから、瑞々しいタイプの歯ブラシを選ぶ様にください。
磨き方は歯を1本ずつ円を描く様に丁寧に、そして奥歯から磨いて行く様に磨いていきましょう。
この時、歯に歯石がたまっていたら、スケーラーという道具によって取りましょう。
歯磨きはぜひ子犬の時期からやっておきましょう。
顔に触る事、歯に接する事を慣れさせておかないと、成犬になってからだと大変です。
顔に触らせてくれないので歯ブラシ自体出来ない事になってしまいます。
こんな場合は称える事をしながら少しずつ口に触れて行く様にください。
犬は虫歯になりがたい様です。
その為か犬の口臭って殆ど無い様です。
ですからもしも口臭が有った場合には口の中に虫歯があるとしてくれて良いでしょう。
大切な愛犬が虫歯にならない様に、できれば毎日磨きたいものですが出来ない場合は3~4日に1回の割合も良いでしょう。
余計歯磨き用のおもちゃとかガムが有るので、それを吊り上げるのも歯のトリミングとしては効果的ですよ。