パナソニックのLED


電機メーカーの老舗であるパナソニックも他のメーカーと同じようにLED照明を生産しています。
パナソニックのLEDのことを紹介ください。
「エバーレッズ」というのがパナソニックのLED照明です。
コンセプトは「一層明るく、グングンコンパクトに、グングン長寿命に」ということです。
LED照明は今までの白熱電球や蛍光灯に比べると省エネ効果が厳しいと言われています。
パナソニックとか、LEDの省エネ効果を謳い文句としているのです。
LEDにすることにより、電気の高効率化を策することができますから、二酸化炭素の排出量を大幅に削減出来るようになります。
そうしたら縮小、長寿命化によって交換頻度が長くなります。
それによって廃材の発生を押さえ付けることができ省資源の効果があります。
また、生産工程及び製品中に有害もの質の使用がありません。
クリーンな商品と言えるのです。
LEDのこれらの効果から低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目示すことが出来るということです。
低炭素社会とは二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減によって、地球温暖化を抑制された社会です。
循環型社会は資源を節約し循環させることによって、資源の浪費を抑制する社会です。
最後に自然共生社会とは自然の恵みと継承を図り、生態系に影響を与えるようなことがないようにするということです。
これらのコンセプトを実現するためには、これまで以上の生産技術力が求められます。
多くの企業がこれらの技術を確立し、高品質のLED照明を生産するようになってきました。
その中でパナソニックも注目を結わえる企業なのです。

LEDテレビ

テレビはどこの家庭でも最低1台はあるでしょう。
最近は液晶テレビという薄型のものが人気を集めるようになりました。
ブラウン管タイプよりも省エネ効果がありますが、液晶を光らせる照明は蛍光管が使用されています。
そこで省エネ効果を上げるために、蛍光管に代わってLEDを使用するようになりました。
それがLEDテレビなのです。
LEDを使用した液晶テレビは蛍光管に比べると割高となります。
家電製品の王様とも言えるテレビですが、価格が高ければ一般消費者には受け入れられないのが現状です。
シャープの場合はLEDとして白色LEDを採用しています。
白色LEDはさほど安価で、商品の価格を削ることができるということです。
LEDは蛍光管よりも輝度が暗くなりますから、単純な入れ換えはできません。
従って、内部の駆動回路や液晶パネルを工夫しなければならないのです。
その辺りが各メーカーの技術力の見せどころと言えます。
LEDを使用したテレビを制作するにはLEDに関する技術がなければなりません。
LED照明を製作している方が有利と言えるかもしれません。
しかし、テレビメーカーはきっとのところがLED照明を製作しているようです。
テレビの外側はめったに貫くように見えますが、内部は高度な技術が使われているということになるのです。
このような技術は日本が得意とするところです。
LED照明についても、日本から世界中へ広がっているのではないでしょうか。
日本人として誇らしく思ってもよいでしょう。
テレビの進化に注目していきましょう。

LEDとヘッドライト


クルマのヘッドライトは夜間走行ときの七つ道具であることは当たり前のことです。
ですから、一定以上の明るさが要求されます。
省エネ効果を考えてクルマのライトにLEDが使用陥るようになってきましたが、ヘッドライトへの採用はこうした理由もありまずまず進んでいなかったのです。
トヨタのレクサスにいよいよLEDヘッドライトが採用されました。
自動車業界では大きなニュースになったようです。
LEDはハロゲンランプなどと比べると、光量不足は否定できません。
課題はLED単体の光量アップとそれを効果的にする光学機構の設計だそうです。
トヨタの要請にあたって開発したのは日亜化学工業と言うところです。
青色LEDで有名な会社です。
レクサスで採用されたLEDは一般的なLEDに対して400倍の明るさがあると言われています。
但し、でも足りないということで、それを18個も並べているのです。
LEDの光量がどんなに短いかということを示すものです。
日亜化学工業の技術力で高輝度のLEDが開発されて、その次はその光を効率よく前面に詰めるということです。
この機構はライト製造会社である小糸製作所が開発しました。
複雑な機構によって光が明るく前を照らすことができるようになったのです。
単純なパラボラ型の鏡と凸レンズだけでは、このような効果はゼロのです。
このような話を聞きますと、又もや日本の技術力は素晴らしいと感心してしまいます。
世界に誇る技術なのです。
この技術は必ずや地球温暖化防止のに役立つはずです。
日本人として、省エネに貢献できることは楽しいことではありませんか。

LEDの寿命

LEDはこれからの照明として脚光を浴びるようになってきました。
消費電流が少ないために省エネ効果が期待できるからです。
ただし、LEDは省エネ効果だけではなく長寿命というメリットもあります。
LEDの寿命について考えてみましょう。
LEDの寿命とはどうしていうことでしょうか。
白熱電球などであれば、フィラメントが切れて至極点灯しなくなります。
LEDはまだまだ点灯しなくなるということは無く、明るさが落ちるという症状になります。
日本照明機器工業会と言うところでLEDの寿命の厳密な定義がなされています。
それによると明るさが元の70%として寿命がきたということになります。
LEDは電流を出すことで光を発生する半導体でできています。
たくさんの電流を流せば明るく光りますが、共々寿命を縮めることになります。
半導体部分の劣化というものはありませんが、周りを包み込んだ樹脂の部分が劣化するのです。
消費電流は少ないと言っても、熱が発生することを防ぐことはできません。
その熱によって樹脂が少しずつ溶けて出向くということなのです。
最近のようにLEDが照明として使用されるようになると、明るさというものが重要になってきます。
LEDの寿命はLED照明の品質に激しく関わって現れるということになるのです。
一般的にはLEDの寿命は4事業間、約10年と言われています。
10年も交換する無用のであれば、実用上は寿命のことを考える必要はないといえるでしょう。
このようにメリットの多いLEDですから、これから多くのところで使用されるようになります。