宝くじの種類【ロト6】


数字選択式宝くじとしてロト6等宝くじが有ります。
いまだに歴史は浅く2000年の10月に販売が開始された宝くじになります。
今現在大人気のロト6ですが内容としては1~43までの数字の中から6つのスキな数字を選ぶというシンプルなものになります。
選んだ数字と当選数字との一致個数によって1~5等の当選金額を下さるものになります。
選び方はシンプルですが、その選び方はおおむね610万通りも見て取れると言われていて、かなり1等が当たるのは一大確率となっています。
ロト6の特徴としては、キャリーオーバーシステムが導入されている事に有ります。
今回の抽選で当選者が出ない等級が在る場合、当選額が上限を超えた場合にはその金額が次回に持ち越されて加算されるというシステムになります。
この為、最高4億円を手にするチャンスが出てくるという夢の様なシステムです。
ただしキャリーオーバーが無い時は最高2億円となります。
ロト6が当たった場合だが、5万円までの当選金額の場合はロト6を取り扱っている宝くじ売り場で換金する事が出来ます。
また5万円以上の当選の場合はみずほ銀行の本支店で換金する事になります。
却って50万円以上の当選金額の場合は、本人確認出来るものを持参していく事が義務付けられています。
ロト6の購入はとても簡単で、ロト6専用の申込カードに書いてある1~43までの数字から6個を選んでマークする。
これだけで購入できます。
しかし1枚の申込カードで5口分(おんなじ数字だと10口分)、最大継続5回まで買う事が出来ますので、予算によって購入すると良いでしょう。

宝くじの種類【ミニロト】

ミニロトという宝くじが有ります。
これは数字選択式宝くじに種類に分類されている宝くじで1999年4月に発売が開始される様になりました。
ミニロトの内容的には1~31までの数字の中から5つ異なる数字を選んで、その数字と当選数字の一致個数によって当る等級が仕上がるというタイプの宝くじになります。
1~31の中から5つ選ぶ確率としては17万通りあると言われています。
ロト6が610万通り程あるそうなので、それに比べると大分確率的には良いと言えるものになっています。
ミニロトの特徴としては、当選金額が発売口数によって変動するという事、自分で数字を選んで選べるという楽しみがある事、売り切れる事が無いのでスキなだけ買う事が出来るという事が挙げられます。
こう言った方式はロト6やナンバーズと同じと言って良いかもしれません。
しかしロト6と違ってキャリーオーバー制度は導入されていませんので、前回のお金が繰り越されて当選金額が上がるという事は有りませんので、注意して下さい。
ミニロトの購入方法はとても簡単で、ミニロト専用申込カードを使い1~31と書いてある所から5つ選んでマークする。
わずかこれだけで1口購入する事が出来ます。
ことなる数字を購入する場合は、1枚の申込カードで最大5口分、おんなじ数字を購入するだとすれば最大10口分、1口に対して継続回数が最大5回分出来ますので、自分が購入したい買い方で購入するようにして下さい。
色んな攻略を通して1等目指して頑張ってくださいね。