ほんとに面白い「田口実佳」


「田口実佳」は、1992年生まれの18歳という若さで、ファッション誌「CUTiE」の専属読者モデルを通しています。
高校1年生のら、原宿でスカウトされて、現在の事務所である「ロア・プロダクション」に所属しました。
また、47都道府県から1人ずつ立てる「MINTIA GIRLS 47」に、茨城県代表として選ばれました。
田口さんの長所は性格が至極かわいいことで、短所は“おバカ”なところだそうです。
読者モデルになって良かったことは、友達がたくさんできたことと、洋服などの知識や情報を得ることができることです。
生活で気をつけていることは、食事は3食しっかりと取ることと、ウォーキングなどの運動をすることです。
食することが大スキな田口さんが、美しいスタイルを維持ためをめぐっているダイエット法は、「血糖値コントロールダイエット」だそうです。
これは、無理な痩身をする不要ので、ストレスがたまりませんし、体調も良いそうです。
今注目している人は、モデルでタレント「梨花」です。
30歳を過ぎているのに、美しいスタイルを保っていることと、気取らない性格がスキだそうです。
田口さん自身が美しさを維持する秘訣は、帰ったらすぐにメイクを減らすことです。
また、撮影後に予定がないときは、撮影が終わったらメイクを減らすそうです。
ノーメイクで電車に乗ずることも結構平気のようです。
田口さんは、笑顔がキュートで本当に愛嬌があり、一大のも納得です。

取ることが大スキな「安達佳世子」


「安達佳世子」は、ファッション誌「CanCam」や「JJ」など活躍中の読者モデルです。
生年月日は1987年10月31日で、新潟県出身です。
身長は163cmで、趣味は映画や音楽鑑賞などです。
安達さんは、美しさの秘訣は殊にないそうですが、自分を磨くことをしょっちゅう頭に入れて、髪型やメイク、ネイルを頻繁に取り換えるそうです。
生活の中で気を使っていることは、カロリーを気にせずに、食べたいものをよく食べることだそうです。
使用しているアイライナーは「KATE」のもので、これは中学生のころから愛用しているそうです。
利用する美容室は、多くのモデルや読者モデルが向かう「CARE」ですが、2ヵ月に1回程度しか行かないそうです。
やってみたいヘアスタイルは、髪が終始長いので、ショートかボブに挑戦したいそうです。
ファッションのスキなジャンルはとにかく無く、色んなジャンルのものを羽織るそうです。
スキなブランドは、「DURAS(デュラス」や「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」です。
ファッションに対するこだわりは、トレンドにのぼりすぎないことだそうです。
これからやってみようというファッションは、カッコよさとセクシーさの中に、女性らしさも忘れない、ワイルドなファッションブランドの「moussy(マウジー)」系だそうです。
スタイル抜群の安達さんですが、美しく達するためとしていることが「スキな食べものを、よく採り入れること」のに驚きです。
必ず、身体にストレスを溜めないことが良いのでしょう。

テレビ局も活躍する「森下まい」


「森下まい」は、17歳の時から読者モデルを通してあり、雑誌「CanCam」や「ViVi」、「Ray」など多くの雑誌や、深夜の番組も活躍しています。
森下さんが読者モデルになったのは、雑誌「Cawaii」の編集部へ17歳の時に遊びに行った際に、編集長に声をかけられたのがきっかけです。
読者モデルとして雑誌に載るようになって変わったことは、おしゃれや美容の情報をたくさんもっている友達ができたことと、髪型やネイルに凝るようになったことです。
また、ファンレターが届いた時は、まったく嬉しかったそうです。
今までで、印象に残る撮影は、森下さんが二十歳の時に、成人式の企画として、Cawaiiの仲間たちと晴れ着姿で表紙を飾ったことだそうです。
同時に、それがCawaiiの卒業にもなったので、寂しさと感動で大泣きしてしまったそうです。
森下さんがきれいになるために心がけていることは、いつも恋を通していることです。
恋をすると、「きれいでいなくては」と思えるそうです。
また、美しい髪を保つために週1回トリートメントを行うことと、お肌のために週2回マスクシートを通しているそうです。
体の中から美しく繋がるために、サプリメントも飲んでいるそうです。
ほかに気をつけていることは、よく睡眠をとることです。
毎日充実した生活を送りながら、仕事とおしゃれに頑張っている森下さんの夢は、結婚して赤ちゃんを産んで、赤ちゃん雑誌で“お母さん読者モデル”になることだそうです。

多方面で活躍する「澤野井香里」


「澤野井香里」は、女子高生のら読者モデルになりました。
雑誌「JJ」や「ViVi」などでは、毎月のように掲載されています。
また、2005年の「ミス・インターナショナル 日本代表選出大会」では、ファイナリストに残りました。
澤野井さんが読者モデルになったのは、仲の良いいとこが街で「JJ」の編集部の人に声を掛けられて、彼女の撮影に澤野井さんがついて行ったのがきっかけとなりました。
読者モデルになって変わったことは、撮影のためにいろんな所へ行けたり、ファッションショーに出演できたり、広告や発表に出たりしたことです。
また、それらのメディアを通して、友達ができることもあり、普通の学生ではできない経験ができて、心から視野が広がったそうです。
これまでの仕事で思い出に残ることは、「神戸コレクション」のファッションショーです。
憧れのモデルは、おんなじ読者モデル出身の「押切もえ」です。
ずっとチャレンジ精神を忘れない勤勉の彼女を尊敬しているそうです。
美しさを保つために心がけていることは、ストレスを溜めないために、本当に自分だけの時間を始めるようにしていることだそうです。
また、ゆっくりと入浴し、最低6時間は睡眠時間を盗るようにしているそうです。
ファッションのこだわりは、スタイルを美しくのぞかせるために、極力ヒールを履くようにしているそうです。
澤野井さんがこれからやってみたいとしていることは、コスメティックスを仕掛けるなど、美容関係の仕事をすることです。
そうして、その活動の中で、皆と繋がりをもちましていきたいそうです。