ウォシュレットと便器

昔の日本の便所は和式だったのですが、現代ではほとんどが流儀になっています。
水洗トイレが普及した結果、洋式便所が一般的になりました。
その流れは国内どこでも同じだって知っていましたか。
これはJIS規格を通じて配管の径や取付けるためのボルトの位置などが決められていたからです。
実に便所の便器を作っているクリエイターはTOTOが圧倒的に多かったために規格が形作りやすかったというあらましもあるでしょう。
現代ではINAXの便所も各種ところで見ることができます。
ただ、取付けのネジ置き場などは同じになっているのです。
このような便器だからウォシュレットの取り付け方は規格通りにできることになります。
つまり、取り付け方の特質であるネジトラップを合わせるオペが必要ないからです。
注意することはコンセントの違い込を忘れないことと、配管をつなぐ所だけです。
配管についてもコネクションの直径は決まっていますから、設定の途中でボリューム不一致のために迷うこともありません。
これは日本の工業界のよい例と言えるでしょう。
クリエイターの独自性を排して、画一の規格に纏める所のベネフィットが広いのです。
ウォシュレットも別の品名で他社が販売しています。
どのクリエイターを選んでもあなたのうちの便所には押し付けられるはずです。
取り外し方は文言に書かれています。
家屋を出る時折忘れないように取り除きて持ち帰りましょう。
取り外し方を忘れていても、インターネットで調べてみればすぐにわかります。